ニギヤカだけどしっかりホールド!使い勝手のよいシリコン製スマホ・ホルダーを見つけたよ

以前はハンドルにつけたiPhoneで速度やケイデンスを確認していましたが、落として画面を割ってしまってからは、サイコンにチェンジ(と言ってもアプリ連動タイプだけど)。それ以来、iPhone の定位置は背中のポケットになりましました。

>>【Bluetoothサイコンの詳しい比較】キャットアイの「ストラーダ・スマート」とトピークの「パノコンピューター」を両方使ってみたレビュー | 凪ロード

でも最近は、知らない道を走ったり、わざわざ坂道を登りにいったりと、iPhoneを見たくなるシーンが増えてきました。初めての場所ではルートを確かめたくなりますし、坂道では斜度が知りたくなってしまうんですよねえ……。

そのたびに足を止めて、背中のポケットから取り出して、というのもだんだん面倒になってきたので、スマホ・ホルダーを復活させることにしました。


↑今度はステム・オン!せっかく長くなったしね(^^)

>>3cmの違いにびっくり!ステムを長くしたら下り坂が劇的にラクになった件 | 凪ロード

アマゾンで見つけたシリコンタイプが想像以上にグッド!

今回セレクトしたのは、シリコンバンドでスマホをホールドするタイプ。台座もシリコン素材なので、ギャップを越える時にバタついて、スマホがステムに当たります。でも、その音以外は、個人的にかなり満足のいくスグレモノ!

↑サイコンはスマホアプリで十分!という方にも全力でおすすめできるアイテム

とはいえ、ノーブランドの廉価アイテムですから、ご不安に感じる方もいらっしゃるかと。そこで今回のレビューはQ&A形式でお伝えすることにしました。

Q1:結構重いんじゃないの?
A1:実は軽いんです!

ホルダー+台座で約50g。定番のミノウラiH-220シリーズ が約150gですから、100gも軽いんです。

Q2:走っているうちにズレたりしないの?
A2:意外とズレません!

滑り止めのパーツとバンドもシリコン素材なので、かなり踏ん張ってくれますよ。工夫すればタイラップも使えそうなので、さらにガッチリ取り付けられるはず。


↑台座自体がコンパクトなところもお気に入り!

Q3:スマホのつけ外しが面倒でしょう?
A3:2ピースタイプなのでカンタン!

ライド中にバイクから離れる際、ホルダーからスマホを外す手間がややこしいとゲンナリしちゃいます。このモデルは、スマホを固定するパーツと台座部分に分かれるので、 “180°回転→スライド”で所与時間は2秒。ライド中のつけ外しにストレスはありません。

Q4:ほんとはスマホが外れやすいのでは?
A4:シンプルだけど構造的に外れません!

つけ外しがしやすいけれど、走行中には外れない構造になっています。ホルダー部分を90°以上回転させることで、ダイヤル錠のように台座にロックされます。シンプルだけど確実な方法です。


↑ステムで縦使いする場合は180°回転させるので、最初は逆さまにスライドイン!

実際に走ってみましたが、シリコン素材の部分も問題ナシ。iPhoneを包むネット状のパーツもステムに取付けるベルトも、しっかりホールドしてくれています。


↑どちらもいつかは切れる時がくるのでしょうが、その時はその時(^^)

Q5:カメラが使えなくなるでしょ?
A5:レンズへの干渉はありません!


↑フラッシュにかぶってしまうのはご愛嬌!

Q6:さすがにTouch IDはムリでしょ?
A6:ご心配なく!指紋認証もOKです。


↑充電コネクタの位置も計算されています

Q7:ハンドルにはつけられないの?
A7:もちろん、大丈夫です!

Q8:横画面の方が好みなんですけど?
A8:縦横どちらでも使えます!


↑ハンドルに横位置で取り付けると、サイコンというよりカーナビっぽいですね。

Q9:iPhone XとPLUSに使える?
Q9:もちろんです!

4〜6インチの画面サイズに対応しています。iPhone Xは5.8インチとiPhone 8 PLUS
は5.5インチですから、どちらもカバー範囲です。ちなみに、吉尾のiPhone7は防水ケースをかぶせているため、iPhone以上 PLUS未満という中途半端な大きさ。そんな規格外のサイズにも、伸縮自在のシリコンネットがぴったりフィットします。

Q10:で、お値段はおいくら?
A10:な、なんと1,580円(購入時)!

ノーブランドでリーズナブルとくれば、耐久性に不安を感じなくもないですが、目で見た限りではお値段以上のクオリティだと思います。少々短命だったとしても、使い勝手が良いのでリピートしてしまいそうです。

※それでも「落下が怖い……」という方には、耐衝撃&防水ケースとのコンボがおすすめ!突然の雨にも頑張ってくれますよ(^^)

>>さらばジップロック!iPhoneの “汗対策”に防水ケースを使ってみたら、おすすめできちゃう便利さでした | 凪ロード

便利なことは間違いないけど、なんだか散らかってきちゃったかも(^^)

実際にiPhoneをつけた姿を眺めると、結構ボリューム感があって、どことなく野暮ったさを感じないこともない。ライトやサイコンもついているから、ごちゃごちゃしてきた印象はぬぐえませんσ(^_^;)


↑モバイルバッテリーのためにトップチューブバッグも……

ガーミンとかレザインとかGPSサイコンに替えれば、欲しい機能はまかなえるし、見た目もスタイリッシュになる。でも、気に入っているリストバンド心拍計(Xiaomi Mi Band 2)とペアリングできなくなくなるかもしれないのがコワいので、今のところはこのホルダーで楽しんでみたいと思います!

>>【リストバンド心拍計への道ー3】Xiaomi Mi Band 2の心拍計はライド中もなかなかの精度ですよ(^^) | 凪ロード

吉尾エイチでした。m(_ _)m