【10万円クラスのアルミホイール】そろそろ本気でホイールの買い替えを考えてみる

最有力候補は 『マビック・キシリウム プロUST』

RS-700はハブがWH-6800の後継モデルである“RS-500”と同じらしい。どうせ買うならフルモデルチェンジしたいので、今回は見送り(価格は超魅力的ですが)。カンパニョーロとマビックで随分と悩んだのですが、今のところの “暫定一位”は『マビック・キシリウム プロUST』です。

チューブレスをウリにしている

チューブレス信者の吉尾としては、USTという扱いやすく進化したチューブレスタイヤシステムに興味しんしん!チューブレス「も」使える、ではなく、チューブレスに最適化されたホイールというアピールが響きました。

  • キシリウム プロ UST – エンデュランス – ホイール – ロード&トライアスロン | Mavic
  • なんとタイヤがついている

    マビックのホイールは、タイヤが付いているところもポイント高いです。今のタイヤがそろそろダメになりかけているので、ちょうど良いなあ、と。別々に買うより出費も抑えられそうですからね。付属のタイヤが25Cのチューブレスというところも、吉尾のニーズにぴったり。

    >>年イチのメンテナンスでわかった!ロードバイクのホイール&タイヤ3つのチェックポイント | 凪ロード

    もっとも軽量

    キシリウム ・プロUSTに傾いた一番の理由がその軽さ。構造上重くなりがちなチューブレスホイールにあって、1,300g台に迫るウエイトはクリンチャーホイールと比べても遜色なし。今のWH-6800より200g以上も軽量化できるから、いったいどんな乗り味になるのか楽しみでなりません。

    軽い分リムハイトが低く、エアロ効果は期待できませんが、そもそも速く走れないのだから、残念ながら悩むところではありません。むしろ愛車のRIDE3000には、ロープロファイルリムの方が似合うかも。

    一見フツウだけど、太めのスポークとイエローのワンポイントにグッとくる

    カンパのG3組みにも惹かれるのですが、RIDE3000に履かせると“足元負け”しちゃいそう………マビック のイソパルス組みならば、ぱっと見がフツウなので違和感なし。だけど、太めなスポークからそこはかとクラス感が漂ってきますし、一本だけ黄色というのも個人的には所有欲をくすぐられるポイントです。

    ハブのベアリングがメンテフリー

    メンテナンスが必要なカップアンドコーンを採用しているシマノやカンパのハブに対して、マビックのハブはシールドベアリング方式です。セルフメンテ派の吉尾としては、手がベトベトになるグリスの打ち替え作業から解放されるのが素敵。そのかわり、フリーの定期メンテが必要になるようですけどね(^^)

    調べるほどに、吉尾と相性が良いホイールはマビックのキシリウム・プロだと思てくるのですが、シャマルの評判の良さもなかなかに捨てがたい……まだまだ迷ってしまいそうなホイール選びですが、どれを買おうか悩んでいる時が一番楽しい時ですから、もうしばらくは悩み続けたいと思います。

    吉尾エイチでした。m(_ _)m