【ロードバイクの腰痛防止・フィジカル編】カラダのメンテナンスは「ハム・ケツ」集中攻撃!

まずは、寝る前の 「ほぐし」と昼休みの 「階段登り」からスタート

吉尾のカラダの固さはストレッチ以前のレベル。そういう筋肉をいきなり伸ばし始めると、却って傷めてしまうこともあるそうです。なので、まずは徹底的に「ほぐし」てみようと思います。


↑テニスボールを使った「ほぐし」はイタ気持ちいい〜

「ほぐし」といえば 「ほぐれッチ」。最近これをサボっていたから腰痛になってしまったのかも……全身を毎日やるのは時間的に難しいので、ハムからケツまで限定でゴリゴリします(^^)

>>運動不足でもライドの疲れを残さない必殺ストレッチ【テニスボールでほぐれっチ】 | 凪ロード

あと、ハム・ケツの筋力アップには、スクワットが良いらしいです。でも、まだ腰が本調子でないのと、普段の生活の中ではトレーニングのための時間を確保しづらい。そこで思い当たったのが、昼休みの「階段登り」。


↑一段ずつ、ハムの動きを意識しながらゆっくり目に登ります

これならば、オフタイムの時間を使わず、仕事の時間をさらに “有効”に活用できるってもんです(なんか違う?)。サイクリストの中にも続けていらっしゃる方は少なくないようす。実際、走力アップにつながっているそうですから、3ヶ月は続けてみるつもりです。

>>ひたすら腕立て伏せだけを3ヶ月続けてわかった3つの効果とウレシい誤算 | 凪ロード

「温冷浴」も気になるし!

腰痛の回復には、血行を良くするために患部を温めることも有効だそう。となると、真っ先に思い浮かぶのが 「お風呂」ですが、どうせなら「温泉」の方が効果がありそう。腰痛を言い訳にして、地元の温浴施設に通っちゃうのも良いですね\(^o^)/

>>【横須賀温泉・湯楽の里】ライドの後の温泉はクセになりそう!輪行にもおすすめな横須賀の温浴施設をレポート | 凪ロード

そのほか、愛読している“えふえふぶろぐ”さんに よると「温冷浴」も疲労回復に効くそうですから、いずれこちらも試してみたいと思います。

  • 筋肉痛・筋疲労に究極の対策!? 温冷浴がすごすぎた。。。 : えふえふぶろぐ
  • ほぐして、鍛えて、温める。あの手この手でハムとケツを進化させて、低いハンドル&長いステムを実現するぞ! (目的が違うような……^ ^)

    吉尾エイチでした。m(_ _)m