【三浦半島の名物ソフトクリーム】関口牧場のソフトはデカくてウマいのだ!

吉尾はとにかくソフトクリームが好きです。高速道路のパーキングエリアに行くと、ソフトクリームを食べているおっさんを必ず見かけると思いますが、まさにアレですσ(^_^;)もちろん、道の駅でも、ショッピングセンターのフードコートでも、コンビニでも、マクドナルドでも!「ソフトクリーム」の文字を見つけると食べずには入られません。

そんなワタシがついに、三浦半島の「銘店」のひとつ『関口牧場』さんに行ってきました\(^o^)/

◆ウワサには聞いていたけど、とにかくデカい!

三浦半島のポタリング・レポートにかなりの高確率で登場する「関口牧場のソフトクリーム」。まず話題にされているのはそのデカさ!食べた方々の画像では見ていましたが、実物を見るとまさにメガ盛り(^^)

さらに!定番の「ミルク」と日替わり(?)のフレーバーをミックスできちゃう。これがまたユニークで、一般的なミックスタイプと上に重ねていくタイプが選べるのです!アイスクリームならともかく、ソフトクリームの2階建とは(^^)ちなみにワタシがお邪魔した時のフレーバーは「杏仁」。これも好物のひとつですから迷わず「ミックス」を「上下」でオーダーしちゃいました。


↑これでお値段300円(税込)はおトク過ぎると思います。

◆スッキリ系の味だからペロリとイケます

牧場だけに、ソフトクリームも搾乳から原料の製造まで一貫して作られるまぎれもない「自家製」。


↑このコ達の牛乳から作られています

牛乳の新鮮さを活かした濃厚な味をイメージしていましたが、意外や意外、甘さ控えめのスッキリ・テイストです。ビッグサイズに合わせて、あえての調整なのかもしれませんね。これならば、甘いものが苦手という方でも比較的食べやすいのでは、と感じました。


↑ここまで食べて、やっと普通サイズ?

◆コーンとカップの違いにちょっとだけ悩む

関口牧場さんのソフトクリームは「容れ物」のチョイスもひと味違う。コーンとカップを選べるまでは他と同じですが、カップが紙じゃないんです。コーンと同じく、食べられるウェハース製。


↑もちろん中までギッシリ(^^)

では何が違うのかというと、スプーンの有り無しと、ソフトクリームの「高さ」。コーンの方がソフトクリームを乗せる「底面積」が狭いので、そのぶん高く盛っているのは確かなのでしょうが、それにしても、神の怒りに触れそうなくらい高く見ええました。(他人様の食べ物を撮影させていただくわけにもいかなかったので、実物はぜひ現地でご確認くださいm(_ _)m)

そのほか、シェアして食べたい方向けに嬉しい気配りも。取分け用にカップやスプーンだけも販売されているので、人数分を買わなくてもOK!でもね、幼稚園くらいのお子さんでもカルく平らげていたので、基本はひとり一個が「適量」なのだと思います。

◆自転車なら駐車場待ちのストレスはありません(^^)

関口牧場へのアクセスは、バス通りからも離れているので、やっぱりクルマや自転車になってしまいます。ただ駐車場の数は決して多くはないので、パッと止めて、パッと食べられる自転車がオススメ。

よこすか関口牧場HP


↑ソフトクリームはその日の材料がなくなり次第終了だから早めに行こう!


↑三崎街道(R134)の「大楠高校前」が目印。山側に曲がれば、ほぼ迷わずたどり着けるはず。


↑お隣は陸上自衛隊の射撃場です

吉尾エイチでした。m(_ _)m