喫煙者でもヒルクライムで勝てるんじゃん!と思ったけれど…【50歳からでも強くなる!ヒルクライムトレーニングの極意】

↑「50歳からでも強くなる!」のフレーズにつられてポチッた本

何を隠そう、ワタシは喫煙者です。
20ン年間止めたことはありません
。σ(^_^;)

ガチのローディの方には、喫煙者なんていないだろうから、さすがにワタシも禁煙しないとなあなんて思っていたら…

乗鞍ヒルクライムを6連覇した方がスモーカーだというじゃないですか!\(^o^)/タバコ吸ってたってヤるひとはヤるんじゃん!なんて喜んでいたら…

◆あら、1日1本なの?(^o^)

作者の村山氏曰く、
“酒にしてもタバコにしても、やめることはできるはず、たぶん。でも、無理にやめてストレスをためてもしょうがないと思うんです。”

ワタシも「そのとーり!」だと思いますが、その氏を持ってしてもタバコは「1日1本」…σ(^_^;)

まあ、そうですよね。レースで勝つために節制している方が、いくらなんでもスパスパ吸ってる訳ないですよねえ。

酒は「百薬の長」だけど、タバコは「百害あって一利なし」。わかっちゃいるけど、酒は呑めないしなあ…カラダに悪いものを好きに取れるのが大人の楽しみだしなあ…って、違うかσ(^_^;)

◆凡人はまた物欲に走ってしまうのです

さて、肝心の読書感想文です。一言で言うと、村山氏のトレーニング方法はとってもわかりやすかったです。忙しいサラリーマンが強くなるための本質的なところが書かれています。

限られた時間の中で、出来ることを最大限の効率で、継続し続ける…言葉にすると当たり前のことなのですが、それを20年以上も続けていることがレースの実績に結びついるのでしょう。

心拍計をベンチマークとするトレーニングのノウハウも非常にシンプル。値段も張るし、装着も面倒そうだから「そこまではいらないなあ」と思ってましたが、ちょっと欲しくなっちゃいました。

たとえレースに出なくても、自分のカラダの状態を客観的に捉えることは大切ですね。もう若くもないですし…と、トレーニングの前に物欲に走ってしまったりするのです。

吉尾エイチでした。m(_ _)m