【ロードバイクの握力トレーニング】キャリパーブレーキでディスクブレーキに迫る「補完計画」を進行中


↑一度やってみたかった「エヴァンゲリオン」のオマージュ。エヴァファンならびにご興味のない方、本当にすみません。

さてと本題です。昨年あたりから、ロードバイク界隈ではブレーキといえばディスク。メーカーの中には「もう、ディスクブレーキ(DB)用のフレームしか作らんもんね」くらいの動きをしているところも出てきて、キャリパーブレーキ(CB)は、スマホに取って代わられたガラケー的な位置づけになりつつあるのかもしれません。

吉尾もDBバイクを何度か試乗したことがありますが、あのブレーキキングのラクさは忘れられないた体験です。しかぁし!DBはほかのパーツと違って、おいそれとリプレースができません。フレームとホイールがDBに対応していなければならないから、実質、乗り換えになってしまいます。

それはわかっていたのですが、昨年、発作的にCB本体とホイールに投資しちゃったばかりなので、バイクを丸ごと買い替えてしまうのはさすがに忍びない。そこで、CBをあの手この手でDB並みに「補完」できないか?という企画を考えてみました。今回はその第一弾です。

>>【BR6700とBR-R7000の比較】新しいと重くなる?比べてわかった意外な事実 | 凪ロード

>>【Primeカーボンホイールの300kmインプレ】気さくなイケメン優等生wiggleのセミディープリム・カーボンホイール | 凪ロード

作戦は3段階。キャリパーブレーキの 「引き」をできるだけ軽くしていきます!

そもそもDBのアドバンテージといえば、吉尾が体感したり調べたりした限りでは5つくらい。

①入力(ブレーキレバーを引くチカラ)に対して出力(制動力)が大きい
②制動時の摩擦熱からリムを解放できる
③ウエットコンディションでも制動力が落ちにくい
④フレームの剛性が高め
⑤スルーアスクルの効果でコーナリングが安定する

①は「レバーを軽く引くだけでもしっかりブレーキングできる」ということ。お恥ずかしながら握力が並外れて弱いので、DBの軽いタッチは本当に魅力的です。②はカーボンクリンチャーホイールに熱に弱いラテックスチューブを使いたい方にはフィットするけれど、吉尾はチューブレス信者なのでそれほどメリットを感じません。


↑タイヤはシュワルベ のプロ・ワンを使っています

そして③。ブレーキ自体の制動力はCBもDBも大差ないという記事を読んだことがありますが、雨の日のそれは天と地ほどの差がでるのだとか。でも、吉尾は雨日にライドしないので、残念ながらその恩恵を受けることができません。


↑でも、ロングライド先で降られた時はDBが欲しくなりますね、やっぱり。

コメント

  1. yoshimotoya120 より:

    第二次作戦の“例のケーブル“とはまさかN泉ケーブルでしょうか❓🤓

    • 吉尾エイチ より:

      yoshimotoya120さん

      そうです。yoshimotoya120さんはすでに導入済みでしたね!かなり違うものですか?

      • yoshimotoya120 より:

        実は… リヤの変速調整がなかなかうまく決まらずドツボ状態なんです😢
        アウターがしなやか過ぎるのが原因かと睨み、先日RD直前のラスト30cmをシマノに戻したところですが、ちょっとマシになった感はあります
        フロントのシフトケーブルとブレーキケーブルは全く問題なく、スムーズですよ✌️

  2. かいぞう より:

    下ハンでがっつりブレーキに握れば、握力は同じでもしっかりブレーキかけられるので、下ハントレーニングもありかもしれません。

    • 吉尾エイチ より:

      かいぞうさん

      確かに!下ハンはブレーキ効きますねえ。盲点でした。
      でも、ずっと下ハンを握り続けられる体幹力って……
      やっぱり、お金をかけない分カラダを使わないとダメなのね。