【WH6800の分解整備:リア編】ハブのグリスアップはガッツリ盛ってみた!

フロントホイールのオーバーホールでは、まんまとヤラかしてしまったので、リアハブの分解は慎重にいきますよ。

って言ってるそばから、またもやショックなことが……なんと、ダストカバーがない!全く見過ごして落札しちゃったみたいです。_| ̄|○


↑これなー

中古パーツをひとつひとつバラバラに集めているせいか、うっかりミスが多い吉尾です。σ(^_^;)気をとり直して分解スタート!

◆フリーの取外しには14ミリのアーレンキーが必要!

なにはともあれ、ディーラーズマニュアルと分解図を確認。フロントホイールの時は分解図をスルーしてしまったゆえに手痛い失敗をしちゃいましたから……。

●ディーラーズマニュアル


分解図

まずはフロントホイール同様、5ミリのアーレンキーを使ってロックナットをゆるめます。スパナ系の工具だと、ついつい締めすぎてしまって、次にメンテナンスする時にナンギするなんてこともよくあるケース。

アーレンキーだとそれがない気がするんですよねえ。工具のしなりが、程よい締め加減につながっているのかもしれません。

反フリー側のロックナットとデジタルアジャストと玉押しを外すとベアリングにアクセスできます。こちら側はレースに収まっているタイプ。それにしてもグリスが少なすぎなのでは?

ダストカバーをマイナスドライバーなどで優しく外したら、レースごとベアリングを外す。ポロポロ落ちないベアリングってシアワセ\(^o^)/

全てを外し終わったらフリー側へ。ベアリングはバラ玉だから、シャフトを抜くときには下にボウルなどを置くと安心です。気がついたらベアリングが一個なくなってた…なんてことを防げますよ

フリーも外しちゃいましょう。アーレンキーのサイズは14ミリ。WH-R501の10ミリもデカイと思いましたが、さらにビッグな「漢のツール」です。しかし。ここまでデカイと、もはやアーレンキーには見えませんな(^^)

フリーは基本的にメンテナンスもフリー(^^)。ダストカバーも剥がさないよう但し書があります。WH-R501を分解したときにはまんまと外してしまって、危うく元に戻せなくなるところでした(そんなんばっかり)。地味に気をつけたいポイントです。

<関連記事>
リアホイール『WH-R501-30』の分解整備…フリーを交換してみたらエラいことになったぞ

◆ハブのクリーニングには割り箸が便利よ

分解が終わったら、古いグリスのクリーニングです。お気に入りのブレークリーンをブシュー。ふき取りは、細くカットしたウエスを割り箸に巻いて使うとグッドです!ハブの穴はもちろん、指が入らない場所が多いのでオススメの即席ツールです。

注意するのはフリーのクリーニング。パーツクリーナーを直接かけてしまうと、中のグリスが溶け出してしまうので厳禁です。ウエスにクリーナーを染み込ませてから古いグリスを拭き取りましょう。

◆さらにショック!玉押しにサビ(T ^ T)

ダストカバーがないことで凹んだワタシにさらに追い討ち…フリー側の玉押しにサビがああああ。

汚れ具合とグリスのカラカラ加減で、嫌な予感はしてたんですよ…_| ̄|○軽いサビなら落としてしまうラスペネも今回は効果なし。ヤスリなどで下手に磨いてダメにしてしまうのもコワイので今回はアンタチャブルです。

ま、ヤフオクの中古品ですから、こういうこともありますよね。(T ^ T)これ以上サビが広がらないように、マメにチェックします。今回のWH6800は「メンテナンスをしないとこんなになっちゃうよ」という反面教師的なホイール。これはこれで、いい勉強になりましたよ。σ(^_^;)

◆ゆるめのグリスをたっぷり盛るのはどうなんだろ?

クリーニングの次は、グリスアップと組み立て。今回のグリスはかなり大盛りですよ!すでにくたびれた感のあるホイールなので、少しでも長持ちしてくれればと耐久性を重視してみました。

グリスはパークツールのポリリューブを愛用しています。デュラグリスよりもゆるいので、回転部分には良いと勝手に思ってます。本当はシマノ純正の方が良いのでしょうが、お値段も良いので…σ(^_^;)


↑グリスの盛り付けにも割り箸が便利!


↑バラ玉のベアリングはホイールを立てて、回しながら落としていく方法がやりやすいですよ


↑シャフトの玉押しもユルユル!クリーニングして、固着防止にグリスを塗って…


↑17ミリのハブコンレンチで締め込んでおきました


↑反フリー側のダストカバーはここで止めずに…


↑内側まで押し込む!これ重要です。

あとは玉押しを調整してロックナットを締めれば完成です\(^o^)/

次からは、いよいよパーツの組み付けに入ります!果たしてGWに間に合うのか?乞うご期待です。

<2016.7.16 追記>
何かと手間がかかったWH6800でしたが、さすが定評のある名モデル!初心者でもわかる乗りやすさです

【WH6800とチューブレスタイヤのインプレッション:前編】初心者でも違いがわかる!アルテグラ・ホイールの回転力にビビる

吉尾エイチでした。m(_ _)m