カーボンシートポストをカットするときの作業のコツと道具選び

異音の解消のため、シートポストをカットしました。

>>ペダルを踏むたびにカチカチ音!シートポストをカットすると直るかもしれません | 凪ロード

不要な部分を切り離すだけなのですが、不器用な吉尾にとって“切断”は緊張する作業のひとつ (失敗のリカバリーができないからね〜^ ^)。今回は、我ながらうまくいったと思うので、備忘録的にまとめておきますね。ワタシを含め、ぶきっちょサイクリストの皆さまのお役に立てればありがたいです。
( ̄^ ̄)ゞ

カーボンシートポストの切断作業は5ステップ

カットの手順はこんな感じです。後半では作業に必要な道具もご紹介。

1.マスキングテープでカットラインをまっすぐにつくる

切りたい長さでマスキングテープをぐるっとひと巻き。テープをまっすぐに巻くことで、それをガイドに切り進みます。

2.ノコギリ引きは押し付けず、ゆっくりと。

カットには金ノコを使います。渾身の力をふり絞らなくてもサクサク切れますから、逆にリキみすぎて切り口が曲がってしまわないように……。慎重に動かしていきましょう。


切りカスが大量に出るので、新聞紙などの養生はマスト

3.多少のウネリはヤスリで調整

素人の手作業ですから、スパッと平面にはなりません。切断面はヤスリで整えましょう。

4.ポスト内のカスは濡れたウエスで拭き取り

シートポストの空洞には切りカスがたまっています。エアダスターで吹き飛ばすと残念なことになりますので、濡らしたウエスで拭うか、掃除機で吸ってしまいましょう。

5.切り口を瞬間接着剤で固めたら出来上がり!

切り口をヤスリで整えたあとは、カーボン繊維がほつれないように、瞬間接着剤で固める方が多いようです。


瞬間接着剤は刷毛タイプが使いやすい


↑ 28g軽量化(^^)使い道はないのに捨てられない……カーボン信仰?

白い粉のナゾ。ひょっとしてカーボンじゃないの?

作業してみて不思議だったのが、切り進むたびに“白い粉”がでてくること。カーボン繊維をカットした時は黒い粉だらけになると聞いていました。

カーボンとは名ばかりで、アルミにカーボンシートを巻いた“アルカーボン”だったのかと思いましたが、切りカスは金属というよりガラス質っぽい。グラスファイバーの釣竿をカットした時に似ています。でも、グラスファイバーならば、中空ってことはないだろうし……うーむ、ナゾです。


カーボンって書いてあるんだけどね(^^)

シートポストカット7つのアイテム

最後に道具揃えについて。今回は自転車専用工具を一切使わないので、チャレンジしやすいハズ!

1.切断には“金ノコ”を使おう

カーボンシートポストをカットするメインの道具といえば、金属用のノコギリ。通称“金ノコ”です。金ノコには3つの種類がありますが、シートポスト用に初めて購入するなら“直線型”がおすすめ。

洋ノコ型は押して切るのに適していますが、直線型は押し引き両方に対応しています。カーボンのシートポストをカットするなら、”引き切り”の方がコントロールしやすいですよ。

<直線型>

<洋ノコ型>

<ハンディソー>

吉尾は好みでハンディソーを引き切り仕様で使っています。

2.金ノコの刃は引き切りでセットしよう

次のアイテムは金ノコの“刃”。1でお話したように、ノコギリを引いた時に切れる向きにセットしましょう。


ギザギザの角度が立ち上がっている方を手前に。矢印が書いてあるものはその方向に切れるというサイン

また、新たに金ノコ刃を用意する場合は、「一般用」と書いてある廉価版で十分ですが、歯数は32山がおすすめです。カーボンの繊維を断ち切るから細かい方が良いかなあと思いました。

今後の使い勝手も考えて「ステンレス用」をチョイス。

3.ヤスリ(サンダー)

サンドペーパーでも良いけれど、平滑を出しやすい替刃式のサンダーが便利。

4.瞬間接着剤

今回は刷毛タイプを用意。ノズルよりも使いやすかったです。

5.マスキングテープ

本来は養生用のテープですが、今回はカットの目印として使いました。糊が残らないのでグッド!

6.あると安心!ソーガイド

まっすぐにカットするための道具。今回は使いませんでしたが、作業の安全性もアップするのでおすすめ。

7.作業用手袋

手の保護のため手袋は着用しましょう。加えて、転がりやすい丸パイプをカットするため、軍手より滑り止め加工されたものや皮手袋の方が押さえが効くのでベターです。

おまけ:パイプカッターは使用不可

アルミやスチールなど金属パイプの切断には便利なパイプカッターは、カーボンパイプには不向き。カッターの圧力で割ってしまうことがあります。

吉尾エイチでした。m(_ _)m