【ディズナ・ファストペダル:後編】それでもSPDよりルックKEOタイプが気に入ってしまった、たったひとつの理由

0


    前回に続いて『ディズナ・ファストペダル』のファースト・インプレ。同じディズナの『ロードトリップ48ペダル』(SPDタイプ)と比較しながらおおくりしております!

    ( ´・ω・)⊃関連記事です
    【ディズナ・ファストペダル:前編】ビンディングペダルをSPDからルックKEOタイプに替えてみた



    『ファストペダル』のクリートは「ルックKEOタイプ」。SPDタイプと比べると、踏みやすいけれど、歩きにくいしつけ外しもしにくい、というのが前回の感想でした。今回は重さやモロモロの使い勝手について迫ってみましょう。



    ◆ペダルとクリートを合わせた重さはほぼ互角

    ロードバイク乗りの性、重量測定から(^^)どちらも片足のみで計っています。



    ●ルックKEOタイプ
    クリート:40g
    ペダル:145g
    合計:185g



    ●SPDタイプ
    クリート+アダプター:44g
    ペダル:122g
    合計:166g



    クリートとネジを合わせた重量はそんなに違いはありませんが、ペダルはルックKEOの方が2割ほど重い。踏面が広いから当たり前といえば当たり前ですね。


    ただ、『ロードトリップ48ペダル』はQファクター(クランク取付ネジからペダル中心までの距離)が短いのです。そのぶんを差し引くと、ほぼ同じくらいの重さなのではないかしら。


    ↑ファスト・ペダルの方が大柄でシャフトも長いのです



    ◆クリートの削れ方がハンパない!

    これは盲点でした。SPDもアダプター部分がすり減っていくのは覚悟していたけど、ルックKEOの減り方はさらに凄まじいものがあります。


    ↑50キロ乗っただけでこの有様。これが普通なのかしら?


    自転車を降りて歩くことはほとんどなかったので、ストップ&ゴーの時の「足つき」が原因。発進するときに左足で地面を蹴る癖を直せばもう少し改善されるのかもしれませんが、それにを差し引いても、ちと削れすぎでは?ランニングコストもバカにならないので、今後の研究課題です。


    ↑クリートカバーも必要か?



    ◆スニーカーでも漕げるのが地味に助かる!

    SPDペダルに替えて、唯一不便に思っていたのが、スニーカーで漕げなくなってしまったこと。かなりコンパクトなタイプを選んでしまったので、ビンディングシューズでないと却ってキケンな状態になってしまうんです。

    ↑ロードトリップペダル(SPD)はとにかくコンパクト


    『ファスト・ペダル』は踏面は大きいし比較的フラット。近所のコンビニくらいまでならなんとかなりそうです。さらに、スニーカーで基本スキルを練習できるというのがポイント高いです。




    スタンディングスティルとか、両手放しとか、8の字とか、バイクコントロールのトレーニングをするときは、ビンディングは極力使いたくありません(すぐに足をつけないと危ないからね)。かといって、その都度フラットペダルに付け替えるのもおっくうでしたので……σ(^_^;)



    ◆「踏みやすい」ただそれだけでルックKEOに乗り換え決定!

    客観的、かつ総合的に判断するならば、SPDタイプの圧勝。歩きやすいし、つけ外しもラク、クリートの持ちも良いから経済的。だけど、KEOタイプの踏みやすさは、一度味わってしまうとあとを引きますね。さすがロードバイク専用アイテムです。




    歩きやすさにこだわって、SPDペダルを選んだけれど、今のワタシの乗り方では、そもそも歩くシーンが少ないことに最近気がつきました。一度自転車に乗ると、帰ってくるまでほとんど乗りっぱなし……σ(^_^;)ならば、ペダルを回す時間をさらに気持ちよくさせてくれる、ルックKEOタイプをしばらく使ってみようと思った次第。

    ↑自転車から降りるのはコンビニ補給のときくらい(^^)


    いろいろ調べて考えて選ぶことも大切ですが、使ってみて初めて自分の好みがわかることもありますよね。この「凪ロード」が、そんな気づきのきっかけくらいにはなれたら……サイコーに幸せです!


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【ディズナ・ファストペダル:前編】ビンディングペダルをSPDからルックKEOタイプに替えてみた

    0

      ↑きっと3倍速くなるに違いない
      ( ̄∀ ̄)


      フラペからSPDペダルに替えてみて「足とペダルがくっついてるってスバラシイ」と感心しきりな吉尾です。ペダルの扱いにもだいぶ慣れてきたので、以前の記事でも書いたとおり、SPDーSLタイプのビンディングも試してみることにしましたよ!


      SPDに不満があるわけではないのですが、SPD&SPDーSL兼用シューズ『シマノ・SH-R065』を愛用しているからには、両方とも体験してみたかったからです。わざわざシューズを買い換えなくても良いので、お財布にも優しいのです(^^)v

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【SH-R065+クリートアダプター】ビンディングシューズの歩きやすさはカカトがキモ?




      ◆正確にはSPDーSLではなく、ルックのKEOタイプ

      今回もSPDと同じくディズナのペダルにしました。『ディズナ・ファストペダル』のクリートはルックのKEOタイプ。SPDーSLと取付穴の位置が同じなので、シューズは共通のものを使えるのです。


      ↑左がSPD、右がルックKEO。ファストペダルの付属クリートは台湾のペダルメーカー『ウェルゴ』の互換品


      ただ、KEOタイプのペダルにSPDーSLのクリートは使えません(逆パターンもNG)が、新品ペダルは大概「クリート付き」ですから、その辺はあまり気にしなくても大丈夫です。



      ◆歩きやすさは、やっぱりSPDの勝ちでした

      ビンディングシューズの歩きやすさは、クリートの種類ではなくて、カカトの"高さ"とシューズの"反り"なのでは?という気づきを書いたことがあります。


      今でも間違いではないと思っていますが、歩きやすさのポイントはそれだけではなかったのですね。ルックKEOクリートで歩いてみてびっくりしたのは

      「めっさ、スベるやん、これ!」

      つま先が上がる「ペンギン歩き」の度合いは、アダプターをつけたSPDシューズとあまり変わりません。しかし、このクリートのスベりやすさといったら……ちゃんと歩くには結構な技術がいりますよ、ジッサイ(^^)SPDと比べてみると接地面が極端に少ないので踏ん張りが効かないのかもしれません。


      ↑見た目はそこまでスベるようには見えないんですけどね……



      ↑クリートの高さはそれほど違いはありませんが、接地面が少ない



      ◆踏みやすさはKEOクリート

      このあたりの感覚は個人差があるのかもしれませんが、ペダルを踏んだ時のフィーリングはKEOクリートの方が好み。一般的に言われているとおり、踏面が広いからワタシのようないい加減なペダリングでも、なんとなくチカラが伝わってる感じがします。


      ↑足の裏全体で踏めるのが良い感じ


      ただ、左右に9°動かせるクリートなので、慣れないうちはウニウニする挙動に戸惑いがありました。SPDも可動タイプのはずなのですが、実際はあまり動かないのです。

      ↑アダプターがクリートの動きをほどよく制限しているのかしら?


      そうはいっても、すぐに慣れてますし、ガチガチに固められていると、かえってヒザに負担がかかる場合があるそう。初心者にはこのくらい動くクリートの方が安全なのでしょうね。



      ◆つけ外しは圧倒的にSPDのマルチクリートがラク!

      2タイプのクリートはそもそもの目的が違うので、比べてしまうのは酷というものなのだけれど、信号待ちの度にストップ&ゴーを繰り返す公道では、着脱のしやすさも無視できないポイントです。


      煩雑につけ外しができるように考えられたSPDクリートの着脱は、当然ラクチン。特にワタシのクリートはマルチリリース・タイプなので、ポロッと外せます。

      ( ´・ω・)⊃関連記事です
      【SPDクリートの違い 】マルチリリースタイプならフラペ感覚で外せますよ〜



      一方、高負荷のペダリングでもペダルからシューズが外れないように考えられたKEOタイプは、ハメるのもハズすのもSPDに比べるとチカラが必要。付属のクリートは9°の可動タイプだから、可動域を超えるまで捻らなければ外れません。


      ↑外れるまでのスライド幅が意外とある。もちろんバネは最弱設定


      まだ立ちゴケはありませんが、未遂は何度も……σ(^_^;)危なくなっても上方に「むしり取る」なんて邪道な外し方は一切できませんので、着脱の練習は念入りにやりました。



      ◆重さの違いなどモロモロは後編で!

      KEOタイプとSPDタイプの使いやすさを比べてきましたが、途中経過は「歩きやすさ」と「着脱のしやすさ」で2勝をあげたSPDが優勢です。果たして、わざわざルックKEOタイプのペダルを買い足した意味があるのか?σ(^_^;)


      次回は重さなどについてもチェックしてみたいと思います。

      後編に続く


      吉尾エイチでした。m(_ _)m





      【パールイズミ・クールネスソックス】案の定、薄さとメッシュが気持ち良いぞ〜

      0


        勢い込んで購入した「パールイズミ・プレミアムソックス」ですが、やはり真夏に履くとちょっぴり暑いです。予告どおり「クールネス・ソックス」も買ってみたのでレビュー!せっかくなので、プレミアムソックスと比較しながら書いてみますね。


        ( ´・ω・)⊃関連記事です
        【パールイズミ ・プレミアムソックス】生まれて初めての2000円ソックスの実力




        ◆薄手だからぴったりシューズに超グッド!

        なんといっても薄手加減が絶妙です。タグにも書いてある通り、タイトフィットのシューズに合わせるには重宝します。シューズの中に余裕が生まれるので、そのぶん通気も良くなった感じがします。




        コンプレッションはプレミアムソックスよりも緩めですが、ダブついたり、ずり下がったりは皆無です。左右の区別もありません。プレミアムソックスの締め付け感が気になる方には、クールネスソックスの方が気に入っちゃうかもしれません。


        ↑足裏にはやっぱりロゴが(^^)


        ◆大盛りメッシュが実に快適です

        このソックスのもう1つの特徴は、メッシュ使い。足の甲はもちろん、足首の前側やアキレス腱あたりも編み目を大きくしています。同じ糸で編み方を変えているあたり、地味に凝ったつくりです。






        おかげで、涼しさはプレミアムソックス以上!看板に偽りなしです。このクオリティと快適さで、お値段はプレミアムソックスの6割。活躍期間が短めのシーズンアイテムとはいえ、結構なコストパフォーマンスです。



        ◆「ムレない」は実感。「疲れない」はやや実感(^^)

        薄手で通気性にこだわったつくりなので、ムレにくいのは確か。最長で50キロくらいの距離しか走れていませんが、サラッとした感覚が持続します。最高気温が25度を超えるようになると、真価を発揮するソックスです。




        でも「疲れない」方については、感じ方にかなりの個人差がありそうです。ワタシ的には、土踏まずのサポートのおかげというよりは、薄さやぴったり感、そして通気性といった全体的な心地良さ故、「疲れを感じにくい」といった印象でした。300キロとかタフなロングライドなら、ハッキリとした違いを感じられるのかもしれませんね。



        とはいえ、買って後悔したのか?と聞かれれば、答えは「否」。耐久性さえ見極められたら、リピート確実の快適アイテムです。


        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【ロードバイクの日焼け対策:その2】アーム&レッグカバーは真夏も手放せなくなりそうです(^^)

        0


          以前書いた「ヘルメット焼け」に続いて、ライドの日焼け対策を強化しました。昨年は「暑い時間には走らない」作戦を敢行していたので、大した対策もしておりませんでした。今年の夏は一番暑いお昼から出かけることが多くなり、いよいよUVケアも必要かと。

          ( ´・ω・)⊃関連記事です
          【ロードバイクの日焼け対策】ヘルメット焼けにはご用心!



          べつに美肌を追求しているわけではなく、日に焼けてしまうとぐったりして、その後使い物にならなくなってしまうのですよねえ。(若いときはそんなことなかったのですが……(T ^ T)


          というわけで、日焼け防止の定番アイテム「アームカバー&レッグカバー」を導入してみました。



          ◆日差しにさらされ続ける腕は完全にブロックできないのか?

          今回選んだアームカバーは、おたふく手袋の「ボディタフネス」。愛用している長袖インナーと同じシリーズ。表側は触るとヒヤッとする接触冷感生地、陽に当たらない腕の裏側はメッシュ使いという通気性にこだわったモデルです。


          インナーはお値段以上のパフォーマンスを発揮してくれて、大変助かっている「おたふくブランド」ですが、自転車に乗っている間中、強い日差しにさらされる腕はさすがにブロックしきれなかったようす。2回ほど炎天下のライドで着用しましたが、うっすらと日焼けしてしまいました。


          ↑UVカットもしっかり謳われているけれど…


          ワタシの肌がヘタレすぎるのか、そもそもアームカバーとはそういうものなのか……とはいえ「生腕」で乗るより100倍ラクなので、この夏はボディタフネスのお世話になるつもり。肌触りと通気の良さを気に入ってしまったんですよね。

          ↑メッシュ部分は見た目とは裏腹に非常にソフト


          他のおすすめブランドはCW-X。ネット上の評判良いです。使ったことはないので、紫外線を完全にブロックしてくれるかはわかりませんが…σ(^_^;)



          ◆夏のレッグカバーは「モーゼン」良いですよ

          秋冬でレッグカバーの便利さに惚れてしまったワタシ。真夏用は、以前から気になっていた「モーゼン」をゲット。




          あまり聞いたことないブランドの割にはお値段が高めだけど、パールイズミやシマノなどメジャーブランドに比べたら半額程度。それでいて、腿裏にメッシュ生地を使っていたり、ずり下がり防止にかぶれにくいラッセルテープを採用したりと、なかなかのつくりです。


          ↑メッシュの涼しさはハズせません


          個人的に一番気に入ったのは、サイズと薄さ。Sサイズが用意されているから小柄なワタシでもぴったり着用できますし、薄すぎない生地が紫外線をしっかり防いでくれます。


          ↑ゴツい縫い目ですが、全くノーストレス



          ↑腿の滑り止めはラッセルテープ。炎天下を走り回って大量の汗をかいても、一切かぶれなし!


          真面目なハナシ、こいつは掘り出し物だと思いました。夏用のレッグカバーを探しているなら、試してみる価値アリアリです。



          <関連記事>
          【秋のサイクルウェア】レッグカバーは確かに便利でちょうどいい!



          ◆濡らして走ればSO COOL!

          自転車に限らず、紫外線の強いこの時期は帽子にサングラス、長袖・長ズボンなんていう完全フル装備の方を良く見かけますね。「いくら何でも炎天下にその格好は暑すぎるでしょ?」そう思い込んでいましたが、まさに全くの思い込みでした。


          ↑たまには自撮り!暑苦しく見えますが、意外と快適っす(^^)


          アーム&レッグカバーを使ってみると、半袖ジャージ&レーパンだけで走るよりワタシは快適に感じました。

          1.通気性が工夫されているので、見た目より涼しい

          2.肌の温度が上がりにくいので、疲れにくい

          3.日焼けを抑えられるので、ライド後もぐったりしない



          それでも暑くなってきたら、カバーに水をかけて走るのがおすすめ!素肌ではすぐに乾いてしまいますが、カバーなら生地が水を含むぶん、気化熱による冷却効果が長く続きます。


          この方法で、最高気温34℃の中、5時間走っても何とか生きていましたので、真夏のライドに「アーム&レッグカバー」は、かなり効果的な組み合わせだと思います。長袖ジャージとロングタイツを新調することに比べたら、お値段も相当リーズナブル。気軽に試せるのも嬉しい、優秀ウェアです!


          ↑水着のお姉さん溢れる三浦海岸を、この格好でで通り過ぎる時は凄まじいアウェイ感を感じますが(^^)


          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          【バイクガイ・どこでもホルダー】ドリンクボトルを手軽に手元に!

          0


            この夏、わが家の娘が初めてのアルバイトをします。雇っていただいたのは、5キロほど離れたところにある市民プール。自転車で通うというので、彼女の愛車「ダホン・ボードウォーク」にボトルケージをつけてみました。頼まれたわけじゃないけど、真夏ですからね。通勤で脱水症状にならないとも限りません。(過保護過ぎ?)



            ◆実は旧いボードウォークにはボトル取り付け穴がないσ(^_^;)

            でも、いざ取り付けてみようと改めて自転車を眺めてみると……「あれ?」

            ボトルケージを取り付けるためのネジ穴がない!


            ↑つんつるりん♪


            現行モデルはちゃんと付いているので、てっきりわが家の2004年型にもあると思い込んでいましたσ(^_^;)


            <出典元>サイクルガジェット


            まあ、例え穴が開いていたとしても、上のサイクルガジェットさんの画像のように、サドルからはかなり離れた位置。ここにケージをつけてしまうと、乗りながらの給水は少々アクロバティックな体勢になりそうです。あまり自転車に乗らない娘には残念ながら使いこなせないでしょう(^^)



            ◆文字どおり「どこでも」つくホルダーを発見

            例のごとく、アマゾンをつらつらみていくと……良いものがあるぢゃないですか!

            「どこでもド…ホ、ホルダー!」

            危うくタイトルコールを間違えるところでしたσ(^_^;)その名の通り、ボトルホルダー(ケージ)をどこにでもつけられるというマジックアイテムです。




            走行中でも、すぐ手が届く位置ということで、ハンドルポストに取り付けてみました。


            ↑なかなか良い感じです!


            取り付けは、呆気ないくらいカンタン。どこでもホルダーにボトルケージをネジ込んだら、幅広のベロクロで巻きつけるだけ。所用時間はわずが5分(^^)




            ハンドルポストに密着させるスペーサー(というより、これが本体?)の素材がベタッとしたゴムなので、思った以上にしっかりくっつきます。ボトル一本程度の荷重なら屁でもない感じ。走行中にずり下がるなんて「あるある」も、どこでもホルダーに関してはノープロブレムです。



            ↑ゴム素材のスペーサーがいい仕事しています。
            ↑ケージ付きもオトク!



            ◆ボトルケージはペットボトルもOKのトピーク・モジュラーケージ

            ボトルケージは、ペットボトルやマグボトルを入れられるように、太さを変えられるタイプ。ワタシのルイガノから移植しました。



            自転車用のドリンクボトルを使わない方でも、フレームにボトルを収納できるからオススメ。いちいちバッグから取り出して補給するのは、意外とおっくうなものですからね。まとまった距離を走るなら、装備しておいてソンのないアイテムです。


            ↑ワタシのツールボトル用ケージはミノウラの赤いデュラケージに…これで3倍速くなるのだ!





            おまけ◆ロードバイクで「もう一本!」ならこちらもオススメ

            このツールボトル収納用に昨年追加したのが、「エリートVIPボトルケージクリップ」。どこでもホルダーと同じく、ボトルケージの取り付け穴がないところにもケージを増設できるスグレモノです。




            見た目よりも取り付けに手間がかかるのが難点ですが、コンパクトなのでダウンチューブの下側に吊り下げるなら、「どこでもホルダー」よりこちらの方がオススメです。



            ( ´・ω・)⊃関連記事です
            【エリートVIPボトルケージクリップ】ボトル2本体制でツールボトルのお引っ越し


            夏のライドは、一にも二にも水分補給。どこでもホルダー&ボトルケージクリップで補給しやすい自転車にカスタマイズしちゃいましょう!


            吉尾エイチでした。m(_ _)m





            | 1/68PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << August 2017 >>

            ■スマホ版で表示■

            selected entries

            ■関連記事■

            categories

            archives

            recent comment

            • 【ロードバイクのステム交換】しっかりチェックしたいステムの5つの寸法
              吉尾エイチ (08/21)
            • 【ハブのグリス】悪い状態の画像はあるけど、良い具合ってどんな感じなんでしょう?
              吉尾エイチ (08/21)
            • 【ロードバイクのステム交換】しっかりチェックしたいステムの5つの寸法
              L (08/21)
            • 【ハブのグリス】悪い状態の画像はあるけど、良い具合ってどんな感じなんでしょう?
              L (08/21)
            • 「やまめの学校」@目黒に参加してみた<前編>ー「自転車の教科書」の世界にちょっぴりタッチ!
              A (08/21)
            • 【ロードバイクの日焼け対策:その2】アーム&レッグカバーは真夏も手放せなくなりそうです(^^)
              yoshimotoya120 (08/19)
            • 【バイクガイ・どこでもホルダー】ドリンクボトルを手軽に手元に!
              吉尾エイチ (08/16)
            • 【バイクガイ・どこでもホルダー】ドリンクボトルを手軽に手元に!
              yoshimotoya120 (08/16)
            • 自転車趣味の究極の「粋」とは?
              yoshimotoya120 (08/14)
            • 自転車趣味の究極の「粋」とは?
              吉尾エイチ (08/14)

            profile

            ブログパーツUL5

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode