【パールイズミ・クールネスソックス】案の定、薄さとメッシュが気持ち良いぞ〜

0


    勢い込んで購入した「パールイズミ・プレミアムソックス」ですが、やはり真夏に履くとちょっぴり暑いです。予告どおり「クールネス・ソックス」も買ってみたのでレビュー!せっかくなので、プレミアムソックスと比較しながら書いてみますね。


    ( ´・ω・)⊃関連記事です
    【パールイズミ ・プレミアムソックス】生まれて初めての2000円ソックスの実力




    ◆薄手だからぴったりシューズに超グッド!

    なんといっても薄手加減が絶妙です。タグにも書いてある通り、タイトフィットのシューズに合わせるには重宝します。シューズの中に余裕が生まれるので、そのぶん通気も良くなった感じがします。




    コンプレッションはプレミアムソックスよりも緩めですが、ダブついたり、ずり下がったりは皆無です。左右の区別もありません。プレミアムソックスの締め付け感が気になる方には、クールネスソックスの方が気に入っちゃうかもしれません。


    ↑足裏にはやっぱりロゴが(^^)


    ◆大盛りメッシュが実に快適です

    このソックスのもう1つの特徴は、メッシュ使い。足の甲はもちろん、足首の前側やアキレス腱あたりも編み目を大きくしています。同じ糸で編み方を変えているあたり、地味に凝ったつくりです。






    おかげで、涼しさはプレミアムソックス以上!看板に偽りなしです。このクオリティと快適さで、お値段はプレミアムソックスの6割。活躍期間が短めのシーズンアイテムとはいえ、結構なコストパフォーマンスです。



    ◆「ムレない」は実感。「疲れない」はやや実感(^^)

    薄手で通気性にこだわったつくりなので、ムレにくいのは確か。最長で50キロくらいの距離しか走れていませんが、サラッとした感覚が持続します。最高気温が25度を超えるようになると、真価を発揮するソックスです。




    でも「疲れない」方については、感じ方にかなりの個人差がありそうです。ワタシ的には、土踏まずのサポートのおかげというよりは、薄さやぴったり感、そして通気性といった全体的な心地良さ故、「疲れを感じにくい」といった印象でした。300キロとかタフなロングライドなら、ハッキリとした違いを感じられるのかもしれませんね。



    とはいえ、買って後悔したのか?と聞かれれば、答えは「否」。耐久性さえ見極められたら、リピート確実の快適アイテムです。


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【ロードバイクの日焼け対策:その2】アーム&レッグカバーは真夏も手放せなくなりそうです(^^)

    0


      以前書いた「ヘルメット焼け」に続いて、ライドの日焼け対策を強化しました。昨年は「暑い時間には走らない」作戦を敢行していたので、大した対策もしておりませんでした。今年の夏は一番暑いお昼から出かけることが多くなり、いよいよUVケアも必要かと。

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【ロードバイクの日焼け対策】ヘルメット焼けにはご用心!



      べつに美肌を追求しているわけではなく、日に焼けてしまうとぐったりして、その後使い物にならなくなってしまうのですよねえ。(若いときはそんなことなかったのですが……(T ^ T)


      というわけで、日焼け防止の定番アイテム「アームカバー&レッグカバー」を導入してみました。



      ◆日差しにさらされ続ける腕は完全にブロックできないのか?

      今回選んだアームカバーは、おたふく手袋の「ボディタフネス」。愛用している長袖インナーと同じシリーズ。表側は触るとヒヤッとする接触冷感生地、陽に当たらない腕の裏側はメッシュ使いという通気性にこだわったモデルです。


      インナーはお値段以上のパフォーマンスを発揮してくれて、大変助かっている「おたふくブランド」ですが、自転車に乗っている間中、強い日差しにさらされる腕はさすがにブロックしきれなかったようす。2回ほど炎天下のライドで着用しましたが、うっすらと日焼けしてしまいました。


      ↑UVカットもしっかり謳われているけれど…


      ワタシの肌がヘタレすぎるのか、そもそもアームカバーとはそういうものなのか……とはいえ「生腕」で乗るより100倍ラクなので、この夏はボディタフネスのお世話になるつもり。肌触りと通気の良さを気に入ってしまったんですよね。

      ↑メッシュ部分は見た目とは裏腹に非常にソフト


      他のおすすめブランドはCW-X。ネット上の評判良いです。使ったことはないので、紫外線を完全にブロックしてくれるかはわかりませんが…σ(^_^;)



      ◆夏のレッグカバーは「モーゼン」良いですよ

      秋冬でレッグカバーの便利さに惚れてしまったワタシ。真夏用は、以前から気になっていた「モーゼン」をゲット。




      あまり聞いたことないブランドの割にはお値段が高めだけど、パールイズミやシマノなどメジャーブランドに比べたら半額程度。それでいて、腿裏にメッシュ生地を使っていたり、ずり下がり防止にかぶれにくいラッセルテープを採用したりと、なかなかのつくりです。


      ↑メッシュの涼しさはハズせません


      個人的に一番気に入ったのは、サイズと薄さ。Sサイズが用意されているから小柄なワタシでもぴったり着用できますし、薄すぎない生地が紫外線をしっかり防いでくれます。


      ↑ゴツい縫い目ですが、全くノーストレス



      ↑腿の滑り止めはラッセルテープ。炎天下を走り回って大量の汗をかいても、一切かぶれなし!


      真面目なハナシ、こいつは掘り出し物だと思いました。夏用のレッグカバーを探しているなら、試してみる価値アリアリです。



      <関連記事>
      【秋のサイクルウェア】レッグカバーは確かに便利でちょうどいい!



      ◆濡らして走ればSO COOL!

      自転車に限らず、紫外線の強いこの時期は帽子にサングラス、長袖・長ズボンなんていう完全フル装備の方を良く見かけますね。「いくら何でも炎天下にその格好は暑すぎるでしょ?」そう思い込んでいましたが、まさに全くの思い込みでした。


      ↑たまには自撮り!暑苦しく見えますが、意外と快適っす(^^)


      アーム&レッグカバーを使ってみると、半袖ジャージ&レーパンだけで走るよりワタシは快適に感じました。

      1.通気性が工夫されているので、見た目より涼しい

      2.肌の温度が上がりにくいので、疲れにくい

      3.日焼けを抑えられるので、ライド後もぐったりしない



      それでも暑くなってきたら、カバーに水をかけて走るのがおすすめ!素肌ではすぐに乾いてしまいますが、カバーなら生地が水を含むぶん、気化熱による冷却効果が長く続きます。


      この方法で、最高気温34℃の中、5時間走っても何とか生きていましたので、真夏のライドに「アーム&レッグカバー」は、かなり効果的な組み合わせだと思います。長袖ジャージとロングタイツを新調することに比べたら、お値段も相当リーズナブル。気軽に試せるのも嬉しい、優秀ウェアです!


      ↑水着のお姉さん溢れる三浦海岸を、この格好でで通り過ぎる時は凄まじいアウェイ感を感じますが(^^)


      吉尾エイチでした。m(_ _)m





      【バイクガイ・どこでもホルダー】ドリンクボトルを手軽に手元に!

      0


        この夏、わが家の娘が初めてのアルバイトをします。雇っていただいたのは、5キロほど離れたところにある市民プール。自転車で通うというので、彼女の愛車「ダホン・ボードウォーク」にボトルケージをつけてみました。頼まれたわけじゃないけど、真夏ですからね。通勤で脱水症状にならないとも限りません。(過保護過ぎ?)



        ◆実は旧いボードウォークにはボトル取り付け穴がないσ(^_^;)

        でも、いざ取り付けてみようと改めて自転車を眺めてみると……「あれ?」

        ボトルケージを取り付けるためのネジ穴がない!


        ↑つんつるりん♪


        現行モデルはちゃんと付いているので、てっきりわが家の2004年型にもあると思い込んでいましたσ(^_^;)


        <出典元>サイクルガジェット


        まあ、例え穴が開いていたとしても、上のサイクルガジェットさんの画像のように、サドルからはかなり離れた位置。ここにケージをつけてしまうと、乗りながらの給水は少々アクロバティックな体勢になりそうです。あまり自転車に乗らない娘には残念ながら使いこなせないでしょう(^^)



        ◆文字どおり「どこでも」つくホルダーを発見

        例のごとく、アマゾンをつらつらみていくと……良いものがあるぢゃないですか!

        「どこでもド…ホ、ホルダー!」

        危うくタイトルコールを間違えるところでしたσ(^_^;)その名の通り、ボトルホルダー(ケージ)をどこにでもつけられるというマジックアイテムです。




        走行中でも、すぐ手が届く位置ということで、ハンドルポストに取り付けてみました。


        ↑なかなか良い感じです!


        取り付けは、呆気ないくらいカンタン。どこでもホルダーにボトルケージをネジ込んだら、幅広のベロクロで巻きつけるだけ。所用時間はわずが5分(^^)




        ハンドルポストに密着させるスペーサー(というより、これが本体?)の素材がベタッとしたゴムなので、思った以上にしっかりくっつきます。ボトル一本程度の荷重なら屁でもない感じ。走行中にずり下がるなんて「あるある」も、どこでもホルダーに関してはノープロブレムです。



        ↑ゴム素材のスペーサーがいい仕事しています。
        ↑ケージ付きもオトク!



        ◆ボトルケージはペットボトルもOKのトピーク・モジュラーケージ

        ボトルケージは、ペットボトルやマグボトルを入れられるように、太さを変えられるタイプ。ワタシのルイガノから移植しました。



        自転車用のドリンクボトルを使わない方でも、フレームにボトルを収納できるからオススメ。いちいちバッグから取り出して補給するのは、意外とおっくうなものですからね。まとまった距離を走るなら、装備しておいてソンのないアイテムです。


        ↑ワタシのツールボトル用ケージはミノウラの赤いデュラケージに…これで3倍速くなるのだ!





        おまけ◆ロードバイクで「もう一本!」ならこちらもオススメ

        このツールボトル収納用に昨年追加したのが、「エリートVIPボトルケージクリップ」。どこでもホルダーと同じく、ボトルケージの取り付け穴がないところにもケージを増設できるスグレモノです。




        見た目よりも取り付けに手間がかかるのが難点ですが、コンパクトなのでダウンチューブの下側に吊り下げるなら、「どこでもホルダー」よりこちらの方がオススメです。



        ( ´・ω・)⊃関連記事です
        【エリートVIPボトルケージクリップ】ボトル2本体制でツールボトルのお引っ越し


        夏のライドは、一にも二にも水分補給。どこでもホルダー&ボトルケージクリップで補給しやすい自転車にカスタマイズしちゃいましょう!


        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【ロードバイクの日焼け対策】ヘルメット焼けにはご用心!

        0



          夏といえば、日焼け!他にもいろいろあるけれど、ハナシの流れ上、今回はそーいうことで、よろしくお願いします(^^)


          先日、美容院に行くついでに、30kmくらい遠回りしてみました。で、いざ髪を切って貰おうと鏡の前に座ると……おでこに、くっきりと赤い線が3本!



          ◆夏の日差しはスキマがあれば焼けるのです

          何かと思ったら、ヘルメットのエアインテークのところだけ日に焼けていたんですねー。アームカバーは付けていたのですが、おでこは全くのノーマーク。かなりどんよりした天気だったし、1時間半くらいのライドで、まさかあんなにくっきり焼けるとは……(ショックで画像は撮り忘れ)


          ↑これなー


          幸い焼け始めだったことと、帰り道は念のため持っていたサイクルキャップでカバーしたので、帰宅する頃には目立たなくなっていましたが、美容院に行かずにそのまま走り回っていたら……と思うとゾッとします。間違いなく、翌日は会社を休みますね(あ、焼けてたほうがよかった?)



          ◆夏のライドはサイクルキャップ必須ですな!

          そーいえば、昨年の夏は必ずサイクルキャップをかぶっていたのだっけ。顔の日焼け防止だけでなく、おでこにも効果的だったのですね。




          ( ´・ω・)⊃関連記事です
          【サイクルキャップのススメ】熱中症予防にもお役立ちの優秀アイテム



          ツバが視界を狭める気がして、最近はあまり使っていなかったのですが、夏こそしっかり装着しないと、取り返しのつかないことになっちゃいそうです。
          ↑猫ならかわいいけど、おっさんのおでこに3本線はいただけません。かつての愛猫「ハグリッド」


          というわけで、サイクルキャップ復活です。皆様もおでこのケアを、ゆめゆめ怠ることはございませぬようσ(^_^;)


          ↑速乾性のあるポリエステル製がオススメ!



          ↑ツバなしタイプも良いかも!


          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          自転車趣味の究極の「粋」とは?

          0


            もともとが趣味性の塊とも言えるロードバイクですが、その中でも「こだわってるな〜この人」と思えてしまうポイントがあります。それはなにかといえば「ベル」ーー法律で言うところの警音器です。


            自転車のベルというのは、意外と鳴らす機会がありません。道交法で制限がかけられていることが認知されつつあるせいか、後ろからチリリンとされることは、ひと昔前に比べたら随分と減った気がします。


            思い返してみると、ワタシ自身もスポーツ自転車に乗り始めた4年前から、一度も使ったことがなかったりします。



            ◆鳴らせないのに、外せない……(^^)

            自転車のベルを、むやみやたらと鳴らしてはいけない理由は、道路交通法の第54条にあります。

            第54条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。

            1 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。

            2 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

            2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。



            そうなんです。最後の「2」にあるように、警音器は「鳴らさなけばならない」と定められた区間以外は「鳴らしてはならない」くせに、「鳴らさなけばならない」区間に出くわした時のために装備しておかなければならない、という、なんともヤヤコシイ存在なのです。


            ↑「警笛鳴らせ」の標識。山道では意外と見かけますね(^^)


            埼玉県や東京都のように条例で、ベルの装備が義務化されている自治体もあります。

            東京都自転車安全利用指針

            埼玉県道路交通法施行細則(自転車関係)について


            一方で、よく議論になったりするのが、最後の一節。

            危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。


            これはあくまでも危険回避の場合であって、歩道を走る自転車が、歩行者の後ろについた時にベルを鳴らすことは当てはまりません。歩道は歩行者最優先であり、そもそも自転車が「やむをえず」歩道を通行する場合は、「注意して」「徐行」しなければならないからです。

            (歩行者用道路を通行する車両の義務)
            第9条 車両は、歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されていることが道路標識等により表示されている道路(第13条の2において「歩行者用道路」という。)を、前条第2項の許可を受け、又はその禁止の対象から除外されていることにより通行するときは、特に歩行者に注意して徐行しなければならない。


            いずれにせよ、自転車のベルは「滅多に使うことがない」パーツなのです。



            ◆鳴らせないけどカッコイイ、そこにこだわるのが究極なのでは?

            使用頻度が低いモノにはできるだけお金をかけないようにする、というのが大多数の方の行動だと思います。でも、世の中には、そういうものにもお金をシッカリかけちゃうセンスの良い方がいらしゃるようで……

            例えば、



            一万円のチタン製のベル!サビないし、軽いしでベルにはとっても良い素材。なかなかスタイリッシュです。



            <出典元>白井ベル


            さらなる高みに……

            京都の仏具おりん職人が作り上げた世界にーつしかない高音質の自転車用べル。

            ベルの素材・砂張は、奈良時代から正倉院の宝物として扱われてきた金属です。

            白井べルの高音質はこの砂張と古来からの技法(技術)を使い、仏具おりんという形で鳴り金物の製造技術を淘汰させ続けた「りんよエ房」だからこそ可能な音色です。


            ですって!さぞかしステキな響きに違いありません。当然、ひとつひとつが手作りで、お値段はなんと3万円から!ここまでくれば、まさに究極です。


            ワタシの愛用といえば、ロードバイク用ド定番のこちら。



            娘のダホンと色違いで使っています。






            値ごろだし、小さいし、取り付けやすいしでとても気に入っているのですが……いつか、ベルにもこだわって「粋なローディ」なんて呼ばれてみたい〜


            吉尾エイチでした。m(_ _)m





            | 1/68PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << August 2017 >>

            ■スマホ版で表示■

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            ブログパーツUL5

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode