ティアグラ・フロントディレーラー『FD4600』の分解整備…ちゃんと変速することを祈る…

リアディレーラーの次はフロントである。ま、分解と言ってもカシメてあるところばかりで、ネジ類はとても少ない。つまり、外せるところはほとんどない。
バラし好きのワタシ的には、残念なパーツであるな。

■見た目はまあまあ、中はやっぱりザリザリ


外せるところは少ないが、例によってマニュアル類は確認しておこう。

分解図などはこちら

ワタシのFDの型番は正式にはFD4600ーB。取付方法はバンドタイプである。シートポスト径は31.8だから、図面にあるようなスペーサーはついていない。

唯一、分解といえる作業はロー&ハイの調整ボルトを外して、間に入っている黒いプラスティックプレートをこじり出すくらい。結構砂が詰まっているから必ずやった方が良い作業だと思うぞ。

ほらね!
で、今回の分解はここまで(速ッ!)。後は、パークリを可動部めがけてシューシューやって、中の汚れを洗い流す。例によって、仕上げはラスペネ注油である。とっても綺麗になったぞ!

ミストラルの時は、調整に苦労したので、ドロミテではすんなりいくのを祈るのみだ。

■FD4600の分解整備に必要な工具

アーレンキー(5mm)、NO2プラスドライバー、のみである

Posted from Drift Writer on my iPad