【セミディープリムホイール】突然気になる10万円未満の“リムちょい高め”なホイール3モデル

シマノ・WH-RS700-C30

「30」と書いてあるのに、リム高は前24ミリ後28ミリという不思議なホイール。アルミ×カーボンラミネートのリムが魅力。

でも、シマノ・WH6800ホイールからの乗り換えだと、あまり変化を感じられないかもしれません。ハブとスポークが同じものらしいんですよね。

というわけで、今使っているWH6800と第一候補のマビックキシリウムプロとスペックを比較!

ブランド シマノ シマノ プライム ヴィジョン マヴィック
モデル WH-6800
(RS500)
RS700-C30 RR-38 V2 トライマックス
30KB
キシリウム・プロ
UST
実勢価格
※1
4万円 6.5万円 6万円 8万円 9.2万円
重量
(前後ペア)
1649g 1568g 1548g 1330g~
1,525g?
1410g
前リム高 24mm 24mm 38mm 30mm 22mm
後リム高 24mm 28mm 38mm 30mm 25mm
リム幅
(内寸)
15mm 15mm 16.5mm 19.0mm 17mm
リム素材 アルミ カーボン+アルミ カーボン アルミ アルミ
スポーク素材 ステンレス ステンレス ステンレス ステンレス アルミ
ハブ
(ベアリング)
カップ&
コーン
カップ&
コーン
シールド シールド シールド
チューブレス
対応※2
※1 価格は税込(海外通販は送料と「本体+送料の4.8%」の消費税込)
※2 △・・・チューブレスレディ

ルックス重視に傾く今日この頃、なので……

吉尾が次のホイールに求めるポイントは、
①今より軽い(できれば1400g台)
②チューブレス対応

がマスト。お値段が違うので比べること自体に無理があるけど、リーズナブルなセミディープリムでは、キシリウムプロの軽さには及びませんね。

でも、冒頭にも書いたチネリのラインナップを見てから、見た目のカッコよさ (=自分の好みかどうか)に走り始めているところもあって、プライムのカーボンホイールが頭の中でぐるぐる回っています。シートステーポッキリ事件を起こした “前科持ち”なのに、カーボンホイールなんて使って良いのか?でも気になる、とても……答えはなかなかでないので、またしばらく、楽しく悩みたいと思います。

>>【カーボンフレームの修理①】カーボンフレームにクラック発生!そんなときはどうするの? | 凪ロード

吉尾エイチでした。m(_ _)m