ひたすら腕立て伏せだけを3ヶ月続けてわかった3つの効果とウレシい誤算

年明けから腕立て伏せを始めて、はや3ヶ月、累計回数は1865回になりました!3ヶ月という期間は、愛読書『筋トレを続ける技術』でもひとつの区切りとされていますので、この辺りで効果のほどをまとめてみたいと思います。

筋トレの効果がはっきりした形となって現れてくるのには それなりの期間がかかります 。筋肉組織の新陳代謝 =タ ーンオ ーバ ーにはおよそ 3カ月かかるとされているので 、少なくてもそれくらいはかかると想定しなければいけません 。


暖かくなってきたから「筋トレでも始めてみるか!」と、気合いみなぎる方々のご参考になれば幸いです。

◆3ヶ月続けて実感した効果は3つ!

1.筋肉量は確実に増えている!

わが家の体組織計『タニタ・インナースキャン50V』によると、筋肉量は着々と増えているようす(^^)v。

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

特に、腕立て伏せアプリ「ランタスティック・プッシュアップ」が第2ステージ(負荷が格段に上がる)に入った先月1ヶ月間で一気にビルドアップしています!(それでも人並み以下だけど…)


うっすらとですが、見た目も変わってきた気がします。腕立て伏せで鍛えられる二の腕と大胸筋は、チカラを込めた時の反応が男らしくなったような……。スーツの脇の下(アームホール)はちょっぴり窮屈に感じるような……。

実際、腕立て伏せをこなせる回数は増えているから、以前より筋力はついてきていると信じています。時として、思い込みも大切なのです(^^)

2.トレーニングしないとソワソワするようになった

「筋トレの頻度は一日置きが理想」と言われているけれど、そのペースで継続するのはワタシにとっては難度高め。でも、4日に1度は必ずやるようになりましたよ!

3日も空けてしまうと、なんとなく落ち着かない気分になって、いそいそとトレーニングを始めてしまうんです。

3ヶ月間継続したことでカラダが慣れて、うまいこと習慣化できたのかもしれません。アプリの導入とプロテインご褒美作戦もワタシに合っていたようです。

<関連記事>

【筋トレを継続するコツ】2回しかできなかった腕立て伏せを2ヶ月間で1000回やってみた

本格的にツラくなってくるのは、さらにノルマが増えるこれからでしょう。まずは100回目指して頑張りますよー*(^o^)/*

3.もっと鍛えたい願望が湧き上がる

カラダを動かすことに、さらに前向きになったことも変化のひとつ。腕立て伏せで自信がついたせいか、他のトレーニングにも興味が出てきました。「次は腹筋でも割ってみるか…」なんて、調子にのって、どんどん欲が広がります。まずは最近めっきりご無沙汰のエアロバイクを復活させますかね~

<関連記事>

ロードバイクを売ったのでエアロバイクに乗ってみたらかなり良かった件

「もう、若くないから…」と、正直なところ筋トレの効果に期待はしていなかったのですが『筋トレを続ける技術』にすがってみて、本当に良かった!

筋肉をつけるのに年齢の限界はありませんし 、じつをいえば 、 6 0歳を超えてもトレ ーニングさえすれば筋肉をつけることはできるのです 。


◆頑張る姿が、意外と家族に響いていたりする

トレーニングの成果は自分だけのものだけど、それを継続する姿が子供たちやわが妻にまで、プラスに働くというオマケがついてきました。

実は、ここ最近のわが家はフィジカルブーム。大学生の息子殿は1年間かけて-25kgのダイエット(104kg→79kg)をやりきり、さらに60kg台目指して継続中。



↑MAX体重時の息子殿(右)。サンダル履きは撮影仕様です、念のため(^^)

また、中学生の娘ちゃんは、今までサボりがちだった筋トレを続けられるようになって筋力アップ!無ケガ記録を更新中です。(前十字靭帯が切れたまま体操競技を続けているので、筋力が落ちるとヒザの骨を痛めてしまうのです)



右膝のサポーターが痛々しいけど、美しい…↑

ダイエットも筋トレも、継続することが難しいモノ。でも、50手前の父親に隣でヒーヒー言いながら腕立て伏せをされちゃうから、くじけそうになっても引くに引けなくなったみたい。(^^)

そして、もっともラッキーだったのは、わが妻にロードバイクに対する熱意が伝わったこと!自転車趣味にだけは100%ネガティブな彼女でしたが、最近はすこーし柔らかくなってきたような気がするんですよねえ……。

<関連記事>

◯◯◯んが痛そうなサドルって言われても…【自転車嫌いの妻語録Vol.1】

わが妻は良くも悪くも飽きっぽいたちなので「何かをやり続ける人」を無条件にリスペクトしてしまうキライがあるんですね。なので、「ロードバイクで速く走りたいから!」と、乗る自転車もないのに腕立て伏せを続ける夫の姿を見続けて、気の毒に思うようになったのでしょう。

そこに持ってきて、子供たちへの好影響もあったものだから、そーとーいいセンまで来たのではないかしら?まさに「継続はチカラなり」。ナイスプレー、ワタシ!

【おまけ】親として気づかされたことが一番の「効果」ですかねσ(^_^;)

今回は長々と内輪のハナシを続けてしまい恐縮ですm(_ _)m

子供たちが育ちあがってきたので「親としてできることは、どんどん少なくなってくるなあ…」なんて、寂しくもあり、ホッとしたところもありで、思わずホロリときてしまうこの頃でした。

でも、腕立て伏せの一件では「一番身近な大人としてその有り様をみつめられる、そんな新たなステージに突入しているのかもしれないなあ…」と気づかされ、ついつい書きつらねてしまいました。

カタチは変わっても、親としてできることは、まだまだあるようす。やっぱり、子育てって奥が深いですね!

吉尾エイチでした。m(_ _)m