【キャットアイHR-12心拍センサー】エアロバイクの心拍表示はニブいので心拍計を使った方が安心かも…

予告通り、キャットアイHR-12 [Bluetooth SMART] 心拍センサーで、エアロバイクの心拍表示を調べてみることにします。

ガーミンなど高スペックサイコンに多いANT+規格ではなくBluetoothタイプ。サイコンを持っていなくても、iPhoneのアプリで使えるので便利です。

以前から使っている【Runtastic Road Bike PRO】と同期させて、その表示と比べてみました。

Runtastic Road Bike PRO ロードバイク記録用サイコンアプリ

◆やっぱりアルインコの方が表示が低め

結果は下の画像とおり。

アルインコの方が2割程少なめに表示されますね、やっぱり。自分の体感は間違ってなかったようです。(^^)

センサーの精度の違いか、表示の問題なのかわかりませんが、しばらくはRuntasticを試してみることにしました。

アルインコのサイコン(?)では、累積時間程度しかデータの蓄積ができません。せっかく続けるのなら、効果の推移を確認したいですからね。

アルインコAFB5013の表示部分って、iPhone5s(旧っ)が、なぜかピッタリ収まるので違和感ゼロです。

◆運動不足の中高年は心拍計を使ってみよう、不安だから。

40代も後半戦になってくると、万一のことも考えなければなりません。普段から鍛えている方はともかく、運動不足のワタシのようなおじさんがいきなり頑張っちゃりすると、大抵ロクなことになりません。

心拍数を確認できれば、思わぬ負担を心臓にかけてしまうリスクを回避する「転ばぬ先の杖」としても役立つハズ……。

ワタシには決して安いアイテムではないけれど、思い切って手に入れてみてヨカッタ!ガチでトレーニングする方はもちろんですが、心拍計はひ弱な中高年にもおすすめです。

キャットアイHR-12 [Bluetooth SMART] 心拍センサー

↑お値段の割にパッケージがナンだし、取説は箱の裏に書いてあるだけで別紙はナシ…ある意味エコだけど。

ひょっとしたら、エアロバイクじゃなくて、Runtasticの方が間違ってるかも!と思ってStravaでも調べてみたらオドロキの新事実が…以下次号!

吉尾エイチでした。m(_ _)m