【ドクターストレッチ体験記】ゾンダ価格で自分を追い込み柔軟性をブレイクスルー?


これまで何度も書いてきましたが、吉尾はとにかくカラダが固い。特にロードバイクの前傾姿勢に大切な「前屈」が大の苦手。猫背だから腰(腰椎)はまあ曲がるんですけど、骨盤が倒れてくれないんですよね。

ストレッチや筋膜リリースなど、カラダの柔軟性を高めるトレーニングも本を買ったり、道具を買ったりしながら独学でやってはきたけれど一向に効果が出ません。最近ではカラダが固すぎて筋トレにすら支障がでる始末。


↑なんとランジのポジションすらまともにできないなんて……

というわけで、行ってきましたよ「ドクターストレッチ」。かつて「やまめの学校」でバイクの乗り方にブレイクスルーを得たように、停滞している可動域アップもプロのサポートで一気に突き抜けてしまおう!というもくろみです。カラダの固さに悩むサイクリストの皆様のご参考になれば幸い。

>>【やまめの学校(MTB)に初参加】楽に。楽しく。を大実感!もう、あと戻りできないかも…… | 凪ロード

「ドクターストレッチ」ってどんなお店?

マッサージや整体、リラクゼーションでもない、ストレッチの専門スタジオ。「コアバランスストレッチ」という独自の技術を学んだプロのトレーナーが、セルフストレッチでは決して手の届かない深い筋肉までユルめてくれます。


↑店内は個室ではなく開放的なオープンスペース

世界140店舗以上展開し、擁するトレーナーも1000人という業界の最大手。しかも、みなさんがアスリート出身の方々なのだとか。吉尾がお世話になったお店のスタッフさんは20代くらいの若者ばかりで、店内に元気が溢れ返っていました!

気になるニューノーマル対応はかなり配慮されていて、ベッドは大胆に間引きされ、トレーナーさんたちも全員マスクとディスポーザブル手袋で感染防止対策済み。あと、ストレッチは施術着 (長Tとジャージ)に着替えてから行うので、バイクを安心して止めておくところがあるお店なら、ライドの途中に立ち寄るプランもアリです。

80分間の施術の効果は8cm。翌日も可動域アップを実感!

さて、実際の施術体験です。最初に簡単なカウンセリングがあり、トレーナーさんからカラダの悩みを問われます。吉尾は「前屈できない問題」をお伝えしたため、下半身からストレッチスタート。

初めてなのでだいぶソフトにやってくれたのだとは思うけど、筋肉が固まっているポイントはやっぱり痛い。「そこ、キツいっす」とうめいてみても「頑張りましょう!(ニッコリ)」の一言でグイグイ進んでいきます。


↑確かにいろんなワザをかけてもらいました

マッサージのように爆睡しちゃうことはないけれど、脱力して寝っ転がっているだけですからね。こちらは至ってラクチン。その分、トレーナーさんの方はかなりアクロバティックな体勢を強いられますし、チカラを使う場面も少なくありません。なるほどコレは若い人じゃないと持たないな、と。

両足の前・後・内・外、両腕、肩甲骨、そして腰と体側まで。80分間フルに伸ばしてもらった結果、前屈はビフォー(床から)23cm→アフター15cmと8cmも改善できました。このペースだと、あと2回通えば手の先が床に着く計算です。


↑吉尾には何種類かけてくれたんだろう?