【横須賀温泉・湯楽の里】ライドの後の温泉はクセになりそう!輪行にもおすすめな横須賀の温浴施設をレポート

横須賀の温浴施設 「湯楽の里(ゆらのさと)」を初体験。ホームグラウンドの三浦半島を50kmくらいライドした後に、家族とクルマで行ってみました。

地元ですから建物の前はしょっちゅう通っていましたので、前々から気にはなっていたのですが、なかなか機会に恵まれず……。昨年の「横須賀×南房総スタンプラリー」で、初めてエントランスまで入らせていただいて、「お。なかなか良い雰囲気じゃん」と。

>>【横須賀×南房総サイクルスタンプラリー2018】横須賀のスタンプポイントはこんなところ! | 凪ロード

実際に行ってみると、想像していた以上に素敵な施設。サイクリストの皆さまにもおすすめポイントが満載です!

「東京湾一望」×「源泉かけ流し」の贅沢露天風呂は3度美味しいのだ\(^o^)/

「横須賀温泉・湯楽の里」のイチオシといえば、広々とした露天風呂。ココは絶対に外せません。なんといっても、眺めが良い!東京湾一望、正真正銘の180°オーシャンビューです。

当日は午後の遅い時間に入館したのですが、抜けるような青空から夕暮れ、そして夜景と、刻々と表情を変える東京湾をお湯に浸かりながら、まったりと堪能しちゃいました。地元民でもそうそうできませんよ、そんなゼータク(^^)


↑さすがにカメラは持ち込めませんので、パンフレット画像でお楽しみください

しかも、2つに別れた露天風呂の“上の湯”は 「源泉掛け流し」。こちらも正真正銘の温泉です。泉質は“ナトリウム-塩化物強塩泉”。海だったところの海水が、地下に滞留して熱せられ湧き出している、別名「熱の湯」と呼ばれているものなのだそうです。

保温効果が高く湯冷めしにくいのが特徴で、妻も娘も 「入るだけでお肌しっとりスベスベ!」と上機嫌でした(意見には個人差があります^ ^)。


↑温泉は1,800mの地中から湧出しているのだとか。この標高をバイクで登ることを考えたら……深いっスね。

サイクリストにぴったり?寝落ち確実な「寝ころび湯」

吉尾が露天風呂と同じくらい気に入ったのが、外湯ゾーンにある 「寝ころび湯」。循環ろ過した天然温泉がサラサラと流れる石床の上に、仰向けに寝転んで楽しむお風呂です。

ロードバイクの前傾姿勢で疲労した、肩からふくらはぎまで、体の後ろ半分の筋肉をじっくりほぐせます。前側は外気にさらされているので、ちょっと長めに寝転んでいても、のぼせる心配はありません。あまりの気持ち良さについウトウト……ライドの後のリラクゼーションに超おすすめ!

内湯も充実!高濃度炭酸泉&2つのサウナ

天然温泉ではないけれど、内湯の“高濃度炭酸泉”もユニーク。ドイツの医療分野で積極的に利用されている炭酸泉を高濃度で再現しています。ちょうど炭酸飲料の喉越しを全身で体感する感じ。そんなシュワシュワが楽しい浴感は、最高のリラックスタイムです。また、炭酸の効果を高めるため、38度前後とぬるめに設定された湯温は、絶妙な長湯向き。

そして、体内に取り込まれた炭酸ガスは全身の血管を拡張し、血液の循環をよくする効果を持つので、冷え性、むくみ、やけど、切り傷、肩こり、関節痛、高血圧でお悩みの方におすすめなのだとか。こちらも、通常の湯船と、寝ころびながら浸かっていられる“寝湯”ゾーンがあります。

あと、温浴施設にはマストなサウナも、湯楽の里には2種類もあるんです。ノーマルタイプと “塩サウナ”。サウナ内に常備されたマッサージ塩を使えば、お肌がツルツルになりますよ。