【おすすめ自転車マンガ】雨降りの日は自転車マンガで気分をアゲちゃおう

今年は台風の発生が遅かったわりに、その後は次々に日本上陸。自転車に乗るどころではない日々が続きました。

休日の雨は本当に気が滅入ります。ローラー台があれば、ペダルを回して気を紛らわせることもできましょうが、ままならないのが世の常とも申します。ワタシはもっぱら自転車マンガを読み返して「ココロのペダル」を回しています。。。なんてなσ(^_^;)

◆これまで読んでみた7作品を一挙公開!

自転車と一口に言っても、主人公の年齢や舞台設定でその書き口は随分と違います。一通り読んでみると、自転車っていろいろな楽しみ方があるなあと、改めて感じてしまいますね。

●のりりん

社会派自転車マンガともいうべきアプローチ。公道を走るホビーサイクリストなら一度はぶつかるモンダイにも躊躇なく触れちゃってます。登場する自転車にかなり偏りがあるものの、逆にその魅力にとりつかれてしまったりします。メカ好きの吉尾としてはイチオシの自転車マンガ!

●かもめ☆チャンス

こちらも主人公は社会人。職業としてのロードレーサーやギョーカイ事情がよくわかります。あと、レースシーンの描写がリアルなので好きです。もちろん出場したことはないので、そう感じるだけですけどね^ ^

●ツール!

あの栗村修さんが監修した、ちょっと異色な自転車マンガ。何が異色かって、ストーリーの舞台がフランスなんです。栗村さんかつてプレーしていたクラブチームが同名で登場したり、どこまでがリアルでどこからがフィクションなのか、不思議な世界観を感じます。スポ根ぽくないポップなタッチの絵もユニーク!

●弱虫ペダル

みんな大好き「弱虫ペダル」!もちろん私も好きですが、金城さん世代の方々がみなさん人間ができている方ばかりなので、練れてないアラフィフおやじとしては、敗北感を感じる一面も……_| ̄|○個人的には推しメンである「轟音の古賀」のスペアバイク作品を切に望みます。

●バイキングス

主人公はおとなしめの高校生。ロードバイクには無縁の生活から、ひょんなキッカケでレースに目覚める。日々の出前で鍛えられた「高ケイデンス走法」で、初心者なのに高校トップ選手に勝っちゃう……むう、この設定は……自転車マンガにも「ゴールデンパターン」が存在するのですね。ただし、舞台はインターハイではなく、ホビーレースなので、社会人のワタシでも親近感がわきますね。

●シャカリキ!

自転車マンガの中で、もっともスポ根な作品ではないかしら。少年マンガにしては鬼気迫るシーンが多いから、シリアスな気分に浸りたい時におすすめ。吉尾の目標である「ツールド沖縄」は、この作品で知りました。

●じこまん

『かもめ☆チャンス』の作者、玉井雪雄先生のエッセイ(?)作品。サイクリストあるあるネタ満載で、ある意味「もっともリアルな自転車マンガ」。『デスライド』なんていうアメリカのヘビーなイベントのレポートも興味深いです。

◆まだまだあるぞ自転車マンガ

マンガのネタとしては、マイナーな存在だと思ってましたが、改めて探してみると自転車マンガって意外とあるんですね。ワタシが次に読みたいシリーズということで、タイトルのご紹介だけでも……^ ^

●アオバ自転車店シリーズ

全55冊。ロードバイクだけでなく、全ての自転車への愛を感じられる作品らしい…ソソられますね~

・Oddsシリーズ

石渡治先生といえば、ワタシ的には『B.B』のイメージ。競輪マンガも描いていたのですね。きっと、B.Bばりに熱い漢のストーリーなのでしょう。

青春系のロードバイクマンガらしいです。

・ケイリン野郎シリーズ

女性誌にも競輪マンガがあったとは……これは全くのノーマークでした。かなり興味シンシンです

ここのところ、読書はもっぱらiPhoneを活用。特にマンガの大人買いには、スペース的にも家族の手前的にもタイヘン便利!σ(^_^;)

吉尾エイチでした。m(_ _)m