【真夏ライドの熱中症と疲労対策】くうねるずらす、カブせて飲んで「みなさんお元気ですか?」

【カブせる】
日焼けでムダな体力を使わない

とはいえ、早朝スタートはかえって寝不足になってしまったり、ナイトライドで事故のリスクが増すことも否定できません。

>>【ひやひやのナイトライド】公道走行にはスピードよりもバイクコントロール! | 凪ロード

そこで、吉尾が一番おすすめしたいのは、日焼けをエスケープすること。実際、今年の梅雨明け直後は日光が嬉しくて、半袖+半パンで走っていましたが、どうにもぐったり疲れてしまいます。思い切って肌の露出を抑えてみたところ、これがかなり良い感じ。

日焼け止めを塗るのも悪くはないけれど、カバーアイテムで武装した方が疲労軽減には効果的でした。さらに、体温調節で水をかぶるときも、素肌に直接より着衣を濡らした方がクールダウン効果が長続きしますから、熱中症対策にもつながります。

冷感素材のアームカバーはマスト。ウエアに比べると安価なので費用対効果もバツグンです。そして、この夏一番のヒットだったのが7分丈レーパン。レッグカバーよりカジュアルなイメージなので意外と使い勝手が良いな、と。家族には「飛脚か?」といじられましたが……

>>【ロードバイクの日焼け対策:その2】アーム&レッグカバーは真夏も手放せなくなりそうです(^^) | 凪ロード

↑コスパといえば、コレ

↑かなりタイトなSサイズを展開しています。こちらもコスパ良いです。

【飲む】
ライド中の補給は「氷のみ」

水分補給はいろいろと試した結果、2ボトルとも真水オンリーに落ち着きました。ミネラル補給にはスポーツドリンクや経口補水液の方が有効ですが、真水ならカラダにかけてクールダウンにも使えるし、途中で氷だけ補給すれば、かなり長い時間冷たさを楽しめるのでおすすめです。


↑保冷ボトルはキャメルバック。氷を入れると良いペースで溶けてくれます。

>>【キャメルバックのポディウムボトル新旧比較】スリムにモデルチェンジ!お手入れもしやすくなった新しいポディウムチルのインプレ | 凪ロード


↑ボトルケージを増やすには「エリートVIPボトルケージクリップ」が便利

>>【エリートVIPボトルケージクリップ】ボトル2本体制でツールボトルのお引っ越し | 凪ロード

ただし、水分補給だけでは低ナトリウム症を引き起こすこともあります。最近はタブレットや塩あめなども良いものが出ていますので、上手に活用してナトリウム補給も抜かりなく。

>>【ロングライドのもろもろの補給】カロリーはわかった。水分・ミネラルはどうする? | 凪ロード

【おまけ】
ライドには汗拭きシートよりタオルがおすすめ

あと、顔の汗はできるだけこまめに拭いた方が良いです。それだけで気分がサッパリするからライド中の気分転換にも最適。ただ、「汗拭きシート」を使うのはちょっぴり注意が必要。すうっとして気持ち良い反面、顔に残ったメントールが汗に混じって眼に入ることがあります (かなり刺激的)。

ジャージの背中ポケットがひとつ塞がってしまうけれど、浴用タオルくらい大きなサイズを持っていると安心です。万が一、熱中症になってしまったときでも、濡らしたり氷を巻いて、氷嚢がわりに使えますよ。

あの手この手でしっかりと対策して、真夏のライドも「お元気で」楽しんじゃいましょう!

吉尾エイチでした。m(_ _)m