【グラベル&こみちポタ】初の未舗装路チャレンジは里山ハイク!三浦半島最高峰「大楠山」に登る

三浦半島ポタリング

これまではロードバイクで走りやすい舗装された主要道ばかりを走ってきました。グラベルバイクに興味が出てきた今シーズンからは、少しずつグラベル=未舗装路やマイナーな小径(こみち)にも入りこんでみたいと思います。

初回は以前から気になっていた「大楠山(おおくすやま)」の登山道。未舗装路にチャレンジするためグラベルバイクをレンタルしました。


↑ソレイユの丘でメリダのサイレックス+をレンタル

大楠山の路面状況

大楠山は三浦半島の最高峰。といっても海抜242mの低山です。クルマも通行するため道幅も登山道としては広め。距離もコンディションもグラベル初体験には手頃なルートではないかしら?


↑頂上には雨量レーダーがあるので作業車が乗り入れることも

路面は未舗装と舗装のミックスで、急坂部分を中心に舗装されています。ただ、決して良い状態ではありません。個人的には華奢なロードバイクでここを走るのは腰が引けてしまいますが、ロードバイクでもふつうに登っちゃう方も少なくないようす。オフロードとしては、きっとおとなしめの部類なのでしょう。


↑土や砂利と舗装が入り混じる


↑山頂でミニベロを発見した時はビビったけど「押して登ってきた」とのこと。そんな楽しみ方もステキですね。

2km足らずの山道に広がる別世界

実はここ、小学生の頃は家族と何度もハイキングに来ていた山なんですけど、まさか50歳を過ぎてからひとりで、しかも自転車で来るなんて思ってもみませんでした。まあ、当時の記憶は山頂の様子くらいしか残っていないので、登山道は初見同様。


↑山頂の展望台はうっすら覚えていました

今回走ってみて、本当にびっくりしたのがその静けさ。幹線道路からそんなに離れているわけではないのに、風と鳥の声と自分の息遣いしか聞こえない空間にめちゃくちゃ癒されます。

あと、ロードバイクでは当たり前にやっていた信号や他の車両へ絶えず振り向けている注意力。これがなくなっただけで気持ちがぱあっと解放されたのは自分でもびっくり!純粋に周りの景色を楽しみながら、ひたすら自分のペースで走るライドは“幸せの濃さ”が段違い。


↑ 静か。好きだったフリーのラチェット音すら、ここでは無粋なノイズに聴こえてしまう

ロードバイクほど速くはないし、距離もごく短いコース……なのに、このみっちりとした満足感は何なのか?ロードバイクのヒルクライムは苦手だし、歩きの登山にも全く萌えない吉尾だけど、グラベルの登りには思っていた以上に惹き込まれてしまいました。


↑頂上まで行った人だけの「ご褒美ビュー」もたまらないですね


↑この道をラン?マジで?トレラン勢ってすごいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました