【自転車ライトのランニングコスト】乾電池式と充電式を比較してみたら驚愕の結果に!

0


    先日購入した自転車ライト「ジェントス・AX002MG」。ライドのたびに充電しなければならないのを、なんとなく億劫に感じて、あえて乾電池式にこだわって選んでみました。


    でも、今や時代はリチャージャブル!自転車ライトもリチウムイオン電池がスタンダードになりつつあります。光量の割に軽量なのと、ランニングコストの低さが人気の理由でしょう。

    ≫【明るい自転車ライトとは】カタログスペックを読み解いて、おすすめモデルを決めてみました


    一方、乾電池式の強みはランタイムの長さ。「ジェントス・AX002MG」と同じく、200ルーメンの明かりを6時間もキープできる充電式ライトは、かなりのバッテリー容量が必要です。

    ↑こんな立派なモデルとか!


    その分、価格も跳ね上がるから、一概に充電式の方が割安とは言えないのでは?と考えました。


    というワケで今回は、乾電池式と充電式ライトのコスト比較をしてみましたよ。



    ◆光量とランタイムを揃えるとライバルはボルト800なのだ

    比較対象は「キャットアイ・ボルト800」です。「ジェントス・AX002MG」よりも数段ハイグレードなモデルでしょ?というご指摘はごもっとも。最大光量の800ルーメンはジェントスの4倍ですからね〜


    ↑左が200ルーメン、右が800ルーメン。めっさ明るいやん!

    <出典元>キャットアイ


    でも、200ルーメンの光量で6時間連続点灯可能となると、充電式ライトではこのクラスになってしまうのです。



    ◆ボルト800の電気代は充電一回で0.54円!

    計算式は以下のとおり。

    ・ボルト800をUSB2.0で充電した場合

    USB2.0の最大電力は、5V・500mA
    充電時間は11時間
    ※5時間の急速充電器もあるけれど消費電力がわからないのでUSB2.0で算出


    5V×500mA=2.5W=0.0025kW

    0.0025kW×11時間=0.0275kWh

    1kWhあたりの電気代は19.5円なので、

    19.5円×0.0275kWh=0.54円

    となります。例えば、

    ・6時間連続の夜間走行を、月3日、1年間続けた場合(そんな人はあまりいないと思うけどね)

    総点灯時間は
    6時間×3×12ヶ月=216時間


    ボルト800のランタイムは8時間
    その充電に必要な電気代は0.54円

    なので、

    216時間÷8×0.54=14.6円


    さらに、初期投資=価格は

    ボルト800→約10000円


    購入初年度(表現硬っ)の総コストは

    電気代14.6円+10000円≒10015円

    となります。



    ◆ジェントスAX002MGの初年度コストは6492円

    ・ジェントスで6時間連続の夜間走行を、月3日、1年間続けた場合

    ジェントスのランタイムは6時間
    単三3本の電池代は69円

    なので、

    216時間÷6×97円=2484円

    さらに、初期投資=価格は

    ジェントス→3000円


    購入初年度(表現硬っ)の総コストは

    電池代2484円+3000円=5484円


    となります。


    2つのモデルの初年度コストを比べると…

    ボルト800→10015円
    ジェントス →5484円


    思ったとおり、差額の4500円くらい乾電池式のジェントスがおトクとなります\(^o^)/

    では、また来週!


    「ちょっと、ちょっと。ライトって1年間の使い捨てではないよね。せめて、ボルト800の充電上限の300回に合わせて比べるべきでしょう?」


    どなたですか?そんなマットウなことをおっしゃるのは……バレてしまっては仕方ない、充電池の寿命まで使い切った場合のコストも比べておきますね、やりたくないけど(-_-)



    ◆充電池の寿命で比べたら、トンデモナイことになりました

    ・ボルト800の充電300回分のコスト

    6時間連続の夜間走行を、月3日、1年間続けた場合

    総点灯時間は216時間
    充電回数は27回
    その間の充電コストは14.6円

    なので、300回の充電に必要なコスト(電気代)は

    300÷27×14.6円=162円

    本体価格と合わせた総コストは

    162円+10000円=10162円


    ・ジェントスのコスト

    充電300回分の総点灯時間

    300÷27×216時間=2400時間

    ジェントスのランタイムは6時間
    電池代は69円

    なので、総点灯時間2400時間の電池代は

    2400÷6時間×69円=27600円!

    本体価格を加えた総コストは

    27600円+3000円=30600円



    2つのモデルの総コストを比べると…

    ボルト800→10162円
    ジェントス →30600円

    ボルト800の方が、なんと2万円以上もおトク……(T ^ T)


    正直、ここまで差がつくとは思っていませんでした。本体価格が3倍以上もするハイクラスなモデルと無理矢理比べてみたのに……


    乾電池って、ずいぶん安くなったと思っていたけど、充電池のコストパフォーマンスと比べたら、もはや「高級品」になっていたのですねえ。





    まとめ◆充電式ライトは使い倒せばかなりおトク

    ここまで読み進んでいただき、ありがとうございました!計算ばかりでわかりにくかったかもしれませんので、まとめてみました。


    1.「ジェントス・AX002MG」の強みは、ある程度の明るさ(200ルーメン)を長時間(6時間)キープできるところ

    2.充電式ライトで「1」と同等のスペックを満たすモデルは「キャットアイ・ボルト800」である

    3.ジェントスの電池代は単三型3本で97円、本体の実売価格3000円。キャットアイの充電一回分の電気代は0.54円、本体の実売価格10000円。

    4.6時間連続点灯するライドを月に3回1年間続けた場合の電池代・充電の電気代・本体価格を比べたら、ジェントスの方が約3500円おトク。

    5.キャットアイの充電池寿命までのコスト総額を比べたら、キャットアイの方がなんと2万円以上もおトク。



    本体価格が高価過ぎるハイスペックな充電式ライトも、使い倒せば乾電池式より断然割安!というオドロキの結果となりました。


    信念を持ってチョイスした乾電池式ライトですが、トータルコストでここまで差がついてしまうと……ムムム、悩ましい。



    ↑でも配光が気に入っているから、しばらくはこのコで。もう買っちゃったしσ(^_^;)


    関連記事
    ≫【自転車ライト・ジェントスAX002MG】敢えて言おう、乾電池式で最強であると!



    というワケで、コレ買いました!


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【レッグカバーずり下がり防止】スベラナインって、結構良いんでナイン?

    0


      のっけから、オヤジタイトル&お見苦しい画像でスミマセンm(_ _)m


      暖冬の今シーズン。程良い防寒アイテムとして大活躍したレッグカバーに致命的な問題が発生しました。画像のとおり、ずり落ちてしまうんです。


      サドルにまたがっている時はそれほどでもないのですが、自転車を降りて歩きはじめた途端、とても残念な状況に(T ^ T)


      実はこのレッグカバー、足首には滑り止めの波ゴムが付いているくせに腿まわりにはなぜかナッシングという不思議なつくり。というワケで、ずり落ち防止にDIYでチャレンジしてみましたよ。



      ◆スベラナインはストローでポン!多めにモッコリ塗るべし

      試してみたのは「スベラナイン」。その名のとおり、滑り止め加工が手軽にできちゃう液体です。そのネーミングのあまりの鋭さに、わが家で話題沸騰した注目アイテム。




      作業は非常にカンタンです。アマゾンのレビューにあったように、ノズルをカットせずストローを使ってやってみました。


      ボトルにストローをズボッとつけて、腿まわりのゴムにのせていきます。コツは3秒ほど押し付けておくこと。スベラナインは粘り気がある液体なので、ストローから腿ゴムに移るまでちょっぴり時間をかけてあげると良い感じでのります。


      ↑こういう図画工作的な作業は久しぶり。なんだか楽しい!


      スベラナインの乾燥時間は1日以上。乾くまで部屋干しです。ワタシは両足とも半分づつ2回に分けて加工しました。


      ↑白色は乾燥すると透明になるそう。木工ボンドみたいですね。



      ↑1日たった状態。乾燥後は空気や水分が抜けるからか、ひとまわり小さくなるようです。



      ◆スベラナインは本当にスベラナイ

      50キロのポタリングで、途中歩きまわったりしてみましたが、1ミリもずり落ちません!


      レッグカバーはこれから初夏までの中途半端な季節こそ、ヘビロテ間違いなし。スベラナインの効果はバッチリなので、あとは耐久性に期待したいと思います。


      グローブの滑り止めにも使えそうです!



      ◆快適すぎるレッグカバーはLAMBDA

      レッグカバーを探してみると、夏用の薄手UVタイプか冬場の起毛タイプがほとんど。薄すぎず暑すぎず(起毛素材でない)、気温5度くらいまでならコイツに夏用レーパン(ときに+7分丈パンツ)の組み合わせがヒジョーに快適!


      暑ければ、いつでも脱げるところもポイント高いです。かさばらないからジャージのポケットにもスッポリです。



      レッグカバーのレビューはこちら
      【秋のサイクルウェア】レッグカバーは確かに便利でちょうどいい!



      吉尾エイチでした。m(_ _)m





      【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)

      0


        外しやすいのに外れにくい、ビンディング初心者でも安心の「ディズナ・ロードトリップ48シールドペダル」ですが、実はちょっぴり戸惑っていることもあります。


        それは、意外とハメるのが難しいってこと。ペダルの欠点というよりも、ワタシの慣れのモンダイなんですけどねσ(^_^;)



        ◆まだ左足をうまくハメられんのです…

        発進の時はセオリーどおり、先に右足をステップイン。ペダルを回しながら上死点あたり(時計の12〜1時)で左足をキャッチするパターンをひたすら練習しています。が、残念ながら打率は5割といったところ(T ^ T)


        一度ミスるとペダルの角度が変わってしまうので、余計にハメにくくなります。そうなると、クランク数回転分は右足だけでペダルを回さなくてはならず、どうしてもヨタヨタ……。


        車道でこれをやらかすとかなり迷惑orz。クリートの位置をちゃんと把握できるようになれば、なんてことないハズなので、今は練習あるのみです。


        ↑外した時の角度が維持されているので、ミスらなければハメやすいペダルなのですよ〜


        フラペからビンディングに替える際は、立ちゴケに不安が集中してしまいますが、ハメ方の練習もないがしろにはできませんね(汗)


        ◆スニーカーで乗るのは危険!

        ただ、うまくハメられないからといって、普通のスニーカーで乗るのは絶対に避けるべき。踏面が小さい上に、表面が素晴らしく滑るので、少しの距離でも危険です。ディズナの「ロードトリップ48シールドペダル」をつけたなら、必ずビンディングシューズで漕ぎましょう!


        「俺は、SPDでもスニーカーでも乗りたいんや〜」という欲張りさんには、両刀使いのこんなペダルが便利らしいっす。




        おまけ◆クリートの緩みはマメにチェック!

        一番最初に右足だけハメた時のこと。なぜか、ペダルが外れないのです。足を捻挫しちゃうかも!というくらい捻りまくってもダメ。仕方がないので、シューズを脱いで、なんとか手で外しました。

        原因はクリートの締込みが甘かったこと。取付ネジが緩んでいると、ビンディングのバネの強さにクリートが負けてしまい外れなくなります。これが走行中に起きたらと思うとゾッとしますね〜




        ロードトリップペダルの外しやすさも、クリートがしっかり取り付けられていてこそ!緩みのチェックもマメにしていこうと思います。


        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【ディズナのSPDペダル・インプレ】外しやすいから安心!登りやすいからウレシイ!

        0


          初めてのビンディングペダル「ディズナ・ロードトリップ48シールドペダル」に交換して100キロほど走りましたのでレビュー。


          他のビンディングペダルを使ったことがないので、フラットペダルと比べた良し悪しを、初心者の目線で書いてみます。



          ◆今のところ立ちゴケなし!マルチリリース並みに外しやすいのです

          フラットペダルからビンディングペダルに替えるにあたり、一番不安に思っていたのが「立ちゴケ」。とっさの時に足が外れず、自転車ごとバッタン……。誰もが通る道と聞いていたので覚悟はしていたものの、今のところは辛うじてセーフ!「未遂」は何度もありましたが、ギリギリのところでちゃんと外れてくれるのです。


          実はSPDのクリートには2種類あって、ロードトリップペダルに付属していたのは「シングルリリース」。水平に捻る動作でしか外れないタイプです。ちなみに、もうひとつは「マルチリリース」といって、その名の通りいろいろな方向に外すことができます。




          普通に考えると、水平スライドでしか外れないはずですが、このロードトリップペダルは真上にむしり取るようなムチャな動作でも外れてくれるんです!


          多分、着脱の強さ調整を最弱にしているからなのでしょうが、このフレキシブルさには何度も助けられました。おかげで今は立ちゴケの不安を感じなくなりました。「今だけ」かもしれませんが……σ(^_^;)


          ↑ペダル後端のネジを回して調整。Lが弱い、Hが強い



          ◆漕いでいる最中に外れることもありません

          そこまでユルユルな設定だと、ペダルを回している時に外れてしまうのでは?と一抹の不安が過ぎりますが、ワタシのパワーとスピード程度では全くノープロブレム。外れる気配すらありませんし、ペダルにハメる時は、むしろ硬く感じるほどです。




          SPDはステップインの感覚がソフトだという記事も目にしますが、このロードトリップペダルに限っては想像以上に手応え(足応え?)アリ。「バチン、バチン」と両足とも上手にハマると、気分はガンダム!ホワイトベースのカタパルトに乗っかって「吉尾、行きまーす!」ってなノリ。フラペの時より、気分もアガりますよ〜^ ^



          ◆坂が登りやすいのは、プラシーボじゃないよね?

          ワタシがSPDペダルの恩恵を一番感じているのは「上り坂」です。




          重くてブカブカなシューズを選んでしまったせいか、平地では実感しずらいのだけれど、いざ登り始めるとフラペの時より進む気がしてなりません。これがウワサに聞く「引き足効果」なんでしょうか?ペダルを「引き上げ」ている感覚は全くないのですが……。


          むしろ立ちこぎで踏み込んだ時に、スィートスポットと言いますか、足裏のチカラがかかっているところをつかみやすくなりました。ほら、「ペダルを踏む時は母子球あたりで」なんていうじゃないですか。それがフラペの時よりハッキリとわかるんです。




          体重をうまく乗せられている時は気持ち良く進みますが、なんかズレている感じがあると、当然進みにくいです。ペダリングの良し悪しのバロメーター的な役割もしてくれるから、初心者にはありがたい。これはSPDペダルがというより、踏面が小さいロードトリップペダルならではのフィーリングなのだと思います。


          あと、つま先の角度をかなりフリーダムに動かせるので膝への負担も少なそうです。といっても、絶えずユラユラする不安定な感じではなく、曲げたら曲げたで、その角度のままホールドされる感覚。


          ↑多少ガニ股でもOK



          まとめ◆ビンディング初心者に使いやすいペダルだと思います

          というワケで「ディズナ・ロードトリップ48シールドペダル」には大満足しています。改めてメリットをまとめてみると…


          1.外しやすいけれど、外れにくい

          2.坂が登りやすい

          3.足裏の力点がわかりやすい

          4.膝に優しそう

          5.気分も上がる^ ^



          どれもビンディング初心者には嬉しい効果。


          フラペからのファーストSPDペダルとして、安心して使えるモデルだと思いますよ。候補のひとつにぜひどうぞ!




          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          【トレック試乗会・後編】エモンダ&ドマーネの10分間インプレッション

          0


            三浦半島唯一のトレック・コンセプトストアである「トリップサイクル」さんの試乗会・後編です。

            【試乗したモデル】
            エモンダ SL5
            ドマーネ ALR4・SL6・SLR6


            ドマーネSLR6は前回の記事でレポートしましたので、今回は他の3モデルについてお伝えします。どれも10分程度の試乗でしたが、ワタシのような初心者でもそれぞれの持ち味がわかるほど、はっきりとした性格のモデルでした。



            ◆ドマーネALR4はまっすぐ走るバイク



            ドマーネといえばIsoSpeed(アイソスピード)。トレック独自の振動吸収システムはドマーネシリーズのなかでもっとも低価格なモデルにも、もちろん装備されています。




            一般的に振動が多いと言われるアルミフレームでどれほどの効果を感じられるのか興味しんしんでした。ワザと荒れた路肩を走ってみると、路面からの突き上げはかなりマイルドな印象。ガタつかず、とにかくまっすぐにつき進んでいく自転車です。


            ↑IsoSpeed+28Cという太めのタイヤでアルミらしからぬ優しい乗り心地


            あと、びっくりしたのは新ティアグラ(4700)のフィーリングの良さ。ワタシには105(5800)との違いがわかりませんでした。特にフロントの進化はすごい!愛車のルイガノにつけた4600が不憫に感じてしまうほどです(T ^ T)


            ↑STIレバーも握りやすい!


            今なら、エモンダやドマーネのアルミモデルを買うとタイヤやホイールが抽選で当たる「選べるアルミロードキャンペーン」を開催中。これを機会に思い切っちゃう手もアリですね^ ^



            ◆ドマーネSL6のディスクブレーキは超ラクチン!



            お次は、ドマーネSL6のディスクブレーキモデル。注目のディスクブレーキに加えて、IsoSpeedを前後共に搭載しているから、お値段はSLR6のキャリパーブレーキモデルよりもお高い!




            足回りもボリュームたっぷり。VISION社のメトロ40(リムハイトが40mmのカーボンホイール)に32Cの太タイヤという見たことない組合せです。そのせいか挙動はかなりしっとりとした感じ。


            ↑カーボンホイール初体験。いや〜かっこいいス


            ディスクブレーキを初めて使ってみましたが、指が疲れなくて良いですね、これ!下り坂だと、すぐに手がプルプルしてしまうワタシとしては、ぜひとも導入したくなりました。




            ただ、「キャリパーブレーキとは別物だからと」スタッフさんからいくつかアドバイスもいただきましたよ。

            ディスクブレーキの注意点

            ・ディスク→キャリパー、キャリパー→ディスクの換装はできない

            ・ホイールの選択肢が少ない

            ・重量がかさむ

            ・メンテナンスが少しだけ面倒

            ・ディスク禁止のレースがある




            とってもラクチンですっかり気に入ってしまったディスクブレーキですが、メリット・デメリット両面あるようです。うーむ、悩ましい!


            ◆軽くて進むエモンダSL5は吉尾イチオシ!

            もちろんドマーネSLR6以外のモデルのなかで、ですがσ(^_^;)




            持ち上げただけでも「軽っ!」。もちろん漕ぎ出しも軽いし、スピードが乗ってからもスイスイ進みます。路面からの振動もドマーネほどマイルドではないけれど、十分にコンフォートなレベル。とにかく、漕いでいて気持ちの良いモデルです。


            ↑ブレーキもクランクもフル105!


            吉尾的には、このコをお持ち帰りしたかったです、切に。SLR6の59万円を聞いちゃってるので「29万円なんて安いじゃん?」なんて内心思ってしまった自分がコワイ(ちなみに、今は正気に戻ってます^ ^)

            ↑台湾製は今や信頼の証。


            ◆トリップサイクルさんはグッズも充実!

            トレックの最新モデルを乗りたいだけ乗せていただいたのに、押し売りのカケラもなかったトリップサイクルさん。あまりに申し訳ないのでツールボトルを購入しました。(ショップに着く直前にちょうど壊れた^ ^)




            これがまた、ワタシの使い勝手にはぴったりのボトルだったので感動モノ。他にもヘルメットやウエアなどグッズ類も充実していて、あのオサレなカペルミュールもありましたよ。


            トリップサイクル
            〒238-0014 神奈川県横須賀市三春町1-26-2
            営業時間11:00〜19:30
            定休日水曜日(祝日は営業)、イベント開催日は休業
            TEL046-854-9118
            駐車場6台あり

            http://www.tripcycle.jp


            周辺アイテムをしっかり品揃えしてくれているショップさんって、横須賀ではホントに貴重な存在。これからは何かと通ってしまいそうです。


            吉尾エイチでした。m(_ _)m





            | 1/60PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>

            ■スマホ版で表示■

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)
              yoshimotoya120 (03/24)
            • 【レッグカバーずり下がり防止】スベラナインって、結構良いんでナイン?
              吉尾エイチ (03/23)
            • 【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)
              吉尾エイチ (03/23)
            • 【レッグカバーずり下がり防止】スベラナインって、結構良いんでナイン?
              yoshimotoya120 (03/23)
            • 【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)
              yoshimotoya120 (03/23)
            • 【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)
              吉尾エイチ (03/22)
            • 【キャメルバックのボトル掃除】飲み口のカビは分解して落とせるのね!
              吉尾エイチ (03/22)
            • 【キャメルバックのボトル掃除】飲み口のカビは分解して落とせるのね!
              yoshimotoya120 (03/22)
            • 【初SPDペダルの注意点】外し方だけじゃなくて、ハメ方も大切ですねσ(^_^;)
              yoshimotoya120 (03/22)
            • 【キャメルバックのボトル掃除】飲み口のカビは分解して落とせるのね!
              吉尾エイチ (03/13)

            profile

            ブログパーツUL5

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode