【2020東京五輪ロードレースのテストイベント観戦スポットまとめ】みなさんの情報から考えた本番観戦プラン

【8】山中湖
富士山をバックに駆け抜ける!日本開催オリンピックのシンボリックなエリア

山中湖以降は、ゴールとなる富士スピードウェイを中心とした周回コースとなります。選手たちに複数回会えるおトクな (?)観戦ポイント(平野交差点・旭日丘交差点)に注目。

【9】籠坂峠・三国峠・富士山麓
男子コースのヤマ場は3つのヒルクライム

今回のテストイベントでは、富士山麓クライムをショートカットしたコース設定でしたが、本番は富士スピードウェイの周回を挟みながらハードな山岳コースを走ります。


出典: ロードレース コースマップ

テストイベントでは、観戦禁止エリアと告知されていた峠道ですが、本番では応援できそうな情報も……選手達には厳しいコースですからギャラリーの声援で盛り上げていきたいところです。特に籠坂峠は2回通る予定になっているので、観戦できると良いですね。

凄いぞ、東京五輪テストイベント(゚∀゚)! READY STEADY TOKYO 自転車競技ロードを現地観戦してきた! | Boriko Cycle ロードバイク ブログ
遂にやってきました、この日このとき「東京五輪テストイベント READY STEADY TOKYO 自転車競技ロード」! 日本で、生で、この目で、本場で活躍するロードレーサーの走りを目の当たりにすること…

【10】冨士霊園前交差点
ノーチケットでプロトンに3回会えるエキサイティングスポット

富士スピードウェイへのアプローチで必ず通過するポイントだから、その度に順位が変わるなんてこともありえますよね。レース好きにはたまらない観戦スポットではないでしょうか?トイレの設置等、ギャラリーへの配慮も十分。ただ、一瞬で通り過ぎちゃうというデメリットもあるみたい……

事前のリサーチを充分に。自分の楽しみ方に合わせたプランニングを考えよう!

今から本番のことを想像すると、鬼に笑われてしまいそうですが、せっかくなので、自分の観戦プランを考えてみました。

市街地エリアはさらに混雑?

本番の日程は7月25日(土)が男子、26日(日)が女子のロードレース。柔道やウエイトリフティングの軽量級と日程がかぶりますが、テストイベントの盛り上がりを考えると、スタート地点〜橋本あたりの市街地エリアは今年以上に混雑しそうです。

  • 見渡す限り人、人、人! 東京オリンピックテストイベントから見えた本場のムードと溢れる観客たち 『READY STEADY TOKYO 2020』ロードレース | トラック競技/ロードレース/競輪ニュース-More CADENCE
  • 自走で行くなら、バイクの置き場所も考えなければならないので、小倉橋以降の鉄道駅から離れたスポットが狙い目かも……

    後半は選手数が減る?

    テストイベントと本番では、選手のコンディションもまったく違うのだと思いますが、今回に限って言えば完走率は約6割(オーバータイム含む)。「まれに見る難コース」といわれるだけに、本番でも後半は選手の数が絞られてしまうのかもしれません。

    自転車競技(ロード)結果

    大集団の迫力を楽しむことがメインなら、山中湖あたりまでの観戦場所を選んだ方が無難でしょうか?

    どうせなら、富士山を背景に男女どちらも観戦したい!

    テストイベントでの皆さんの観戦スポットを調べてみて、吉尾的に一番萌えたのは山中湖周辺。なんといっても、富士山と選手のツーショットを期待できるのが素敵です(梅雨が長引いたらアウトですが)。

    そして、なんとか休みを工夫して、泊りがけで男女両方の応援をしたい。自転車でしか行けないところではないので、家族も誘いやすいですし……ね。まずは今年中にコースの下見を兼ねて、山中湖周りに出かけてみたいと思います(実は未到地^ ^)

    吉尾エイチでした。m(_ _)m