【WH6800とチューブレスタイヤのインプレッション:後編】初心者でもバッチリ体感できる快適さはヤミツキになるかも!

コラテック・ドロミテに次いで、2台目のロードバイクとなる『ルイガノCEN』の足回りインプレ。ホイール編に続いては「チューブレスタイヤ」編ですよ~^

◆寿命間近のくたびれ加減でも十分快適^ ^

WH6800ホイールの「劇的さ」をさらに増幅しているのが、チューブレスタイヤの乗り心地の良さ。ワタシの体重は50キロなので、エア圧はかなり低めに設定してみました。

前6.0bar/後ろ6.2barという、クリンチャーでは考えられない低圧でも、タイヤがベタッとしている感覚はありません。十分に軽快です。しかも静か!路面コンディションが良ければ、ロードノイズはほとんど無し。

さらに、23Cの細さにもかかわらず、乗り心地の良さは、以前乗っていたコラテックのコンチネンタル・グランプリ24Cよりも明らかにワンランク上です。

そろそろ交換時期かなあ…というくらいくたびれたコンディションでも、クリンチャータイヤとの違いを十分に体感できました。次はさらにコンフォタブルな25Cサイズにしちゃおうかしら^ ^

◆結論:多少ムリしてでもホイールとタイヤにはこだわるベシ

タイヤチューブをラテックスに替えたときには、その違いをまったく体感できなかったワタシ。

<関連記事>
ラテックスチューブに替えたのはちょっと早すぎたかな?【コラテック乗り心地向上委員会】

そんな鈍感オヤジでも、WH6800とIRCロードライト・チューブレスタイヤの組合せなら、その心地よさがハッキリわかるほど劇的です。愛読書である「アラフォーからのロードバイク」に書いてあったとおりでした!

ホイールとタイヤを替えると劇的に走りがかわる

進むし、登るし、心地よい……欲張りなローディさんには間違いなくおすすめできる組合せですよ!

吉尾エイチでした。m(_ _)m