【ドリンクボトルのカビ対策】せっかちさんでもアルコール除菌ならカンペキさっ!

零細な当ブログですが、比較的たくさんの方にご覧いただいている記事が、いくつかはあります。そのひとつがキャメルバックのボトルの洗い方。

>>【キャメルバックのボトル掃除】飲み口のカビは分解して落とせるのね! | 凪ロード

キャメルバックの「ポディウムチル」は、ボディも飲み口も柔らかく、非常に使いやすいボトル。ただ、飲み口の構造がちょっぴり入り組んでいるため、気を抜くと黒カビに侵されていたりしますσ(^_^;)

その洗い方について調べている方が多いということは、ワタシ同様「ついうっかりカビらかしちゃいました!」という方も多いに違いない……というわけで、今回はその黒カビを防ぐ、ちょっとしたコツを書いてみました。

キホンですが、しっかり洗って、きっちり乾かす

カビの発生を防ぐには、彼らが元気になる環境を作らないことがポイント。つまり、栄養分と湿気を排除しなければなりません。

ボトルにスポーツドリンクなど真水以外のものを入れた場合その糖分や、入り組んだ部分に水分が残っていたりすると、そこからカビが発生します。

台所用の除菌スプレーが効果アリ

そして本題。ボトルのカビを防ぐには、台所のシンクやまな板に使う「アルコールスプレー」がおすすめ。片付ける前に、ボトルの中や飲み口にひと吹きしておくと、かなり効果的だと思います。


↑アルコールは漂白剤よりも素材を傷めませんし、万が一口に入っても安全。

特に、「きっちり乾くまでなんて、待ってられないぜ!」というせっかちさんには、ぴったりのティップス。ぜひお試しください(効果は個人的な感想です)


↑息子が誕生日プレゼントで贈ってくれた、赤のキャメルバックもこれで長持ち(^^)

吉尾エイチでした。m(_ _)m