【ロードバイクのヘルメット選び:価格編】安全性とコスパ重視なら『GVR ・G-101 』が断然オススメ!

サイズ編では『OGKカブト・ステアー』に心奪われた吉尾でしたが、熟考の末購入したのは『GVR・G-101』という通販のモデル。

じゃあ、ワイズロードさんでかぶり倒したのはなんだったのだ?というハナシもありますが、大変申しわけありません!キメテは安全性と価格でした……σ(^_^;)

◆GVRのヘルメットはJCF公認なのだ

GVRって、まったく聞きなれないブランドですが「自転車大国」台湾のヘルメットメーカー。タイムトライアルに使うようなシールド付きのモデルもラインナップされています。

<関連リンク>
GVR・G-101』ならダイジョーブ!なんと「JCF(日本自転車競技連盟)公認」を取得しているんです。

このマークが付いていないヘルメットはJCF公認レースで使えません。つまりは、『GVR・G-101』は厳しいプロレースに耐えるスペックであるワケで、安全性についてはまったく心配ないと判断しました。

<関連リンク>
ヘルメットの性能およびその試験基準

◆ヘルメットは消耗品だからコストパフォーマンス優先にしてみた

改めて自転車ヘルメットについて調べなおしてみると、どうやら「賞味期限」が存在するようです。衝撃吸収ライナーに使用されるEPS(発砲プラスチック)は、未使用でも少しずつ内部のガスが抜けて劣化するし、外側のシェルも紫外線の影響を受けてもろくなっていきます。

OGKカブトが推奨している使用期限は3年間。これは「値段が高いヘルメットだから期間が長くなる」というものでもないようです。ヘルメットはすべからく、見た目は壊れていなくても、買換えが前提の消耗品ということになります。

<関連リンク>

ワンサイズ展開だから、アタマの小さいワタシには、ゆったり目のかぶり心地。正直、OGKカブト・ステアーのジャストなフィット感には及びません。でも、お値段は、ステアーの3分の1以下……そこは「価格相応」と割り切って、丸いアタマでも入るサイズ感を評価したいと思います。

安全性とコストパフォーマンスを両立させた『GVR・
G-101
』。詳しいレビューは次回のエントリでお伝えしようと思います。

<関連記事>
【GVR ・G-101 ロードバイクヘルメット】お、ねだん以上にステキな5つのポイント

吉尾エイチでした。m(_ _)m