【新城選手のトレーニングDVD】ネタバレにはなっていないと思いますが……いかがでしょう?

ツールドフランスが、エガン・ベルナル選手(チームイネオス)の総合初優勝で幕を閉じました。106回目を迎える今大会は、個人総合優勝の選手に与えられる黄色いリーダージャージ「マイヨ・ジョーヌの誕生から100年」とか、開幕地ベルギーの英雄「エディ・メルクス初総合優勝から50年」とか、山岳コースが多く「史上最も高いツール」とか、話題豊富な節目のレース。

そういえば、22歳のコロンビア人であるベルナル選手は、黄色いリーダージャージの誕生以来の最年少マイヨ・ジョーヌであるとともに、高地に強いと言われるコロンビア人初のツールドフランス覇者でもあります。いろんな意味で106回大会の総合優勝者にふさわしい若者なのではないかと思います。

サイクリストの特集記事
世界最高峰の自転車レース ツール・ド・フランス 2019

でも、個人的にはちょっぴり寂しい回でした (ニバリ選手のステージ優勝は嬉しかった)。なぜって、日本人選手が一人も出なかったから。バーレーンメリダの新城選手は3月の骨折の影響か、6月のツールドスロベニアや全日本選手権には出場したものの、ツールドフランスのメンバーには……その代わりというわけではないのでしょうが、彼の速さの秘密に迫る初のトレーニングDVDが発売されました。メリダファン兼ユキヤファンの吉尾としては、なんの迷いもなく即ポチでゲットしておきました。

ユキヤファンでなくても、見応えのある内容だと思います

書きたい気持ちをぐっと抑えて、ネタバレにならないようにお伝えするならば、とにかく長い、ということ。ロードバイクのトレーニングビデオって初めて観ましたが、3時間弱の情報量ってなかなかのボリュームじゃないでしょうか?

内容もかなり濃ゆいです。映像作品としてのクオリティや進行の具合は、正直アレなところもありますが、これでもか!というくらい「ユキヤの速さの秘密」を解明しまくります。

共演者(?)の客観的な分析がためになる“教材的”なドキュメント作品

買う前は「新城選手のプロモーションビデオ的なものかしら?」と思っていた吉尾。実際は、全編を通して真面目なアプローチが続くという予想外の展開でした。

脱ビギナーをめざすサイクリストにとっては、“知りたいこと”がガッツリ詰まったDVDだと感じます。特に、分析役として出演している2人の専門家の方々が、その知識や経験を惜しげもなく披露してくれていますので、これがかなり勉強になるんですよね。

スポーツマッサージ師の中野氏

向かって左側が中野さん。日本人マッサージ師として初めてツールドフランスに参加した方だそうです。ツールドフランス15回、グランツールはなんと35回!という経験を活かして、新城選手のポジションやカラダ、そしてペダリングの特徴を他の有名選手と比較しながら分析してくれます。

脱線しますが、吉尾が腰痛対策で参考にした記事も中野さんのものでした。大いに胸落ちした内容でしたので、お会いしたことはありませんが、一方的に信頼している方です。

  • あなたは硬派?軟派? 中野喜文マッサーに教わる、サイクリストタイプ別腰痛対策 – cyclist