【メリダ・リアクト4000のインプレ】乗り手を選ぶかもですが、それも含めて文句無しのカッコよさ!

iPhoneImage.png

メリダのスポーツバイクを体験できる「メリダ・エクペリエンスセンター」で、またまたカーボンロードバイクをレンタルしちゃいました!

今回はお待ちかねの「リアクト4000」。ツールドフランスでランプレ・メリダチームのメンバーが乗っていた「登れるエアロロード」のミドルグレード。同じカーボンロードということで、前回の「スクルトゥーラ5000」と比較しながらレビュー。

>>スクルトゥーラのインプレはこちら

◆フレームもホイールも、チェーンリングもカッコイイ!

「4000」はリアクト・シリーズのカーボンフレームとしては、エントリーモデル。フレーム素材こそ上位モデルとは異なりますが、形状は上位モデルとほとんど同じです。あの新城幸也選手と同型のエアロフレームに、リーズナブルなお値段で乗れちゃうワケです。

iPhoneImage.png

もちろん、エアロロードなんて乗ったことないし、実物を見るのも初めて。こう、なんていうか、「速く走るためだけに生まれてきた」的なディテールに、年甲斐もなくトキ度MAX\(^o^)/

iPhoneImage.png
↑偏平なシートポストに「おおっ!」

iPhoneImage.png
↑太いチェーンステーに「ドキドキ!」

iPhoneImage.png
↑ブレーキはダイレクトマウント

iPhoneImage.png
↑リアブレーキはBB下。エアロっぽさたっぷり!

iPhoneImage.png
↑チェーンリングも52/36とコンパクトにあらず「漢だ……」

iPhoneImage.png
↑ホイールはもちろんセミディープ。「super AERO」って書いちゃうのもわかりやすくてOK!

iPhoneImage.png
↑ここはわがルイガノと同型なのだ^ ^

いやー、どこを撮っても絵になるから、乗るのを忘れて独り撮影会になってしまいましたσ(^_^;)

◆あれっ?なんか進みにくい?

いよいよ試乗です。見た目からして、一漕ぎ目から「ズギャン」と、ジョジョ的にカッ飛んでいきそうな雰囲気でしたが、なんとなく、進みにくいような……あれ?

考えてみたら、リアクト4000の重量は8.9kg。スクルトゥーラ5000よりも800グラムほど重く、むしろ、わがルイガノの9.1kgに近いくらい。

iPhoneImage.png

漕ぎ出しのフィーリングは、フレームやホイールの重さに左右されるとききます。重量がかさむエアロフレームとセミディープホイールのリアクトは、どうしてもハンデになってしまうのでしょう。

そのハンデをモノともしないパワーを持っている人だけが、リアクトの素晴らしさを味わえる。とするならば、悔しいけれど、ワタシ脚力では文字どおり力不足のようです。(T ^ T)

コメント

  1. かいぞー より:

    はじめまして。古い記事にコメントしてスミマセン。
    Reacto 4000購入の際にたいへん参考にさせていただきました。

    Reacto4000のカッコ良さに魅せられて購入を迷っていたときに、「やっぱりそう思う人は私だけはない」とblogの前半の内容を見て一人うなずき、決断のきっかけになりました。

    しかし、購入後はblogの後半の通り、
    「せっかく新車にしたのに古いクロモリの方が速いいじゃないか?」という進みの悪さと、すぐに売り切れてしまう足に不安になりました。

    でも買ってしまって後戻りもできないので、試行錯誤を繰り換えしたところ、数日後にはそれなりの解がみえました。
    ・走り出しをかならず軽いギヤにする
    ・加速はゆっくりめを意識する
    ・ケイデンスは高め(平地なら90-110rpmぐらい)を維持する
    という3点で、巡航速度も最高速もあがりました。

    ロードレーサーなので、急加速・急減速の繰り返しに強くないと本当はダメなんでしょうが、貧脚アラフィフとしては、まずは楽しさを優先しています。
    ということで、完全に乗りこなすとなると話は別ですが、このバイクを楽しむと言う話であれば、パワーとスキルも手持ちの範囲でもどうにかできそうです。

  2. 吉尾エイチ より:

    カイゾーさま

    ご丁寧なコメントありがとうございます。同年代の方のお役に立ったならば、こんなに嬉しいことはありません!カイゾーさまのサイトにもお邪魔させていただきます!