【三浦半島ポタリング】冬こそ三浦半島をオススメする3つの理由



出典元

冬でも元気いっぱいのサイクリストの皆さま、今年の初乗りはどちらにお出かけされましたか?ワタシはいつものとおり、地元・三浦半島を少しだけ回ってきました。

三浦半島といえば「海」。海といえば「夏」ですから、寒いシーズンにわざわざ出向くところではないとお考えの方がほとんどなのでは?

でも、サイクリングに関して言えば、意外とオススメなんですよ、「冬の三浦半島」^ ^

◆冬のポタリングに三浦半島が良い3つの理由

<理由その1>

シーズンオフだから、クルマが少ない

普通の観光は、やっぱり春から秋にかけてがベター。地域の祭りやイベントもだいたいその間に開催されます。多くの人が集まるから、道路は渋滞するし、歩行者も多い。

一方、自転車で気持ちよく走り続けることをメインに考えると、クルマも人も少ない方が良いですよね?つまりは、オフシーズンである冬の方が走りやすいんです。

<理由その2>

東京よりも暖かく、雪も少ない

三浦半島は三方を海に囲まれています。黒潮の影響で、気温差が少ないのが特徴。特に最低気温が高く、相模湾側には「無霜地帯」もあるほど。自転車にとって致命的な「路面凍結」のリスクが低いのです

当然、積雪も少ないです。ワタシは都内まで通勤していますが、東京が大雪でも三浦半島は雨、なんてことも珍しくありません。

冬でも比較的暖かく、積雪で走れなくなることも少ないから、サイクリングの計画も立てやすいハズ!



<出典元>weather.time-j.net

<理由その3>

早い時間からキレイな夜景が見られる

横須賀といえば、アメリカ海軍や自衛隊の基地の街。その対岸にある「ヴェルニー公園」からは、停泊している艦船がよく見えます。

昼間もゆったりと時間が流れる良い場所ですが、日が暮れてライトアップされたシチュエーションも、なかなかステキでなんですよ~。



↑昼のヴェルニー公園



↑夜のヴェルニー公園<出典元

日が短い冬ならば、明かりが灯る時間も早め。「ヴェルニー公園」で夜景を楽しんからでも、ご帰宅はそれほど遅くなりません。JR横須賀駅は目と鼻の先ですからね^ ^

◆ルートは風向きで決めると吉

冬でも過ごしやすい三浦半島ですが、唯一のウイークポイントは、風が強い日もあること。

でもご心配なく!真ん中に山がある地形なので、風向きと反対側(風裏)に回り込んでしまえば、かなり走りやすいですよ。

夏は夏で良いけれど、サイクリストなら冬も楽しめちゃうのが三浦半島。ぜひ一度、お試しくださいませませm(_ _)m

おまけ◆サイクルエイドステーションでさらに安心!

三浦半島の鎌倉、逗子、葉山、横須賀、三浦の4市1町は「自転車半島宣言」をしちゃうくらい、サイクリスト・ウェルカムなエリア。道沿いのコンビニなどのショップも協力的で、「サイクルエイドステーション」が数多く配置されています。

「サイクルエイドステーション」では、なんと!「空気入れ・パンク修理セット」を無料レンタルしてくれちゃうんです。ツールを忘れた時や相次ぐパンクにパッチを使い切ってしまった、なんていうエマージェンシーにも心強いスポット。三浦半島なら困った時でも安心です!

吉尾エイチでした。m(_ _)m