【今月のカフェ&ダイナー ⑧】春なので鳥つながりの素敵なカフェを。雀家さん&クッカバラさん

三浦半島かふぇandだいなぁ

その道のプロなので当たり前ですけど、コーヒーに関するウンチクは尽きることがありません。ほとんど知識がない吉尾にもわかりやすく教えていただきました。


↑焙煎が始まると店内にはコーヒーの良い香りが……

店内の半分がカフェスペース。自分で豆を選んで、焙煎したての一杯を楽しむことができます。当日は喫茶目的だったので、お任せコーヒーと自家製ケーキのセットをチョイス。


↑当日の豆は“ゲイシャ”。エチオピアのゲシャ村で発見された希少種だそう。味は……えーっと、美味しかった、です♪ (グルメボキャが貧しい)

コーヒーのおいしさはもちろんですが、横須賀らしい「ひじきのパウンドケーキ」が普通にイケちゃうのにはびっくりしました。煮物しかアタマに浮かんでいなかった貧困な想像力が恥ずかしくなりました……


↑ラム酒がしっかり効いたレーズンケーキの趣き


↑ガッツリ系のベイクドチーズケーキもあります

店の名前になっている“クッカバラ”はオーストラリアの固有種「ワライカワセミ」のこと。カワセミといっても、日本のそれとは比べものにならないほど大型で、何より鳴き声が特徴的。吉尾は知らなかったので、マスターに聴かせてもらったところ、飲んでいたコーヒーを吹き出しそうになりました。

オーストラリアではその辺の木の上とか、時には家のベランダで日常的に鳴いているそうです。うらやましいというより、まあ、毎日続くとうっとうしいような気もしますけど。シドニーのあるニューサウスウェールズ州の州鳥だそうですから、オーストラリアの方々には人気の鳥なのでしょう。


↑店内はイラストギャラリーを兼ねています

コーヒーにもオーストラリアにも造詣が深いマスターとのおしゃべりを、楽しみに通う常連さんも多いユニークなカフェでした。

>>焙煎工場 BEANS KOOKABURRA 【ビーンズ・クッカバラ】 – ヨコスカイチバン

吉尾エイチでした。m(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました