【ルック・KEO クラシック3ペダル】初めてのビンディングペダルは「外しやすさ」で選ぶとしあわせになれる……ハズ

外しやすさで選ぶならこんなペダルも

ペダルを選ぶポイントといえば、軽るさや回転の良さだと思います。確かに軽くてよく回るに越したことはないのだけれど、クラシック3ペダルを使ってみて、改めて 「外しやすいペダルって、いいよね」。特にビンディングペダルに不慣れな初心者にはうれしいスペック。そこで、クラシック3ペダル以外の、“外しやすそうなペダル”をピックアップしてみましたよ。

シマノ・ライトアクションペダル

ネーミングのとおり軽い動作でつけ外しできるように、バネを柔らかめにしてあるモデル。鉄板のファーストビンディングペダルです。

タイム・エクスプレッソシリーズ

「ペダルには2種類しか無い。タイムか、タイム以外かだ」とまで言われる(誰が言ったのかはわからなかった……)ほど、独自のポジションを築いたペダル。足を自由に動かせるフローティング機構が強みだけれど、ハメやすさと外しやすさにも定評アリ。

SPDペダル+マルチリリースクリート

外しやすいペダルといえば、個人的にはこれをおいて他にはないと思います。マルチリリースクリートのフリーダムさには、クラシック3ペダルも敵いません。テキトーにハメられて、テキトーに外せる。でも、外れない。使い勝手No.1の気軽なペダルもとはMTB用に開発されたものだけど、着脱のしやすさでロードバイクに合わせる方も少なくないです。

>>【SPDクリートの違い 】マルチリリースタイプならフラペ感覚で外せますよ~ | 凪ロード

↑かなり真剣に検討したクランクブラザーズはペダルを拾いやすい

↑このクリートが自由への切符だ!

吉尾エイチでした。m(_ _)m