【横横サイクルスタンプラリー・横須賀編】ひつじのショーンのスタンプラリーは6月9日まで!

カザーティ乗りのU君と年2回くらいのペースで催しております『おやじポタ』企画。4度目となる今回は、吉尾の都合で「横横サイクルスタンプラリー編」に決定\(^o^)/

【おやじポタin三浦半島】ボッチじゃない幸せを噛みしめる……おすすめ撮影スポットはココだ! | 凪ロード

3月に横浜エリアの7ヶ所を回ったあと、腰痛でバイクに乗れず、今回やっと全16ヶ所をコンプリートできました!横浜エリアの実走レポートは過去記事をご覧くださいませ。

【横浜横須賀めぐりサイクルスタンプラリー】イギリスゆかりのスポットをのんびりと楽しみたい! | 凪ロード

【横浜横須賀サイクルスタンプラリー・横浜編】ヨコハマを初めて自転車で走り回ってみたら、意外と手こずった件 | 凪ロード


↑当日は晴天&全行程が無風or追い風という、ベストオブベストなコンディション!

金沢自然公園から大回りの100kmコース

横浜編で唯一回れなかったスタンプポイント「金沢自然公園」+横須賀エリア、合計9個のスタンプをゲットすることが今回のミッション。コースプランは朝比奈から山を迂回して (ヘタレ)、鎌倉・材木座海岸→R134を南下して「ソレイユの丘」→低山(武山)を越えて東京湾に抜ける100km。

Relive ‘Panobike スタンプラリー100’



ちなみに、スタンプポイントを回るには、金沢自然公園から鎌倉に抜ける必要は全くありません。どうしても海沿いを走りたくなるのと、往復よりも周回コースが好きなものでσ(^_^;)

横横スタンプラリーのスタンプポイント(ほぼ横須賀編)

各スタンプポイントの見どころ (?)です。最初の金沢自然公園は横浜市、あとの8ヶ所が横須賀市。イギリスゆかりの場所ということで、横須賀のポイントは米軍基地(旧日本海軍基地)周辺の構成が高いですね。掲載順は吉尾たちが回った順番です。

金沢自然公園(ののはな館)

金沢自然公園のスタンプポイントは、ビジターセンターである 「ののはな館」です。園内には自転車を乗り入れできませんから、エントランスの駐輪場にバイクを停めて、徒歩か園内バスで向かいます。


↑ここが、ののはな館

モッコリレーパンでバスに乗る勇気が不足していたため、3ヶ所あるエントランスのうち、一番歩かなくてすみそうな「夏山口」からアプローチしました。


↑ののはな館に近い分、夏山口にたどり着くまでは釜利谷の坂道(8〜9%)を楽しむことになります(^^)

時間の都合上、動物園やローラー滑り台(乗る気だったの?)は割愛したので、小ネタをひとつ……ののはな館近くのトイレはめっさ綺麗で快適です。特に個室はウォッシュレット付き!さすが政令指定都市だなぁと、妙なところを羨ましく思ったりします。


↑外見は公衆トイレ的な趣ですが、中はとてもキレイです。空いてるし (朝一だから?)過ごしやすいからおすすめ!

ソレイユの丘(公園案内所内)

園内のメエメエ広場ではひつじたちと間近でふれあい、エサやりを楽しむことができます。ショーンの友達と逢えるレジャー施設。温浴施設や観覧車もあります!季節の花々が目を楽しませてくれる癒しスポット。


↑スタンプ台にはこの扉が近道


↑メリダの最新モデルをレンタルできる

【メリダエクスペリエンスセンター】ソレイユの丘でメリダのロードバイクを心ゆくまで試してみた! | 凪ロード

東京湾フェリー乗り場(ターミナルビル内)

過去も今もイギリス船が来航する東京湾にちなんだセレクトです。東京湾唯一のカーフェリーは、房総半島でのゴルフやドライブ、そしてライドにも便利。渋滞知らずの船内でゆったりまったりの40分。船旅の非日常感を一度味わうと、病みつきになりますぜ!

>>【おっさんポタ・房総編】フェリーの非日常感がたまらない!海と山を楽しむ南房総のプチヒルクライム・日帰りツアー | 凪ロード


↑房総半島ライドの際はいつもお世話になってますm(_ _)m

サロン アカンサス(店内)

イングランド東北部のダーラムにて製造のコンサバトリーは「素敵!」のひとこと。隠れ家的なロケーションといい、趣味の良いイギリス食器や調度といい、次は絶対にアフタヌーンティーしにきたい……


↑オーナーマダム (?)はブロンプトンが欲しいそう。とことんイギリスです(^^)


↑目印は叶神社。境内を抜けてたどり着くという隠れ家中の隠れ家。神仏ならぬ神英融合?σ(^_^;)

浦賀コミュニティセンター分館(館内事務所)

「ろんぐらいだぁす!」で一躍メジャーデビューした浦賀。実は、古くからイギリス船が来航していた歴史があるのです (ちなみにペリーはアメリカ人ですので、念のため)。郷土資料館として浦賀の歴史やゆかりの人物を知る事ができる展示室があります。


↑画像には写っていませんが、左手にバイクラックもあります!


↑一段高い立地のせいか、地元民の間でも知る人ぞ知る存在。

世界三大記念艦「三笠」(甲板上)

“英国にあるビクトリー号は、1805年のトラファルガル海戦においてスペイン・フランス艦隊を撃破し英国を守った現役の軍艦で、世界三大記念艦の一隻”という、ちょっと無茶振りなセレクトですが、良いのです。いろいろ有名だから。

「アズールレーン」というゲームアプリの中でも、大先輩という位置づけでキャラクター化されたそうですね。


↑スタンプ台は、なんと艦内に設置されています。タダで中をチラ見させてくれる腹の太さはさすが大先輩!


↑最近、フォトジェニックなサイクルラックができました!インスタにアップした後は公園外のサイクルラックに停めましょう……1台しか掛けられないので、くれぐれも「東郷ロック」はご遠慮くださいね(^^)

浄土寺(本堂横)

徳川家康の外交顧問を務めた英国人ウイリアム・アダムズ(日本名:三浦按針)の菩提寺。


↑由緒ある建物にマッチした巨大なサイクルラックも好感度高い!

カフェレストラン・コルセール

横須賀と言えば「よこすか海軍カレー」カレーのルーツはイギリスに!というわけで、海軍カレーを食せるレストランが登場。サイクリストにも馴染み深いヴェルニー公園にあります。


↑休館日でもスタンプできる配慮が嬉しい


↑サイクルガジェットの中山さんと食べたなあ、海軍カレー。

>>サイクルガジェット@中山さんに取材していただいて気づけた3つのこと | 凪ロード


↑ヴェルニー公園にも舵輪型のサイクルラックが設置されました!こちらも撮影用です。


↑駐輪はコルセール裏手のサイクルラックが便利。

三笠ビル商店街(ミリタリーショップ横須賀三笠本店の2F)

記念艦「三笠」に由来するアーケード商店街。雨降りでも安心。世界三大記念艦三笠の建造地イギリスバロー市にも三笠ストリートがあるのだそうです。2Fへの階段は急なので、クリートで歩く際は注意して上がろう。


↑アーケードの一番基地側にあるのお店です


↑これにてコンプリート\(^o^)/

応募箱設置場所
スカナビi(横須賀プライム2階)

せっかくなので、プレゼントの応募も済ませてきましたよ!最後に回った「ミリタリーショップ横須賀」から目と鼻の先にある、京急横須賀中央駅とペデストリアンデッキで連結された商業ビルが 「横須賀プライム」です。


↑ペデストリアンデッキ下にサイクルラックがあります。

スカナビiは横須賀観光のプロが観光スポット、イベント情報、開花情報、「よこすか海軍カレー」をはじめとしたグルメのお店情報等を案内してくれるインフォメーションブース。

スカナビi