ティアグラ・リアディレーラー『RD4600』の分解整備?…プーリーボルトをチタンにしたぞ、えっへん!(失笑)の巻

分解したRD4600を眺めていると、なんか見たことあるものがふたつ。
あれ、このサイズどっかで…

ミストラルで失くして困ったプーリーボルトにそっくりなのだ。では、「アレ」が使えるかも…パンパカパーン!チタン製のボルトである。ちなみに上の画像の右側である。

■アマゾンで買ったはいいけど、届くのが遅かったのだ

ワイズロードをハシゴしてゲットしたミストラルのプーリーボルトであるが、実はアマゾンでも手配していたのだ。でもね、プライムなのに、到着は2週間くらい先。買ってからわかったんだけどね。

息子殿が「それまで自転車に乗れないのは困る」ってんで、慌ててワイズロードに寄ったってワケだ。
アマゾンではサイズ的にこれ一択。チタンでなくても良かったし、数も1本あれば十分だった。ま、部品だから、いつか使うこともあるだろうと…その「いつか」が、ことのほか早く来っちゃたのね。

チタンだから、ほっといてもそれこそ「腐るものでない」のだけれど、サイズがピッタリなのも何かの巡り合わせ。使わない手はない。なんてったって「チタン」ですからね、かっちょよろしい感じはするな。(^ ^)

買ったチタンボルトはこちら↓ プライムだけど、届くまでに時間がかかる。なぜか中国から届いたぞ。 RockBros チタン(Ti) プーリーボルト 2点

■オトコは1gにこだわる…のか?( ̄▽ ̄)

というわけで、チタン化決定!チタンは軽くて、固くて、腐食にも強い材質。こんな細部にまでこだわってこそオトコだろう…なんてな~1本につきー1g、合計2gの軽量化。イミネ~、まさに「猫に小判」だな。我ながら笑ってしまった。

■重ねて言うが、プーリーの向きには注意だぞ

前回のエントリでも言ったけど、 テンションプーリーには向きがありまーす! ぼへ~って組んでると、間違いなく、間違うぞ。ワ・タ・シ・の・よ・う・に_| ̄|○「TENTION」の彫り込みは内側に。よろしくドーゾ。

プーリボルトは締め具合で回転は変わらないから、しっかり締めよう。元のボルトには緩み止めが塗ってあったけど、チタンはそのまま取り付けてみた。大丈夫かな?乗り始めたら、マメにチェックしようっと。

RD4600完成\(^o^)/チタンボルトが輝いてるぜ、ウププ。

Posted from Drift Writer on my iPad