【小田原の名物グルメ】「かまぼこ」と「あんぱん」の和洋折衷で攻めてみた(^^)

0


    横須賀の自宅から小田原まで往復115kmのライドも数回目。最初は行って帰るだけで精一杯でしたが、最近ではクランクを回すこと以外にも気を回すゆとりが、ちょっぴり出てきました。


    というワケで今回は、ロングライドのお楽しみのひとつ、「ご当地グルメ」を堪能してみました。



    ◆王道中の王道「小田原のかまぼこ」を食べ歩き!

    小田原名物といえば、まっさき思い浮かぶのが「かまぼこ」を代表とする魚の練り物。豊かな漁場とかまぼこ作りに適した水に恵まれた小田原ならではの特産品です。国道1号線から一本海側に入ったところは、その名もズバリ「かまぼこ通り」。老舗のかまぼこ屋さんが軒を連ねる、なかなかに風情のあるストリートです。




    数あるかまぼこ屋さんの中で今回お邪魔したのは、創業236年の『鱗吉(うろこき)』さん。店頭の「食べ歩き限定」の文字に吸い寄せられてしまいましたσ(^_^;)


    ↑食べ歩き限定『じねんじょ棒』!


    大山産の自然薯と白身魚で作った、ボリューム満点の揚げかまぼこ(?)。アツアツの出来たてをいただくわけですが、カリふわの食感と強めに効かせた胡椒の風味がたまりません!ほぼ下戸のワタシでもビールが飲みたくなってしまったほど。当地でしか食べられない限定品ですから、試してみる価値アリアリですよ。


    ↑神奈川の地酒を楽しめる利き酒コーナーも併設!今度は電車で来てみようかな(^^)



    ↑お土産には焼きかまぼこと黒はんぺんをゲット!どちらも上品なお味です。



    鱗吉(うろこき)さんHP



    ◆小田原には老舗のパン屋さんも多いのだ

    お城もあるし、かまぼこもあるし、純日本風のイメージが強い小田原ですが、実は何代も続く歴史あるパン屋さんが多いのです。明治以降、外国人の別荘地として発展した箱根が近いことと、近代日本の礎を築いた政治家や軍人、財界人たちが小田原に多く移住してきて、当時としてはハイカラなパンの文化を持ち込んだことに由来しているそう。


    ↑創業大正十年!「柳家ベーカリー」さん。和菓子屋さんみたいな店構え。


    そんな老舗のパン屋さんから選ばせていただいたのは「柳家ベーカリー」さん。まずもってパン屋さんには見えない歴史感溢れる佇まいです。お目当は看板商品の「うす皮あんぱん」。大きさといい、皮の薄さといい、パンというよりおまんじゅう感覚。あんこ好きは間違いなくハマる逸品です。


    ↑あんこがギッシリ!補給食にもピッタリ?



    ↑合わせ技で「バターチキンカレー」もいただきました!香辛料のブレンドが独特。



    柳家ベーカリーさん(食べログ)


    かまぼこもパンも好物のワタシ。小田原通いのたびに違うお店の味を楽しんでみようと思います!


    吉尾エイチでした。m(_ _)m





    【フィジーク・バーゲル2】アルミバイクの熱いバイブレーションをクールにするぜ!

    0


      30kmから50km、そして100kmとライドの距離が長くなればなるほど、ジワジワと効いてくるのが路面からのフィードバック。特にアルミフレームの自転車は振動が伝わりやすいので、ハンドルの「脱重」が上手にできないワタシには結構ツラかったりします。


      で、見つけたアイテムがフィジークの「バーゲル2」。医療用のゲルパッドが振動を和らげてくれるそうです。相変わらず、モンダイの本質には触れないで、即物的なカイケツを試みてみましょう!えへσ(^_^;)



      ◆気になる効果は……あるよ!(田中要次風)

      今回は結論からいっちゃいます。だって、こういう「アイデア商品」的なモノって、まあなんというかアレな感じもあるじゃないですか?でも、さすがはフィジーク!振動吸収だけにフォーカスすれば、取り付ける価値はあります。


      荒れた路肩で体感するような、高周波の振動はかなりソフトになりました!ガタつきからくる疲労の軽減はもちろんですが、自転車のコントロールもしやすくなるので、メンタル面でも助けられますよ。ワタシ的な投資対効果は二重丸です\(^o^)/


      ↑こういう細かい振動がある路面では効果を実感!効いてますよ!




      ◆しかし、美しくは……ない!

      なぜならば、グリップがめっさ太くなっちゃうから。細パイプの『ディズナ・Jフィットアーク』でもこのボリュームですから、通称の太さのハンドルに使ったら、どんだけゴンブトになってしまうのかしら。


      ↑見た目より握りやすいんですけどね。見た目がね……(^^)


      それを見越して薄めのバーテープにしたのだけれど、その効果は全く視覚化されてませんでした。ルックス重視ならもっと薄く、例えばコットン素材のバーテープの方が良かったかも。


      ↑バーテープはデダの穴あきタイプ




      ◆取付けは5分。狭いハンドルにはカットしてジャストフィット!

      バーゲルの取付けは至ってかんたん。バーテープを巻く前にハンドルにのせて、テープで止めるだけ。




      パッドの裏側には粘着性がありますが、バーテープを巻く時にはズレやすいです。テープ留めはした方がベター。


      ↑ハンドルに止めるテープも同梱されてます


      ワタシのハンドルは380mm幅と狭いから、そのままではハミ出してしまいます。「バーゲル2」は、ハンドルに合わせてカットしてもOK!貧乏性なので勿体無い気がしちゃうんですけどねσ(^_^;)


      ↑カット前のバーゲル2。かなりワイドなハンドルにも使えるビッグサイズ!



      ↑気になる重さは約100g(左右合計)。重量増はお腹のダイエットでカバーだっ!



      ◆繰り返し使えるクオリティの高さを実感

      バーゲル2のセールスポイントのひとつに「超高耐久」というのがあります。ただの高耐久ではありません。「超」です!実はバーテープの巻き方を間違えて、一度剥がしてから巻き直しているのですが、確かにちぎれる気配も感じられませんでした。バーテープは消耗品だけど「バーゲル2」は上手に使い回せば一生モノかもしれません(^^)


      ↑手荒に扱わないように「バーゲル入ってます」シールも付いてくる!



      ◆他にもあるぞ!振動を軽減するパーツ達

      バーゲル2の他にも導入を検討したパーツをご紹介。メカニックなアプローチで、ハンドル回りの振動を和らげてくれるようです。


      ・ShockStop「サスペンションステム」

      効果は一番ありそうなので、相当ヨロめいてしまったアイテム。しかし「ステムにこの値段を出すのならカーボンハンドルを買った方が良いのでは?」と迷いに迷った末ペンディングσ(^_^;)



      ・ボントレガー「バズキル」

      知る人ぞ知る振動軽減パーツ。エンドキャップのような目立たないルックスなのに、効果には定評がある様子。バーエンドにはバックミラーをつけておきたかったので断念(T ^ T)

      バズキルは通販不可ですが、サイクルヨシダさんに商品紹介ページがありました。


      バズキルはお値段も手頃。いまだに気になるパーツです。ハンドルのゴンブト化もありませんから、見た目も良さそう。


      吉尾エイチでした。m(_ _)m





      オラオラ?まったり?サイクリストとドライバーの国道別傾向と対策(笑)

      0


        自宅から60kmほど離れた「小田原通い」を始めて数回目。同じコースを通っていると、道ごとに特色というか、走っている自転車にもクルマにも「道のカラー」みたいな一定の傾向があるものだなあと感じました。



        ◆R134号のサイクリストは「まったり系」だけどドライバーは……

        自宅のある横須賀から小田原に行くには、国道134号と1号、2つの国道を跨いで走ります。往路でいえば、自動車専用道の西湘バイパス手前の「大磯」(毎年クリテリウムがありますね^ ^)までが国道134号、そこからスイッチして小田原までは国道1号です。


        ↑ここが分かれ目


        国道134号は、ご存知の通り海沿いのフラットコース。数々のヒット曲やドラマの舞台になるだけあって、景色も雰囲気もバツグンです。


        トンネルを〜抜けきると〜の材木座


        沿道にはオシャレなお店も多いから、ガシガシ回すというよりは、入る店を選びながらゆったりと流すサイクリストが多いですね、やっぱり。そういうロケーションだからか、カップルも含めて女子率が高いのも特徴です(^^)


        ↑鎌倉〜江ノ島間は渋滞が多い=スピードを出しにくいってのもある


        しかし、クルマのドライバーとなると、結構ハードな方もいらっしゃる。特に大型トラック!行きと帰りと必ず一回以上は幅寄せされます(T ^ T)江ノ島より西は片側2車線で、スペースには余裕があるはずなのに、わざわざ被せるように走り抜けて行くんですよねえ……とても不思議。


        ↑茅ヶ崎〜大磯間は上りも要注意!


        信号の間隔が広く、自転車以上にクルマのペースが上がる区間だから、早め早めの対処がポイントです。


        ↑こういう時、バックミラーは超便利!

        ( ´・ω・)⊃関連記事です
        【ロードバイクのバックミラー比較】視力が衰える中高年向きモデルはコレだ!



        ◆国道1号のサイクリストはマッチョなオラオラ系

        一方、「1国」は対照的でガチでカッ飛んで行くローディ率がハンパないです。特に上り方面。箱根の山を登って降りてくる人だから、脚力も相当なのでしょう。マシンもルックスも見るからに本気で、実際速い!あっという間に見えなくなってしまうほど。


        でも、同業からガンガン煽られると、正直凹みますね。片側1車線で逃げ場がないから、仕方がないとは思うのですが……(T ^ T)




        却ってクルマのドライバーの方がジェントルだったりします。大型トラックに幅寄せされることもなければ、交差点で対面する右折車に、無茶なタイミングで進路をふさがれることもありません。全体的に配慮いただいている感じが伝わってきます。なので、自転車にとっては道幅のわりに走りやすいのです。


        自転車にとっては、なんとなく一国の方がサバイバルなイメージを持っていたので、とても意外。こういうことって、交通の流れに乗れるクルマやオートバイではなかなか気がつかないものですからね。自転車ならではの発見でした!


        吉尾エイチでした。m(_ _)m





        【グリコ・CCDジェルドリンク】トロッと濃厚なジュースが刺激的!

        0


          カロリーと重さ、そして価格というスペックだけで補給食に選んだ「グリコ パワープロダクション ワンセコンドCCD ジェルドリンク」。先日のライドで初めて食べたら「!」。思っていたのとは全く違う食べ物(正確には飲み物)だったのでレビュー。

          ( ´・ω・)⊃関連記事です
          【エナジーゼリーのベスト・バイ】最後の踏ん張りに!ぷるるん系補給食の賢い選択はどれだ?



          ◆ゼリーではなくジェルドリンクなのねσ(^_^;)

          前回の記事では、ウィダーイン・ゼリーと同じ仲間として扱ってしまいました。パッケージが似ていたので、そう思い込んでいましたが、中身は全くの別物でしたm(_ _)m




          何が違うって「ゼリー」なんて1ミリも入ってない!しかも味がめっさ濃ゆい!カルピスの原液というか、トマトピューレというか、トロッとした液体をそのままグイッと飲む感じ。味も食感も全くの想定外だったので、目を白黒させてしまいました。


          ↑「ジェル」と書いてあるものには「ゼリー」は入ってないのですね(^^)



          ◆ゼリーよりも早く飲めるから、ライド後半にぴったり

          びっくりはしたけれど、実は気に入ってしまいました、コレ。液体オンリーだからゼリー以上に一気に飲めるし、吸収も速そう。


          「ワンセコンド」なんてフカシすぎじゃね?なんて思っていましたが、初めてでも信号待ちの間に補給できちゃいましたから!へばって何も口にしたくないロングライドの後半戦でも飲むだけならできますからね。


          ↑「瞬間補給」に納得。慣れればペダルを回しながらでもイケそうですよ



          ◆濃い味の刺激が疲れたカラダに喝を入れてくれる……気がする

          ロングライドの後半といえば、ドリンクの味にも飽きてきて、味覚的な刺激も欲しくなるころ。このジェルドリンクなら、濃厚な味が良い気分転換になります。


          ↑コーラに混ぜても美味!


          今回の「クリアレモン味」は、酸っぱさがガツンと脳天に響くレベル。気持ちがシャキッとして、「ペダルを回そう!」という気分がググっとアップ!実際に足が回るかは置いといて、気分が大切ですからね、気分がσ(^_^;)



          味覚の刺激が、気合にもつながることを実感できたので、もうひとつのフレーバー「ライチ味」と交互に飲むなんてのも良い気がします。ショッツなどの高機能ジェルにいろんなフレーバーが用意されているのも、その辺りの効果を見越しているのかもしれませんね。いちいちナットクです。





          吉尾エイチでした。m(_ _)m





          【猪野学さんのトークイベント:後編】アミショットで筋肉を補給しちゃうぞ!

          0


            前回に続いて、「味の素」さんと「Cyclist」さん協催のトークイベント『挑戦のそばにアミノバイタル〜猪野学さんの“乗鞍秘話”〜』の参加レポート!

            ( ´・ω・)⊃関連記事です
            【猪野学さんのトークイベント:前編】坂バカ俳優・猪野さん式、アミノバイタル「10分チュッチュ」メソッドとは?


            後編の今回は、味の素さんの「中の人」からアミノバイタルシリーズの新製品「アミノショット」を中心とした、シリーズ全般の使い方をレクチャーしていただきました。シロウトにもわかりやすいお話で、今までよりもアミノ酸を上手に活用できそう。


            ↑味の素の「中の人」は遠藤さん。トライアスロン、マラソン、ヒルクライムとスーパーアクティブなナイスミドル!



            ◆ヒルクライムは筋肉を削りながら登っている?

            まずは「なぜ運動中にアミノ酸を補給すると良いのか?」。運動=筋肉を動かす事ですが、ご存知のとおり筋肉といえばたんぱく質。そして、たんぱく質を構成しているのがアミノ酸。遠藤さんによると、負荷の高い持久系のスポーツの最中は、筋肉が分解されてアミノ酸をエネルギー源として使ってしまうのだとか……


            まさに、猪野さんがチャレンジしているヒルクライムは高負荷運動そのもの。ペダルを回せば回すほど、せっかくつけた筋肉が削られていくから、後半は思うように足が動かずタイムアップ(T ^ T)なんてこともありますよね?必要なアミノ酸を補給しておけば、筋肉はセーフ。最後まで自分のチカラを出し切れるっていうワケです。



            ◆美味しくて飲みやすいアミショットなら、ライド中の補給も一瞬!

            そのアミノ酸ですが、今までの製品は粉末タイプや大振りのゼリータイプ。粉末はむせやすく水なしで飲むのはちと辛いし、ゼリータイプはかさばるから携帯性が今ひとつでした。でも、アミノショットなら高濃度ゼリーだから、とってもコンパクトで、補給も一瞬です。





            さらに、開封口のゴミが散らからないように工夫されたパッケージでライド中の片手補給もストレスなし。そして、美味しい!猪野さんもアミノショットの爽やかなグレープフルーツ味がお気に入りのようでした。なんでも味の良さと飲みやすい粘度にこだわって、試したレシピは100を超えちゃうのだとか!味の素さんの本気度が、ビンビン伝わってきましたよ(^^)



            ◆アミノバイタルを上手に使い分けるコツはパッケージの色に注目

            ただね。アミノバイタルシリーズって種類がいっぱいあるんですよ、ほんとに。アミノショットがとても良いのはわかったけど、じゃあ他のラインナップはどーなのさ?と、スレたおっさんとしては思っていたのですが、ちゃあんと答えていただきました。


            アミノバイタルはパッケージのカラーで選ぶ!

            「青」は運動前と運動中の摂取でパフォーマンスキープ。




            「ゴールド」は運動後のリカバリー。



            そして「プロテイン」。これは寝る前に飲むのが効果的なんだそう。よくできてますねえ、アミノバイタル!



            でもね。それを聞いても安心しないところが、おっさんのおっさんたる所以(^^)。今度は、そんなにアミノ酸ばっかり飲んでたら、却ってカラダを悪くしちゃうんじゃないの?とか思っていると、そこでもスッキリ爽やかにご回答。


            アミノ酸は、たとえ取り過ぎたとしても、余ったぶんは排出されてしまうで心配ないのだそう。そもそもアミノ酸の必要量目安は1日あたり60gと言われているけれど、持久系のスポーツ選手のそれは90g。アミノ酸はキホン足りていないと思った方が良いらしいです。だから常に補う。うん、ナットク。おっさんの完敗です。


            ↑摂取の目安は1〜2時間に1本くらい



            ◆安心・安全だから普段使いにもグッド!

            ここだけのハナシ、味の素の社員さんはオフィスでバシバシ補給しているそうですよ、アミノ酸。もうひと頑張り!という夕方とか、風邪引きそうだなあなんて時にもアミノ酸が効くのですって!社員の方が常用するくらいですから、効果と安全性は折り紙つきってことですね。




            とかなんとかいいながら、実はワタシもライドの時はアミバイタルシリーズのドリンクを愛用しています。真水や一般的なスポドリよりも確かに頑張れちゃう気がするんですよね〜

            ( ´・ω・)⊃関連記事です
            【BCAAとクエン酸が効く?】アミノバイタル・クエン酸チャージウォーターはヘコたれにくいのだ



            ◆お土産もいただいて、ライドで試してみるのが楽しみ!

            そんなこんなで、あっという間の90分。50名ほどの参加者の皆さんと楽しいひとときを過ごすことができました。なんでも「Cyclist」史上「未だかつてない応募者数」だったそうで、そんな人気イベントに参加させていただいて、主催の「味の素」さんと「Cyclist」さん、そしてサービス精神の塊のような猪野さんに改めて感謝です!


            ↑味の素さんからの太っ腹な景品を賭けて猪野さんとジャンケン大会も!(もちろん負けました(T ^ T)



            ↑でも、参加賞もあなどれない豪華さ!ライドで使ってみるのが楽しみです(^^)


            吉尾エイチでした。m(_ _)m





            | 1/72PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            ■スマホ版で表示■

            selected entries

            ■関連記事■

            categories

            archives

            recent comment

            • 【ヘッドライトの黄ばみ落とし】キレイに落ちすぎてビックリ!自転車ライトの劣化にも使えるね(^^)
              yoshimotoya120 (10/11)
            • 【ヘッドライトの黄ばみ落とし】キレイに落ちすぎてビックリ!自転車ライトの劣化にも使えるね(^^)
              吉尾エイチ (10/04)
            • 【ヘッドライトの黄ばみ落とし】キレイに落ちすぎてビックリ!自転車ライトの劣化にも使えるね(^^)
              yoshimotoya120 (10/04)
            • 【AZのチェーンオイル比較:その2】キレイ好きな方に全力でおすすめしたいKM-001
              yoshimotoya120 (09/27)
            • 【塩ようかんとスポーツようかん】補給食にぴったりな「しょっぱいようかん」を較べてみたよ
              吉尾エイチ (09/20)
            • 【エナジーゼリーのベスト・バイ】最後の踏ん張りに!ぷるるん系補給食の賢い選択はどれだ?
              吉尾エイチ (09/20)
            • 【iPhoneX速報】サイクリスト的にiPhone Xは買いなのか?
              吉尾エイチ (09/20)
            • 【塩ようかんとスポーツようかん】補給食にぴったりな「しょっぱいようかん」を較べてみたよ
              yoshimotoya120 (09/20)
            • 【エナジーゼリーのベスト・バイ】最後の踏ん張りに!ぷるるん系補給食の賢い選択はどれだ?
              yoshimotoya120 (09/20)
            • 【iPhoneX速報】サイクリスト的にiPhone Xは買いなのか?
              yoshimotoya120 (09/20)

            profile

            ブログパーツUL5

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode