【ノグチ・ハイグリップバーテープ】疲れた時ほど頼りになるイボイボがグッド!

バーテープをノグチのハイグリップタイプに替えてから、500kmほど走りましたのでレビューします。名前のとおり、滑りにくさは超優秀!適度なクッション性とコスパを兼ね備えたステキなバーテープです。

イボイボの滑りにくさはライドの後半戦に効く!

いかにも滑りにくそうなゴム系の素材と大胆なイボイボパターンが目を惹く 「ノグチ・ハイグリップバーテープ」。実際にハンドルを握ってみると、素材自体の抵抗とイボイボがグローブにしっかりと食い込むことで、とにかく滑りません。指を握り込まず、ハンドルに添えただけでもホールドできるほど。

この滑りにくさは、握力が落ちてくるライドの後半戦で真価を発揮。多少いい加減に握っていても、バーテープのグリップがハンドリングをサポートしてくれます。さらに、イボイボが手のツボを刺激して、ライドの疲れを癒してくれます…… というのは、吉尾の盛り過ぎですσ(^_^;)


↑ルックスは好みが分かれそう……

滑らないと言えば、以前試した「ステージ・ノンスリップバーテープ」のグリップも秀逸だったけど、ノグチのリーズナブルなお値段を考えると、コスパはそれ以上ではないかしら。

>>【ステージのノンスリップバーテープ巻き方】グリップもクッションもワンランク上の進化形! | 凪ロード

裏側のスポンジと固めのイボイボが絶妙なクッション感を醸し出す

このバーテープはクッション性をウリにしているわけではないけれど、独特な感触にハマると手放せなくなるかもしれません。

一応、裏側にはスポンジがついていて、ある程度のクッション性はあります。ただし、表面のゴム素材が結構固めなので、フカフカ感は今ひとつ。でも、路面からの振動に対して、イボイボが良い具合に潰れて、ショックアブソーバーの役割りを果たしてくれる様子。


↑裏側のスポンジは厚すぎず薄すぎず

バーテープは一貫して、フカフカ系のクッションタイプを選んできた吉尾。使い始めはゴツゴツした感じに違和感を覚えましたが、慣れてしまえば、かえってクセになりそうな握り心地です。

>>【バーテープの比較】クッションタイプ3種類を勝手にランキング! | 凪ロード

リーズナブルなのに長持ちしそう

あと、素材がヘビーなので耐久性も期待できそうなところもポイント。かなりチカラをかけて巻いても切れる気配さえありませんし、摩擦や雨にも強い印象。

>>【バーテープの巻き方】ワイズロードさんの動画に”プロの仕事”を魅せつけられた件 | 凪ロード

安価なEVA素材のバーテープは、はがしたときに切れてしまうこともありますが、ノグチのハイグリップバーテープは、巻き直して使えそうです。それでいてこのお値段は、コスパが良すぎて申し訳ないくらい。バーテープに滑りにくさと程よいクッションを求めるなら、試してみてソンはないモデルです。