【ロードバイク乗りの花粉対策】2016年の花粉は少なめの予測…さらに少ない三浦半島なら対策いらず?(希望)

本日3/5は『啓蟄』です。二十四節気のひとつで「冬ごもりをしていた虫たちが出てくる」時節とされています。

暖かい日が多くなり、虫だけでなく人間もなんとなくウキウキしちゃったりするのだけれど、一部の人たち(ワタシも)には、ヒジョーにつらいシーズンでもあったりして……そう、『花粉』です。

花粉症のロードバイク乗りにとっては『走りに行きたいケド花粉がツラい…』そんなジレンマに悶々としちゃう日々だったりするワケです。(普通のマスクじゃ高山トレーニングになっちゃうし…)

そ・こ・でっ!『花粉症歴20年以上』のワタクシ吉尾が、ロードバイク乗りの花粉対策を書いてみたいと思います。

◆結論:花粉の少ないエリアを走る!

「いや、それはそうなんだけど…」とあきれてしまったアナタ!ちょっとだけハナシを聞いてくださいな。

ウェザーニュースの発表によると、2016年の関東地方の花粉は全体的に少なめ。昨年の6~9割程度となる見込みです。“短期集中型の夏”だったため、スギ・ヒノキ花粉の発生源となる雄花育成にブレーキがかかったたことが原因だとか。ワタシにとっては心静かな春先になりそうです。

そのうえ海沿いのエリアなら、さらに飛散量自体が少ないそうですよ。わが街『三浦半島』や房総半島、伊豆半島は花粉症人間のベターゾーンってワケです。

となると、飛散量少なめ×少ないエリアであれば、大した対策をとらなくてもライドを楽しめるのではないか?と思った次第です、ハイ。

【参考記事】
ウェザーニューズ、2016年の花粉飛散傾向発表

◆今年は本当に花粉が少ないかも…

そーいえば、横須賀在住のワタシ自身、例年よりも苦しくない……。マスクはしないし、べにふうき茶もたまにしか飲まない。もちろん鼻炎薬の出番もなしの好コンディションです。

花粉が少ないうえに、『自転車半島宣言』までしちゃってるサイクリスト・ウェルカムな三浦半島!住んでる自分が言うのもナンだけど、春先から梅雨前が一番おいしく味わえるシーズンです。

花粉のせいで出遅れそうなサイクリストさんは、一度走りにいらしたらいかがでしょうか?海も風もそして坂も、皆様のお越しを待ってまーす!!

三浦半島ポタリングなら、こんなテーマのコースもありますよん↓
エコなスポットをエコなロードバイクで巡ってみました【三浦半島ポタリング・コース】

◆おまけ 『自転車半島宣言』って…

三浦半島の4市1町(横須賀市・鎌倉市・逗子市・三浦市・葉山町)が、その魅力を広域で生かしていくために連携・協力しています。そのひとつの切り口がサイクリング。上記の市長・町長が集まった「三浦半島サミット」のなかで「自転車半島宣言」を行ったそうです。

地元に住んでいても「自転車で町興しやるぜ!」というほどの気合は、伝わってこないんだけど、同名のパンフレットを作成しちゃったり(現在はダウンロードのみ?)、ちょっぴり地味目に進行中のようです。

あと、こんなサイトも見つけました。三浦半島をポタリングする際はのぞいてみてくださいね。

LAUMI(ラウミ)

吉尾エイチでした。m(_ _)m