【三浦半島グラベル&こみちポタ2】和田・長浜・三戸浜・剱崎・岩堂山

三浦半島ポタリング

③剱崎(つるぎざき)エリア

大型の灯台が有名な岬。土地のほとんどは大根やキャベツ畑なので、通行の際は農作業の邪魔にならないようにしたい。短いけれど良い雰囲気のグラベルやクルマが入ってこないビーチを見つけることができます。

かつては 「けんざき」と呼んでいましたが、最近は「つるぎざき」に統一されてたみたい。

剱崎灯台


↑国内7番目の洋式灯台として明治4年に建設。千葉県の洲崎灯台と剱崎灯台を結んだ線が浦賀水道=東京湾と太平洋の境目


↑可愛らしい浜大根の群生

剱崎砲台跡


↑畑の中に忽然と現れる大正時代の遺物


↑2輪だから来れる名前のわからない海岸


↑異国っぽい雰囲気も


↑短いけれど良い感じのグラベル!

④岩堂山(いわどうやま)

標高80mの低山というより丘ながら、なんと三浦市の最高峰! でも、国土地理院の地形図に記載されている山としては神奈川県で最も低い、というなにげにアップダウンが激しいお山。


↑ロードバイクで何度も横を走っていましたがここが 「山」だとは全く気づかず……

山頂は三崎砲台の観測所が作られたほど海側に見通しが効くので、眺めの良さは折り紙付き。コンディションに恵まれれば伊豆大島まで見渡せるのだとか。


↑三浦の田園風景から遠く太平洋までを一望


↑観測所の遺構


↑数十メートルの“登山道”は砂利メインのグラベル。ちょっとジブリっぽい?

行き止まりには「何か」があるかも!

「うーむ、この道は繋がってると思ったんだけどな……」案の定、行き止まりに翻弄されて進んでは戻るの繰り返し。正直、距離はなかなか捗りません。


↑行き止まりの先へ徒歩で進むことも

でも良いのです、それで。目についた脇道にふらりと入り、とにかく行けるとこまで行ってみる。数回に1回は思いもよらないステキなシーンに出会えたり……そんな自転車遊びの原点とも言える楽しみ方にすっかりハマってしまいそうです。

吉尾エイチでした。m(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました