【ロードバイクのアルミフレーム補修・前編】失敗してわかったタッチアップの2つのコツ

昨年9月にわが家においで下さったルイガノCEN。乏しいロードバイク予算の中、大変リーズナブルなお値段で落札できた、ありがた~いフレームなのです。

できる限りキレイにしてあげたいとクリーニングを重ねてきましたが、そちらもなんとかひと段落!いよいよハゲた塗装の補修にチャレンジしてみたいと思います。

関連記事

自転車のガンコなヨゴレにはパーツクリーナーより『ラッカーうすめ液』がおすすめ!

◆タッチアップ5つの手順

今回は付属のペイントを使った一部分だけの塗装補修(タッチアップ)です。

タッチアップの手順は大きく5つあると思っています。

下準備(今回は脱脂のみ)→塗装→乾燥→研磨→保護

今回は前半の工程のについて書いてみます。

1.下準備のポイント


脱脂はきっちりやりましょう

塗装は下準備の具合で、仕上がりが違ってきます。パテで盛り上げたり、塗料の食いつきを良くするプライマーなどを使うこともあります。

一部分だけのタッチアップなので脱脂だけにしちゃいました。油分やヨゴレが残っていると、ペイントがはがれやすくなるので、揮発性の高い(乾きが早い)溶剤でしっかり落とします。ブレークリーンをひと吹きして、きれいなウエスで拭っておきましょう。

2.塗装のポイント


ペイントは「置く」ように塗る

タッチアップの場合は、ハケで塗り伸ばすのではなく、ハケ先に溜めたペイントを置くようにします。

ワタシ的にはこの工程が一番重要だと思ってます。実は一回失敗してやり直しているもんで…σ(^_^;)詳しくは記事の後半でお伝えします。

3.乾燥のポイント


期間は最低1週間、ベストは3週間以上?

付属のペイントは意外と乾きが遅いんです。表面は乾いているように見えても中が……なんてコトもあるので、乾燥期間をしっかり取ることが成功への早道。

上手に仕上げている方のやり方を見ると「3週間程度」だとか……成功の秘訣は「急がば回れ」ですよ。