ミッシングリンクつけ外しにイラッ!そんな方にはマスターリンクプライヤーがおすすめ

チェーンの接続にミッシングリンクを愛用している吉尾です。コネクトピンの場合はチェーンを取外したら新品と交換しなくてはなりませんが、ミッシングリンクは数回なら再利用OK。そのぶん、チェーンの洗浄が気軽にできるので気に入っています。

>>【ドライブトレインをキレイに保つポイント】チェーンとスプロケ、リアハブの清掃とグリスアップでわかったこと | 凪ロード

11速用のミッシングリンクは外しにくい?

コンポが10速から11速に変わり、少し困ったことが起きました。デフォルトのチェーンについているミッシングリンクが外れないのです。10速のときはワイヤーを使って外していましたが、11速のミッシングリンクは押しても引いてもビクともしません……。

>>【初心者でもできる!リアディレーラーの調整:後編】ミッシングリンクは不器用くんのツヨイ味方だ | 凪ロード

仕方がないので、マスターリンクプライヤーというツールをポチ。コネクトピンと違って、専用工具がいらないのがミッシングリンクの良いところのひとつだと思っていたので、ちょっと残念。


↑ あんなに苦労したのに、プライヤーを使えばいともカンタンに外れます。

ミッシングリンクをつなぐときにも使えるなんて!マスターリンクプライヤーって便利ですねぇ

行きがあれば、帰りもあるのが世の中の常。チェーンをつなぎ直すときにも、またもや同じ苦労が……。今までは、ミッシングリンクを軽くつないでから、リアブレーキを握りながらペダルを踏み込めば、チェーンが張ってカチッとハマってくれていたのに、今度は全体重をグイグイかけてもダメ。

せっかく工具まで買ったのに、取り付けできないんじゃ意味がない。やっぱりコネクトピンのほうが良いのかしら?と、途方に暮れながらプライヤーの先端を眺めていると、待てよ。なにか具合の良い形状をしているような……


↑この “くぼみ”は、ひょっとして!

そーなんです。マスターリンクプライヤーはミッシングリンクを外すときだけじゃなくて、なんと、つなぐときにも使えるんです!


↑取説も何もついていなかったので、思わず 「言ってよ〜(^^)」

プライヤー=握る、のみだと思い込んでいましたが、このツールは“握る・開く”の2way。さすが専用工具、抜け目ありませんね。さっきまでの残念感は一転して満足感にチェンジ(単純)。ミッシングリンク使いのサイクリストさんにはとってもおすすめのツールです!

吉尾エイチでした。m(_ _)m