【カーボンフレームの修理③】CDJ(カーボンドライジャパン)さんからフレームが帰ってきた\(^o^)/

唯一の心配ごとは乗り味への影響

エンデュランスロードであるRIDE3000の場合、シートステーは路面からのショックを柔らげる役割が大きいので、修理によってそれがどう変わったかは気になるところです。そのあたりのインプレは、しばらく乗り回してから改めてレポートしたいと思います。乞うご期待!

修理費用は約6万円…安くはないけど納得です

工賃 : 54,000
送料: 4,724 (神奈川↔︎愛知・往復)
ダンボール : 1,815(送料のみ)

これを高いとみるか妥当と感じるかは人それぞれだと思いますが、新車を買うよりは確実にリーズナブル。その上、気に入った赤いフレームに乗り続けられるのだから、ダブルで嬉しい!

>>【カーボンフレームの修理①】カーボンフレームにクラック発生!そんなときはどうするの? | 凪ロード

今回修理をお願いしたCDJ(カーボンドライジャパン)さんはとにかくやりとりが丁寧で好感が持てるし、修理の仕上がりの良さも抜群!大切な愛車を安心しておまかせできるファクトリーさんです。万が一、大切なカーボンフレームを壊してしまったときは、そして、ニューバイクにイマイチときめかないときは、見積もりだけでも頼んでみてはいかがでしょう?落ち込んだ気分がフワッと軽くなること間違いなしですよ。


↑ ステキなステッカーが同梱されていました!

  • カーボンフレームリペアサービス | CYCLE | CarbonDryJapan
  • 吉尾エイチでした。m(_ _)m

    コメント

    1. yoshimotoya120 より:

      ステイ断面に合わせたシートを中に入れてから外側に巻いて強化するので、ぷっくりなるのはしかたないですねぇ。
      でも廃車にすることなくまた惚れ込んだ愛車に乗り続けられるから、ぷっくりもまた二人の歴史ですよね(≧∀≦)

      • 吉尾エイチ より:

        yoshimotoya120さん

        そうなんです。ぷっくりすら愛おしい!なんて……大切に乗り続けたいと思います。