【SPDシューズを再考】軽さと歩きやすさのベストバランスはコレ…か?





フラットペダルをビンディング(SPD)に替えてみて、ペダルのチョイスは上手くいったと思うのですが、シューズはちょっとミステイクσ(^_^;)




まず、サイズが大きすぎ。さらにSPDシューズが想像以上に重かった……試し履きをせず、いきなり通販で購入してしまったのが敗因。自転車用に限らず、シューズは履いてみないとわかりませんね、やっぱり。




とはいえ、このままではちょっとツラいものがあるので、善後策を考えてみました。(最初からちゃんと考えなよ、ってハナシだけれども^ ^)





◆大きすぎるシューズは足が攣りますよ、マジで。



ビンディングのおかげで坂道はラクになった気がしますが、少し距離を伸ばしただけで足裏が攣るようになってしまいました。




普通のシューズも同じなのだけれど、サイズが大きすぎると靴の中で足が動いてしまいます(泳ぐなんて表現を使いますね)。そうなると、無意識に踏ん張ろうとして、足指に絶えずチカラが入った状態に。足指を動かす筋肉は足の裏側にありますから、そこが疲労してまうというワケです。




自転車で、「より速く」「より遠く」に行くために導入したビンディングシューズも、サイズが合わなければ文字通り「足枷」になってしまうのだと身をもって実感しちゃいました。




特にサイズについては大きめより小さめの方がベター、なんてことも言われているから、大きすぎるシューズではなおのこと、気持ちよく漕げるはずもありませんねσ(^_^;)。今度ばかりは、ショップに行って試し履きしてみます。





↑いくらなんでも、こんなにベルトが余ってたらまずいでしょ。





◆軽いSPDシューズって、実はなかなか見つからない



サイズの次は重さのモンダイ。歩きやすさを重視してSPDタイプを選んだものの、その構造上スニーカーよりも重くなってしまいました。



・重さの比較表(片足分)

ペダル
タイプ
SPD フラット
シューズ
モデル
tiebao
TB15-B1330
プーマ
フット
サル
シューズ
重量
372g 272g
クリート
重量
シマノ
SPD
25g
ペダル
モデル
ディズナ
ロード
トリップ
48
プラ
ペダル
ペダル
重量
124g 163g
合計
重量
521g 435g




クリートむき出しのSPDーSLに比べても、ソールの外周についているブロックパターンのせいでズッシリ。SPDタイプでは、ハイグレードモデルも含めて極端に軽量なものは見当たりません。歩きやすさと軽さの両立は難しいようです(T ^ T)





↑見るからにゴツい





◆シューズとペダルの組み合わせは3種類



まずは再リサーチということで、手が届きそうなシューズの重さをかたっぱしから調べてみました。で、行き着いたのは3つのパターン。※重さは全て片足です



【現状】 軽さ× 歩行◯

MTB用SPDシューズ+SPDペダル




シューズ372g+クリート25g

+ペダル124g=521g








【Aパターン】軽さ◯ 歩行×


SPDーSL系シューズ&ペダル




シューズ240g+クリート25g

+ペダル154g=419g



現状よりも片足102gも軽量化できるけど、ペンギン歩き必至。ペダルを買い直す必要があるのでコストも余分にかかります。







【Bパターン】軽さ◯ 歩行△

SPDーSLシューズ+クリートアダプター
&SPDペダル




シューズ240g+クリートアダプター19g
+クリート25g+ペダル124g
=408g


賢明なるみなさまは「Aパターンとシューズが同じじゃん!」とお気づきになったかと。最近のSPDーSLシューズには、SPDと兼用のモデルもあるんですね。








ただし、SPD専用モデルのようにクリートを囲むブロックソールがありませんから、SPDシューズとして使う場合はアダプターが必要です。その分若干重くなるけれど、ディズナのSPDペダルは軽量なのでトータルではAパターンのSPDーSLタイプよりも軽いのです!






【Cパターン】軽さ△ 歩行◯

ツーリング用SPDシューズ+SPDペダル




シューズ317g+クリート25g

+ペダル124g=466g



シマノには「ツーリング用」と謳われたSPDシューズがあります。MTBタイプよりは多少軽いのですが、SPDーSLほどではありません。やっぱり歩きやすそうに見える靴は、ソールの重さがネックになってしまうようです。





◆軽さとコスト優先で兼用タイプに決定!



靴を買い直し、なおかつペダルまでというのは予算的にキビシイし、ペダル込みのトータルで、SPDーSL並みに軽くなるのなら、迷わずBパターン一択です。




多少歩きにくくなったとしても、先人のインプレを見ると、ギリギリ実用範囲内とのこと。昭和生まれですから、そこは気合いでなんとかしちゃいます^ ^




あと、SPDーSLもいつかは試してみたいので、兼用シューズにしておけば、この先ペダルの買い足しだけで済みますからね。(本当か^ ^)







とかなんとか言ってるうちに、なんか届いちゃってるし……σ(^_^;)アハハ

ニューシューズのインプレはまた後日!




吉尾エイチでした。m(_ _)m



コメント

  1. yoshimotoya120 より:

    ワタシもSPD-SL兼用タイプにするかSPD専用にするか悶々と悩みましたが、兼用にしてもSLにすることは一生ないなと思い割り切りました(ペダルに嵌るのはSLのほうが楽でしたけどねぇ^_^)

    新しいシューズの感想楽しみにしてます。

  2. 吉尾エイチ より:

    yoshimotoya120さん

    MTBシューズに比べると、R065は軽くてラクです!詳しい使用感はもう少し走ったらアップさせていただきます。