【おっさんポタ・房総編】フェリーの非日常感がたまらない!海と山を楽しむ南房総のプチヒルクライム・日帰りツアー

旅行会社のパンフレットのようなタイトルになってしまいましたが……行ってきました、千葉県(内房)。三浦半島の東京湾側に住むワタシとしては、毎日顔を合わす“お向かいさん”的な位置付けのエリア。鋸山 とか、マザー牧場とか市原ぞうの国とか、子供の頃から何度もお世話になっておりますm(_ _)m

今回は同じ横須賀育ちの同級生Uくんと『第2回おっさんポタリング』を同エリアでにぎにぎしく開催することになりました。第1回はホームの三浦半島周遊でしたが、ヒルクライムに目覚めたUくんが「山に登りたい!」ということで、程よい距離の程よい坂道を求めて千葉県は鹿野山にチャレンジ。坂嫌いのワタシにとっては、初めてのヒルクライム。そして買ったばかりの『メリダ・RIDE3000』のデビュー戦&初フェリー輪行と初めて3つが揃い踏み!というわけで、いつもより鼻息荒めでおおくりしております(^^)

◆自転車をそのまま持ち込めるフェリーはラクチン!

横須賀から千葉県の内房にアクセスするならフェリーが一番。東京方面からは便利なアクアラインも、横須賀からだと入り口にたどり着くまでが結構かかるし、自分で運転しなければいけません。フェリーなら自転車に乗ったまま乗船できちゃうし、移動の間もゆっくり過ごせます。ちなみに、陸伝いに東京湾をぐるっと回ると165km……おぅ、いつかやってやるぜ“ワンイチ”。


↑ 横須賀・久里浜~千葉・金谷の所用時間は40分。海を眺めながら会話しているとあっという間です


↑船内の売店には軽食もあります。息子が学生時代にここでアルバイトしてました(^^)

大人1人+自転車1台の料金は往復2,180円。ただし、自転車をバラして輪行袋に収めてしまえば、旅客運賃のみで良いのですって!電車輪行と同じシステムなのが嬉しいですね(^^)

乗船は、オートバイ→自転車→クルマの順番。2階の車両甲板につながるスロープを押して上がります(漕いで登っても良いみたい)。気になる自転車の固定方法は2パターンあって、パッド付きの手すりにハンドルを引っ掛ける方法とロープで結びつける方法。なんせ新車の初乗りですから、キズがつかないか心配で心配でタマらなかったのですが、どちらの固定方法でもトラブルはありませんでした。無造作に見えて、実は結構気を使ってセットしていただけるようですよ(ふぅ)


↑一見ドキッとしますが、よく考えると理にかなっているロープ方式


↑手すりにはスポンジパッド付き。大切な自転車にキズがつかないように配慮されています

◆初めてのヒルクライムには程よいコース

船旅をまったりと楽しんだあとは、いよいよ鹿野山へ出発。50kmの往復コースです。海沿いの「内房なぎさライン(R127)」は景色は良いのですが、横風と道幅に注意!特にトンネルは“路肩レス”の狭いタイプが多いので、クルマの流れの切れ目をついて、上手に走り抜けちゃいましょう。


↑金谷に到着!ここからR127を北上

お目当ての「鹿野山」は標高379mと千葉県で2番目に高い山。山頂までのアプローチは10km弱、平均斜度は6~7%といったところです。初めてのヒルクライムでしたが、なんとか登ることができました。以前のルイガノに比べたら1kgも軽い車体と32Tもある“スーパー乙女ギア”を搭載したニューバイク『メリダ・RIDE3000』のおかげなんですけどね(^^)


↑朝方の曇り空も良い感じに晴れてきました!

鬱蒼とした杉林を走り抜けたと思ったら、谷沿いの道からきれいな景色に出会えたりと、山あいならではのシチュエーションを楽しむことができました。オートバイの集団にはやたらと抜かれましたが、クルマも自転車も少なくて非常に走りやすかったです。


↑山頂には“関東最古刹”の「神野寺」


↑眺望抜群の九十九谷展望台。Uくんのカザーティは相変わらずかっちょいい!

今回は新車のシェイクダウンということもあって、無理せず早上がりをしましたが、次回はもう少し長く山道を走ってみるつもり。RIDE3000に乗り換えて、“登りアレルギー”がちょっぴり改善された感じがします。走りやすいコースを選んでくれたUくんも感謝です!


↑ランチは竹岡の『まるとし』さん。東京湾を一望しながらボリュームたっぷりの海の幸をゆったりといただけます。店内もトイレもめちゃめちゃキレイ!

魚屋の磯料理 まるとし – 竹岡/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]
ログイン竹岡駅/魚介料理・海鮮料理3.46夜の得点3.06昼の点数3.4617件 料理・味 …

吉尾エイチでした。m(_ _)m

コメント

  1. yoshimotoya120 より:

    初ものづくしのヒルクライムライド、事故なく走れて何よりでしたね。
    ヘロヘロなるまで走っても、それでコケたりして身体も新車も傷モノにしたら辛すぎですから、ちょうど良いくらいの距離だったのでは?(o^^o)

  2. 吉尾エイチ より:

    yoshimotoya120さん

    おっしゃる通り(^^)今まで中古しか乗ったことないから、型落ちとはいえピカピカの新車に乗るのがもったいなくて、部屋でニヤニヤ眺めてます。つくづく貧乏性_| ̄|○