【気になるカーボン・ディスクブレーキロードバイク2021】wiggleのPBブランド「vitus」のアップデートにときめく物欲

・トレンドを押さえた形状とよりレーシーなジオメトリ
新設計のフレームはそのフォルムにも注目。旧型はオーソドックスなスローピングフレームでしたが、新型は最近のニューモデルがこぞって採用するオフセットシートステイタイプになりました。このあたりは好みですけど、吉尾は“小さいリア三角”が好きなので好感度アップです。


↑どうしても今の愛車の流れから離れられない……

トレンドといえば、全体的にほんのりとエアロシェイプになっていたり、一体型のシートポストクランプになっていたり、カラーバリエーションにグレー系が差し込まれていたり……押さえるべきところはひと通り抜かりなく、という感じ。もちろん、タイヤのキャパシティも30CまでOK。“いまどきのディスクロード”らしいフレームにモデファイされました。


↑さりげないエアロディテールが今風

ジオメトリも見直され、スタックはより低く、トップチューブより長く、チェーンステイはより短く。レースモデルらしい戦闘的なポジションに対応しています。エンジョイ系の吉尾が乗るなら、ステムなどでユルめに調整する必要があるかもしれません。

・新旧ジオメトリー比較

旧型 新型 新―旧
モデル ヴィテッセ エボ2020 ヴィテッセ エボ2021
サイズ S S
シートチューブ長 480 490 10
トップチューブ水平 530 537 7
チェーンステー 415 410 -5
ヘッドチューブアングル 72.2 71.6 -0.6
シートチューブアングル 74.2 73.5 -0.7
BB下がり 72 69 -3
ヘッドチューブ長 125 127 2
フォーク長 374 370 -4
ホイールベース 980 992 12
リーチ 376 381 5
スタック 534 524 -10
重量 8.2kg 7.6kg -0.6
価格 44万円 45万円 1

パーツのカーボン度がアップ

フレームの進化にプラスして、ホイールなどのパーツ類も一新されています。旧型はホイールこそカーボンでしたが、ハンドルやシートポストはアルミ。新型ではフラッグシップモデルに相応しく、そのあたりもカーボンパーツにリプレイスされています。軽量化と乗り心地の良さにつながるアップデートですが、購買意欲もググッと盛り上がります。


↑PrimeからReynoldsに替わっても、カーボンホイールはもちろんチューブレス対応

・グレード別スペック比較

旧型 新型
モデル TEAM eTap TEAM eTap CRX eTap CRS Di2 CRS CR
価格 43万円 44万円 60万円 44万円 36万円 25万円
コンポ SRAM Force eTap SRAM Force eTap SRAM Red eTap シマノ アルテグラ Di2 シマノ アルテグラ 機械式 シマノ 105 機械式
ホイール カーボン38mm (Prime) カーボン29mm (Reynolds) アルミ 30mm (Prime)
ハンドル アルミ (zipp) カーボン (Prime) アルミ (Prime)
ステム アルミ (zipp) アルミ (Prime) アルミ (Prime)
シートポスト アルミ (zipp) カーボン (Prime) カーボン (vitus)
サドル チタンレール (vitus) チタンレール (vitus) チタンレール (vitus)
重量 8.2kg 7.6kg 7.4kg 7.5kg 7.65kg 7.8kg

コンポはSRAMのeTap据え置きでお値段は1万円アップでセーブ

新型の「vitesse・EVO」はポジションが少しきつくなったこと以外、フレーム・カラー・コンポ・その他パーツ類すべてが好み。それでいて、SRAMのeTap(Forse)搭載のロードバイクでは、旧型同様たぶん最安値をキープしています。あああああっ、クールダウンどころか、調べれば調べるほど、ますます物欲に追い込まれてしまうじゃないですか!どうしよう、、、やばいぞ俺!


↑ vitesseをwiggleで詳しくみる

吉尾エイチでした。m(_ _)m