【NOTUBESエアバルブ:その2】エア抜けはバルブの不調が原因でした

空気は抜けるけど、パンクが見つからなかったリアタイヤ。先日エアバルブを交換して、NOTUBESのシーラント剤を注入した後日談です。

◆前後とも空気の抜け方は同じになりました!

1週間程経ってからのエア圧は、前輪後輪ともに3bar程度。もともと6barで設定していたので、減り方は同じです。

リアタイヤの方が早く抜けてしまう問題は改善されました。ただし、シーラント剤がパンクを塞いでくれた様子はないから、デフォルトのエアバルブが不調だったようです。

シーラント剤を入れるために買ったのですが、今回はそれ以上に役に立ってくれました!NOTUBESのバルブ、気に入っちゃいましたよ^ ^

ヤフオクで落札した中古WH6800ホイールですから、何かと手がかかってしまいます。ま、それでも新品を買うよりはリーズナブルだし、自分でメンテするから愛着もわくってもんですよ!

「神は細部に宿る」ではありませんが、こういう細かいトコロまで、気を配れるようにようになることも、安全で快適なサイクルライフに必要なポイントですね~^ ^

↓バルブコア外し工具もオススメ!

吉尾エイチでした。m(_ _)m