リアスプロケット・ティアグラ『CS4600』の分解整備…歯磨き上手の方にオススメだぞ(^ ^)

前後ディレーラーが終わったので、今度はリアスプロケットのメンテナンス。と言っても、調整とかがあるわけでは無いので、メンテというよりクリーニングだね。

■せっかくだからアセラよりちょっぴり高級と思っておこう

カセットスプロケットの外し方についてはこちらをどうぞ。

またもや初挑戦!カセットスプロケット分解とフリーのグリスアップ

リムーバーをつけて、モンキーで回した時の「ゴリゴリ」っていう感触は、なんとも言えず、やみつきになるぞ。ワタシだけかもしれないけど。(^ ^)

トップから3枚は分解できるので、ミストラルのアセラよりギア1枚分高級、ということにしておこう。でも、ボードウォークは7速なのにバラバラにできた…ティアグラは10速もあるのに…ちょっとフクザツな気分である。

気分は複雑だが、作業はシンプル。パークリをシューシューして、真鍮ブラシでがっしゅがっしゅ!ギアとギアの間にもしっかりスプレーしよう。8速に比べるとギア間が狭く、ブラシが奥まで届かないので、洗い流す感じで。歯磨きが上手な人は、きっとスプロケ磨きも上手いに違いない。ちなみに、ワタシは下手だ( ̄▽ ̄)

■こういうのを「乙女ギア」っていうのかしら?うふふ。

ヨゴレがきれいになったところで、ラスペネ登場。フッ素配合だから、溶剤が乾けばコーティングっぽくなるかもしれない…という淡い期待でプシュー。アブラがのってギラギラ感が戻って来たぞ!うーむ、いい感じだ。

このスプロケットの歯数は、28・25・23・21・19・17・15・14・13・12の10速である。こういうのを「乙女ギア」っていうのかしらね?まあ、「アウタートップ」なんて当分踏めないだろうから、軽いギアの枚数が多いのは悔しいけどウレシいσ(^_^;)

チェーンを新品にするつもりなので例の「歯飛び」が心配であるが、スプロケットの歯が磨耗しているかは、見ただけではわからなかった。走行距離は少ないから、ま、大丈夫でしょ(^ ^)

Posted from Drift Writer on my iPad