年頭に思う。落車してわかった、自転車のほんとーに「大切なコト」

新年明けましておめでとうございます!真冬らしい寒い日が続く今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 旧年の10月からコッチ、ほとんど自転車をいじれなかったし、乗れてもないワタシ。当然ブログも更新できていないのだ…「ブログをサボる理由に忙しいは禁句」と、どなたかのブログに書いてあったけど、サボると言うより、ギブアップという感じの4半期だった。

秋の定期異動で、10年近く慣れ親しんだ担当から配置転換。40代も半ばを過ぎてから、新しいコトにチャレンジさせてくれるのはありがたいのだが、アタマを切り替えるのに四苦八苦。とにかく、巡航速度に乗っかるまではと、休みも取らず踏みまくり!案の定、ムリがたたって年末の休みはダウン…我ながら、相当アタマワルイ展開である。

実はそんな中でも、組み立て途中だったコラテックをコソコソっと仕上げてしまったりしていて…画像を撮ったりしなければ、意外とスピーディに進んじゃったりすもんだと、ヘンな発見もできちゃったりもした。

で、初ライドで初コケ。

ちょっと近所に試し乗りをしただけだったのだけど、車道と歩道のうす~い段差を上手く越えられず、すってんころりん。フラットペダルなのに、大してスピードは出ていなかったのに、全くコントロールできなかった。_| ̄|○

全くの自爆事故。幸い歩行者もクルマもいなかったから、怪我させることもなかったし、笑われることもなかったけど、もし、人にぶつかってしまったり、クルマに轢かれたりしてたら…公道を走ることの重さを感じた出来事だった。

一年前にクロスバイクを手に入れた時には、いきなり50kmライドしちゃったのに…自分が衰えたのか、ロードバイクが扱いづらいのかわからないけど、おおごとにならなくて良かったよ、ホントに。

愛読書「自転車の教科書」の一番最初に書いてある言葉。

自転車に「ちゃんと」乗れていますか?

の意味を身を持って感じてしまった。何度も繰り返し読んでいるハズなのに、この体たらく。どこかで俺様は大丈夫だと、根拠なき自信があったのだろうねえ。ヘルメットをかぶっていればいいんでしょ!というモンダイではないのだ。

パーツだとか、セッティングだとかの前に、まず「乗りこなす」こと。そして「乗りこなす」には、「身のこなし」の訓練から。自転車を押して歩いたり、ケンケンや8の字の練習から始めよう。それなら時間がなくてもできそうだしね!

Posted from Drift Writer on my iPad