【リストバンド心拍計への道ー最終回】ブライトンのBluetoothサイコンにはガーミンでもなくWahooでもない、XOSSという心拍センサーをチョイス

サイコンをトピークのスマホ連動タイプからブライトンの専用機へ替えたことで、心拍数を計れなくなりました。心拍センサーとして使っていたスマートウォッチがサイコンに認識されなかったからです。

>>【リストバンド心拍計への道ー5】Xiaomi Mi Band 2を愛用した管理人も惚れ込んだ、さらに使い勝手の良いAmazfit Bip Liteの3ヶ月インプレ | 凪ロード

とは言え、吉尾にとっての心拍数は「知りたい気持ち」を満たす程度のもので、心拍トレーニングに取り組んでいるとかではないから、別にわからなくてもライドに支障はありません。ないのだけれど、今まで見れたものが急にわからなくなると俄然知りたくなってしまうのもまた人間の悲しいサガ。というわけで、ブライトンのサイコンに認識してもらえそうなリストバンド型心拍計を探してみることにしました。

Bluetooth×リストバンド型心拍計の選択肢は少ない

ブライトン・ライダー10の通信規格はサイコンの多数派であるANT +ではなく、Bluetoothオンリーです。ただ、ひと口にBluetoothと言っても、デバイス同士の相性はケースバイケース。特にサイコンとスマートウォッチは同じブランドでないと、うまく連携してくれないことがほとんど。そこで、今回はスマートウォッチを諦めて、リストバンドもしくはアームバンド型の心拍センサー専用機を狙います。

しかし、心拍センサーのほとんどは胸バンド式。Bluetoothに対応したタイプはさらにしぼられます。まず、サイコンのデファクトスタンダードであるガーミン。リストバンド型ウェアラブルデバイスの心拍数転送は全てANT +接続というツレなさ。

続いて老舗ブランドのポラールです。唯一のアームバンド型センサーはBluetoothとANT +両方の規格に対応といいつつ、実はガーミン同様。となると、Wahooのアームバンド型の両規格対応にも油断はできません。結局、Bluetooth接続ってメジャーどころには全て見放されているみたい。仕方がないので、インディーズ系(?)にまで手を広げてみます。

mio・LINK

ライフログバンドのブランドで、自転車専用モデルも予約受付中。ですが、既存モデルのLINKとの違いがわかりません。一応、BluetoothとANT+両方の規格に対応しています。ジャパン社があるのにインディーズ扱いしたらおこられちゃうかもしれませんね。

アロフライ・A-PULSE

エアバルブに取り付けるユニークなパワーメーターを発売して話題になった台湾ブランド。全体的にリーズナブルなラインナップ。BluetoothとANT+両方の規格に対応しています。

XOSS

なんと発音するのでしょうか?クソス?上海にある激安サイコンのメーカー。レビューをみると意外と高評価です。こちらもBluetoothとANT+のダブル規格対応。

吉尾が見つけられたのはこの3ブランド。そのうち、ブライトンのサイコンと連携できそうなのはアロフライとXOSSです(どなたかのブログで確認)。見た目がそっくりだから選択に迷いますが、ちょっぴりお安かったXOSSに決定。


↑おもちゃっぽいけどその分軽量