【ロードバイクのフィッティング:座骨幅編】スペシャライズド東京で座骨幅を測ってもらいました!

『スペシャライズド東京』に行ってきました!

ここに行けば、サドル選びの際、座骨幅を測ってくれると知ったので、ぜひ一度お願いしようと。愛車『ルイガノCEN』のデフォルトサドルが、なんとなくしっくりこないので、どうしたもんかと思ってたんですよね~。

◆初心者にとっては敷居が高いイメージだったけど、実にフレンドリー

スペシャライズド東京といえば、あの竹谷賢二さんによるボディージオメトリーフィットを受けらることで有名な直営店。丸ノ内線・西新宿駅から徒歩5分、新宿駅や大久保駅からも徒歩10分強とアクセスしやすいロケーション。

ツールドフランスでも、複数チームをサポートするくらいのブランドだから、初心者的には「スペシャライズド・フリーク」が集うガチでストイックなショップをイメージしていました。

でも、そんなことは全くの取り越し苦労。買いもしないワタシに対して、非常に親切に対応していただきました。

◆ワタシの座骨幅は標準的なサイズ

おめあてのサドルコーナーに行くと、ちょうど女性のスタッフさんが作業中。売らんがなで畳み掛けられることもなく、にこやかな応対で座骨幅を測ってくれました。


↑許可をいただいて撮影しています

計測はこの器具に腰掛けるだけ。グレーのクッション状のシートに座骨の跡(くぼみ)がつくので、その間隔を計ります。

ワタシの座骨幅は105ミリだったので、適応するサドルサイズ(幅) は143です。狭すぎず広すぎず、一般的なサイズの範疇だそうです。


↑スペシャライズドのサドルは幅が選べる!

以前の記事で「レーパンのパッドが合わない」ことを書きました。ひょっとしたら、「座骨幅が広すぎるのが原因?」とも思ったけれど、単に前方にズレているだけだとわかりました。これも収穫のひとつです。

やっぱり、ちゃんとした器具でプロに測っていただくと、モヤモヤが解消されますね!(^ ^)

◆せっかくなので、各サドルの特徴を聞いてみた

彼女が説明してくれたモデルは4つ。ネットで情報を集めたことはあったけど、スペシャライズドのサドルの実物を見るのは初めてです。シンプルかつスポーティなルックスで、いかにも「速そう」。

●トゥーぺ
座面がフラットなので、腰の位置を変えながら乗る方にマッチしているそうです。一見硬そうに見えますが、腰の動きに合わせてしなるので、座りごこちは良いそうですよ。


<出典元>スペシャライズドHP

●ローミン
座面の後方がソリ上がっているタイプ。キツイ前傾姿勢でガシガシ漕ぐ方には安定が良いのですって。レーサー向け?


<出典元>スペシャライズドHP

●フェノム
マウンテンバイク用にカテゴリーされているけれど、実はローディにもファンが多いモデル。サドルにしっかり座る人にマッチ。座骨のあたりが柔らかいらしいですよ。


<出典元>スペシャライズドHP

●パワー
スペシャライズドの最新型サドル。初の男女兼用タイプだそうです。トップレーサー向けに開発されたそうですが、骨盤のあたりが柔らかなので、シティライドにも良いそうですよ。女性スタッフさんイチ押し!

ただし、ノーズが短めなので、ヒルクライムなど「前乗りする方」には向かないかも…とのこと。



<出典元>スペシャライズドHP

終始、専門用語をできるだけ使わず、ロードバイク初心者にもわかりやすい表現で説明してくださいました。「どれが良いのでしょうね?」というワタシのボケに対しても的確なアドバイスをいただきました。

曰く、
「サドルが合わないと思っている方の大半は、セッティングがあっていないことが原因。サドルを買い換える前に、高さや傾きを調整してみるのも大切」

まさに、ワタシはそれかもしれません。もっと乗り込んでから判断することにして、今回の購入は見送ることにしました。何も買わずに店をでるワタシに、爽やかな笑顔で「また来てくださいね!」。

とても気持ちの良いひと時だったので、ぜひ、また寄らせていただきたいと思います。今度はちゃんと買いますよ~m(_ _)m

吉尾エイチでした。m(_ _)m