【春の三浦半島ポタリング】メリダ・リアクトや○○が当たるスタンプラリーは6月末日までですぞ!

「自転車半島宣言」を行った三浦半島。サイクリングシーズンに合わせて、これまでにない企画を打ち出してきましたよ!

<関連記事>

【三浦半島ポタリング】自転車半島化計画、実はグリグリッと進行中!

それは何かと問われれば、マイルストーンをまわる「スタンプラリー」!抽選でメリダ・リアクトほか三浦半島ならではのプレゼントが当たる太っ腹企画。春まっさかりの三浦半島を目いっぱい楽しんでいってくださいな\(^▽^)/

◆スタンプラリーは8ヶ所全て回らなくてもOK!

過去記事でお知らせした「マイルストーン」の設置に連動したスタンプラリーは、スマホのGPS機能を利用した位置情報認証タイプのイベント。三浦半島の8カ所に設置されたマイルストーンを自転車でまわりながら、スタンプラリーサイト(スマホ使用)でスタンプをゲットしていきます。



↑場所に合わせたデザインが面白い!

<出典元> ラウミ

自転車マンガ『かもめ☆チャンス』に出てくる「アーレーキャット」みたいで、ついついアドレナリンが出そうになりますが、くれぐれも安全運転で行きましょう!


スタンプは期間中に集めたものであれば有効。1日で8カ所全てを達成する必要はありませんし、コンプリートしなくてもOK!集めたスタンプの数に応じて景品の種類と当たる確率が変わるのがミソ。ビギナーからベテランまで楽しめる仕組みが好印象です。

◆8ヶ所すべてを1日で制覇するにはどのくらい走るのか?

とはいえ、どうせやるなら「完コンプリート」したいし、忙しい社会人としては三浦半島ばかりに通うわけにもいきませんよね(もちろんワタシは大歓迎です!)

そこで、スタンプラリー主催の三浦半島連絡協議会のWebサイト「LAUMI(ラウミ)」にあるマップをもとに、マイルストーンを巡るルートを引いてみました。

ルートラボによると

全長:約85km

獲得標高:1055m

自転車での想定所要時間:約5時間30分

となっています。マイルストーンの周りには、バイクラックやあずまやがあるので、適度に休憩を挟んでいけば、初心者でも、十分回れるレベルといえそうです。

ただ、三浦半島のラルプ・デュエズと呼ばれる(うそ)、湘南国際村の登坂があるので、上のルートの反対回り「JR鎌倉駅スタート→JR横須賀ゴール」が良いかも知れません。横須賀駅は改札の外からホームまで階段がない、今どき珍しい駅なので、走り疲れた後でも輪行しやすいと思いますよ。



<出典元>サイクルガジェット

【三浦半島ツーリング】 横須賀経由で葉山、逗子、鎌倉を走り、大船駅の利便性に驚愕する

一方、ワタシのように三浦半島在住の方は周回コースになると思います。距離はちょうど100kmくらい。キリが良すぎてちょっとびっくり!マイルストーンの配置って、意外と考えられているのかもしれませんね。最長距離が70kmのワタシとしては、良い目標になります。

◆スタンプラリーの景品はメリダ・リアクト400だけじゃない!実は…

お待ちかねの景品は「メリダ・リアクト400」がドドーンと打ち出されています。あの新城選手がアジア選手権で準優勝したモデルのアルミ版!「登れるエアロロード」と評判のマシンです。

「コレは見逃せないぜ!」

と、スマホで景品メニューを見ていたら…

なんと!リアクトと同じコンプリート景品に「安田大サーカス団長のサイン色紙」の文字が…。宇都宮ブリッツェンの下部組織、ブラウ・ブリッツェンの入団試験に見事合格した方ですから、その頑張りにあやかりたいファンも多いのでしょう。リアクトか団長サインか……正直なところ、ワタシも迷いっちゃいますねえ^^。

そのほか、三浦半島内の有名ホテルの宿泊券(なんとあの湘南国際村にも泊まれる!)や三浦半島特産品、そして先着順のフォトブックも用意されています。

楽しく乗って、うれしいプレゼントももらえちゃう。これはもう、三浦半島に全員集合!ですね~

【おまけ】赤い電車・京浜急行の本気イベントは「サイクルトレイン」

ワタシが毎日乗っている「京急」も自転車イベントを繰り出してきましたよ。ゴールデンウィーク後にはなりますが、なんと「サイクルトレイン」を運行しちゃいます!

自転車をそのまま持ち込める特別列車のチケットと、「まぐろ料理食事券」がセットになったグルメライド企画。メインのライドは約50kmで、専属スタッフがついてくれるという至れり尽くせりぶり。ビギナーでも安心して、美味しいポタリングを楽しめますね!

先着70名限定企画です。

応募サイトはこちら!

吉尾エイチでした。m(_ _)m