【dhb – Aeron Speedグローブのインプレ】グローブパッドのクッション効果に開眼した件

愛用していたシマノのショートフィンガーグローブがくたびれてきました。せっかく替えるなら、トレンドのエアロタイプが良いなあと物色していたら、最近お気に入りのwiggleのプライベートブランド「dhb」にちょうど良さそうなモデルを見つけましたのでポチ。

>>【シマノ・アドバンスドグローブ】300km走ったインプレはほぼ満点!フレクションフリーの独特な装着感が◎ | 凪ロード

深めのタイトフィットが好みにマッチ

実はここだけの話、エアログローブに対してはかなりネガティブなイメージを持っていたんですよ。なんかもっともらしい名前がついてますけど、つくりは軍手と大差ないじゃん?と。メーカーの原価低減の方便だと思い込んでました。ごめんなさい。


●wiggleで見る

このAeron Speedを選んだ理由のほとんどは価格。ガッカリしても割り切れる程度のお値段でしたから……。どっこい、使ってみるとそれまでのマイナスイメージを180°ひっくり返しちゃう快適さ。エアログローブ愛好家の皆さま、ほんとごめんなさい。反省しております。


↑貧弱な手首にもピッタリフィット

何が気に入ってしまったかというと、そのタイトな着け心地。吉尾は手首が貧弱なので、たいがいのグローブは、手首のベロクロをはみ出すほどキツく巻いても、ピッタリ感はいまひとつ。エアログローブには手首のベロクロはありませんが、ニット生地が全方向からフィットしてくれるので「ズレるストレス」がありません。


↑手のひらの滑り止めも優秀で、ズレない効果に寄与しています

ベロクロ(の爪)がないことには「ジャージの袖口を傷めにくい」という地味に嬉しいメリットもあったりして。本来の目的である「空気抵抗の軽減」は体感できませんでしたが、それでもエアログローブ万歳!いやマジで。


↑ 織り目加工は風洞試験済みの特殊なもので、“空気と接触したときに空力性能を高める破壊的な領域を作成”してくれるのだとか

疲労軽減効果は本当だった……グローブパッドの尊さを実感

レーシーアイテムのエアログローブではあまり見かけないのですが、Aeron Speedは結構厚みのあるパッドが採用されています。これも吉尾の「食わず嫌い」を治してくれました。


↑パッドのサイズはミニマムですが……


↑裏から見ると意外と厚みがあります

これまではバーテープをクッションタイプにするかわりに、グローブは薄めのパッドのモデルを愛用していました。もりもりのパッドはなんとなく握りにくそうな印象だったのと、路面からのフィードバックは感じていたい、なんて、要はカッコつけていたんですね。


↑シマノのアドバンスグローブのパッドはほんの申し訳程度。ストイックな感じが好きでした

でも、Aeron Speedを使ってからは何かが違う。なんとなく走り終わったあとの疲労感が軽くなっているような……ライドのたびにグローブを交換しながら試してみると、路面からの振動は確かに以前より柔らいでいます。それでライドがラクになるのだから、もう、フィードバックとか多少鈍くなっても良いです。今更ながらグローブパッドの偉大さを噛みしめる吉尾なのでした。