【ロードバイクのシフトワイヤー取り回し】悩めるアノ長さには目安があった!

ブレーキワイヤーの次はシフトワイヤーをセットします。こちらもオーソドックスなシマノのステンレスです。

◆STI側の長さはハンドルをいっぱいまで切って確認

まずはアウターワイヤーの長さを決めましょう。フロント周りはブレーキワイヤー同じく、ハンドルをめいっぱい切れる長さにします。

↑STIから伸びるワイヤーは左右対象。片側が決まれば、もう片方もそれに合わせます。

↑切断にはワイヤーカッターがおすすめ。

シフトワイヤーはブレーキワイヤーよりも細いので切りやすい。でも、このツールは「大は小を兼ねる」です。しっかりしたものを選びたいところ。

切口の処理はブレーキワイヤーと一緒です。

◆インナーワイヤーの作業にはマジックベルトが大活躍!

アウターの長さが決まったら、インナーワイヤーを通します。STIの黒レバーを手応えがなくなるまで数回押し込みます。

ギアの位置はリアをトップ、フロントはローに入れておきます。ずれていると差し込み穴が見えてきません。一定の状態のときだけ鍵穴が出現するなんて、インディジョーンズっぽくてワクワクするのはワタシだけ…ですか、そーですか_| ̄|○

↑差し込み穴が出現!

ブレーキ同様、STIを握りこんだ状態で作業するので、ワタシはマジックベルトで固定しちゃいます。両手が使えるようになるので超絶便利!

自転車用の裾止めベルトでも、その辺にあるヒモでも、リボンでも代用OK!

インナーワイヤーが貫通したら、キャップをつけたアウターワイヤーに通してからセットします。『ルイガノCEN』のシフトワイヤーはベーシックな外装タイプ。コンポはST4600ですから、ビヨヨンと伸びる触覚仕様です。「なんちゃってフレーム内蔵型」のブレーキワイヤーとは、ちょっとアンバランスですね。

シフトワイヤーには、キャップが6個同梱されています。黒いSサイズが4個、Lサイズが1個、金属製が1個です。フロント周りには黒いSサイズを両端に差し込んで使います。

↑赤枠がSサイズ

↑STI側

↑受け側