【SPDシューズの重量比較】初めてのビンディングシューズは重かった……





めでたくビンディングデビューを果たした吉尾です。ビンディングにすれば、その瞬間から



「おおっ!ビンディングってスゲー」



てなことになるハズと期待に胸を膨らませていたのですが、そのメリットを今ひとつ実感できず……。なんとなく足が重くて、却ってペダルが回しにくかったりします。




年を取ると環境の変化にストレスを感じやすくなる、なんて言いますから、自分自身の加齢のせいかと若干凹んでしまいました(T ^ T)




でも、改めて調べてみると、原因は別のところにあったようです。(ほっ)





◆オフロードタイプのSPDシューズって重いのね…



それは、SPDシューズの重さ。試しに計ってみたところ、片足で424g(クリート込)もありました。それまで履いていたプーマのフットサルシューズが272gですから、実に150gも重くなっていたんです。片足に150gの重りをつけたら、そりゃあ足も回りにくくなるってもんです。(自分の非力さには触れない)








とはいえ、このシューズがことさら重いというワケではなく、SPDタイプのシューズは大抵のモデルが350g前後。オフロードで歩きやすくするため、クリートを囲むようについているブロックソールが重くしているようです。








ちなみに、今回買ったシューズはこちら。台湾のメーカーらしいです。確かに重いシューズだけど、お値段はとても軽かったのでσ(^_^;)






◆SPDーSLはエントリーモデルでも軽い!



念のため、ロード用のビンディングであるSPDーSLと重さを比べてみると、なんと片足230gも重い。ペダルはSPDタイプの方が軽いのですが、シューズとクリートはSPDーSLの方が圧倒的に軽量なのです。


↑ワタシのSPDペダルと同じ、ディズナ・48シリーズのSPDーSL版は154g



↑シューズはシマノのエントリーモデルで265g(クリート込)



歩きやすさ重視で、迷わずSPDタイプを選んでしまいましたが、ここまで違うとは!速く漕ぐことだけに集中したロード用は伊達じゃない。いやー参りましたm(_ _)m




・重さの比較表(片足分)

ペダル
タイプ
SPD SPD
SL
フラット
シューズ
モデル
tiebao
TB15-B1330
シマノ
SH-R065
プーマ
フット
サル
シューズ
重量
372g 240g 272g
クリート
重量
シマノ
SPD
52g
ルック
KEO
25g
ペダル
モデル
ディズナ
ロード
トリップ
48
ディズナ
ファスト48
プラ
ペダル
ペダル
重量
124g 154g 163g
合計
重量
548g 319g 435g





◆ブカブカサイズが追い打ち



SPDシューズが重めであるとは言っても、その効果を実感している方はたくさんいます。ワタシの場合はシューズのサイズが大きすぎたことも、重く感じる原因でした。




小さくて履けないよりはマシと、通販で大きめのサイズをチョイス。ただの大きめなら良かったのですが、まったくもって大きすぎちゃった。インソールを追加して、甲のベルトをギュウギュウに締め上げても、シューズの中で足が泳いじゃうくらい……ワハハ。





↑締込みで調整するのも限界がありますね




自転車用といえども、スポーツをやるための靴ですから、足にフィットしないと疲れます。試し履きはマストですな、やっぱり。




というワケで、最初のビンディングシューズは、ワタシの研究不足でやや残念な状況になってしまいました。でも、それがきっかけでSPDーSLの勉強もできたし、シューズサイズのシビアさも体験できました!(前向き^ ^)




しばらくは、トレーニングだと思ってこのままでいきますが、せっかくですから、どこかでSPDーSLも試してみないといかんですね。何事も食わず嫌いはダメです!(キッパリ)




いやはや、また買うものができちゃった!嬉しい困ったなあσ(^_^;)




吉尾エイチでした。m(_ _)m