【おすすめデジタルトルクレンチ】ロードバイクのメンテナンスにぴったりのモデルはどれかしら?

・スペック比較

メーカー名 SK11 KTC トピーク トップ工業 東日
製作所
モデル名 SDT3
-060
GEK030
-C3A
D-Tprq
Wrench DX
DRH060
-12BN
CPT20X
10D
設定トルク
(N・m)
3~60 2~30 4~80 3~60 4~20
ピークホールド
モード
逆ネジ対応
測定誤差
(正ネジ・逆ネジ)
±3%・±4% ±4%〜±12%
(正逆同じ)
不明 ±2%・±3% ±3%
(正逆同じ)
設定トルク
アラート
光・音 光・音 音のみ 光・音 光・音
ビット
同梱
× × × ×

SK11 ・SDT3-060
実売価格:1万円前後

今回選んだ中では一番リーズナブルなモデルですが、設定トルクの幅がロードバイクにドンピシャ!精度も悪くないですし、逆ネジにも対応しています。ただ、ボディが短めなので、高トルクのネジを締めるのはちょっとパワーが必要かも!

KTC・ GEK030-C3A
実売価格:2万円前後

信頼の京都機械工具株式会社 (KTC)製。トルクレンジとソケットの規格違いでいくつかラインナップされている中、ロードバイクのメンテナンスには、このモデルが良さそう。 2N・mから測れて、ポピュラーな9.5mm (3/8インチ)ソケット仕様です。「持つ喜び」も満たしてくれるクオリティの高さはKTCならでは。

トピーク・D-Tprq Wrench DX
実売価格:3万円前後

サイクリストの 「カユイところ」をいつもポリポリしてくれるトピークのフラッグシップモデル。個人的にはsk11 と最後まで迷いました!少々値が張るものの、トルクレンジにマッチした長めのボディとおしゃれなデザインが、機能と見た目の良さを両立。唯一のビット付きセットだから、工具類を初めて買う方にもおすすめです。

トップ工業・DRH060-12BN
実売価格:3万5千円前後

作業工具の総合メーカー「トップ工業」製のデジタルトルクレンチ。知名度が高いとは言えませんが、工具の評判は良いです。スペック上は誤差が一番低いモデル。

東日製作所・CPT20X10D
実売価格:6万円前後

トルク機器の専門メーカー(知らなかったケド^ ^)。トルクレンチはトーニチ製を選んでおけば間違いないそうですよ。お値段はびっくりですが、最小設定単位が0.02N・mだったり、測定トルクを50個もメモリーできたり……とにかく精度を極めたい方にはたまらない一台のハズ。

どのモデルもそれぞれ個性があって、目移りしてしまいますが、吉尾のイチオシはSK11のSDT3-060です(買いました!)。これ一本で全てのネジに対応できるのと手頃な値段が魅力的。使い勝手も悪くないので、初めてのデジタルトルクレンチにおすすめですよ。

SDT3-060のレビューはこちら!
【デジタルトルクレンチの選び方】SK11のデジタルトルクレンチ「SDT3-060」をおすすめする3つの理由

吉尾エイチでした。m(_ _)m