【今月のかふぇandだいなぁ①】「南風COFFEE」と「ワンこぱん」

三浦半島を中心に“サイクリストに優しい”カフェとお食事処をお知らせする「三浦半島かふぇandだいなぁ」。月イチ更新くらいのペースでレパートリーを広げていければ良いなあ、なんてもくろんでいます。さて、記念すべき第1回目のショップは三浦海岸にある「南風COFFEE」さんと「ワンこぱん」さんです。

【南風COFFEE】吉尾の「好きなもの」ばかりのグッドプレイス

東京湾側のR134を南下して、三浦海岸の交差点で海沿いの県道215号を進むと、陸側に水色の民家があります。その1階が「南風COFFEE」さんです。

道路を挟んで、三浦海岸の海を眺める素敵なロケーション。単調な砂浜の先にポツリと顔出している「琴音磯」と呼ばれる岩場が目印です。

店内はテーブル5つほどのこじんまりとした空間に、ゆったり静かな時間が流れている癒し系のカフェ。サイクリストとしても居心地が良かったです。

マスターから「今日はどのくらい走られたのですか?」なんて声をかけてもらったり、女性の店員さんに「汗だくのサイクリストっていやじゃない?」なんて聞いても「気にならない」とのありがたいお返事。

って、サイクルウェアのおっさんを目の前にして「嫌です」とは言えないだろうけど……へんなこと聞いてスミマセンでした。


↑もちろんバイクラックあり!

そして、個人的に刺さってしまったのが、壁にかかった鈴木英人のリトグラフと、なんとBGMが大瀧詠一だったこと!A面で恋をしてB面で別れたら唇をツンと尖らせてシベリア鉄道に乗ったけど、やっぱり結末は幸せでした、の大瀧詠一です(こんな風に書いてますけど好きなんです)。もう新曲を聞けないのが残念でなりません。

>>【三浦半島のおすすめカフェ】諸磯のカフェ&ベーカリー・ソプラさんは、鈴木英人好きにはたまらない!入江のデッキで至福の時間を…… | 凪ロード

話が脱線しちゃいました……肝心のドリンク&フードですが、当日いただいたアイスコーヒーはほろ苦な感じで、ライドに疲れた体にちょうど良い刺激。ちなみにホットコーヒーはハンドドリップ。豆は日替わりでその日のコンディションにマッチしたものをセレクトしてくれるみたい。